UA-294136811-1

旨いものや・福助/秩父夜祭2023&秩父の郷土料理

嫁さんと初冬の秩父旅行、夜祭見物に出かけた。

“秩父夜祭”は京都の“祇園祭”、岐阜の“高山祭”と共に「日本三大曳山祭り」に数えられている。
笠鉾2基と屋台4基の山車が市内を曳行し勇壮な屋台囃子を打ち鳴らす。

秩父夜祭の見どころは豪華絢爛な屋台(山車)と冬の花火。
昼の屋台巡行をガッツリ堪能した我々。
ホテルに戻り暫しの休憩タイム。



バナー↓をポチポチッとお願いします

にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ







ホテルで休憩というと。
よからぬ事を想像する人がいるかも知れないが…
我々の場合は本当の休憩だ(テレビを観たり、仮眠したり、ラジバンダリ)

そして18時過ぎ…
屋台と花火のコラボレーションを堪能するため秩父の街に繰り出した。

福助 (1)

たくさんの提灯が灯る屋台が街並みを巡行している。
幻想的で雰囲気バツグン、やっぱり「秩父夜祭」は夜の方がいいねぇ。
屋台の上では笛や太鼓、鉦などの楽器が奏でられ、囃子手が大声で先導する姿を見ていると興奮が止まらない。

19時を過ぎた頃、羊山公園から打ち上げられる花火。
冬の花火は空気が澄んでいるのか、とても綺麗に見える。

福助

秩父夜祭の宵宮を堪能した我々は駅前にある酒場に入った。

■旨いものや・福助 秩父
福助 (4)

アットホームな雰囲気の酒場。
笑顔が可愛い女将さんが席まで案内してくれた。
メッチャ寒かったので「秩父錦」の熱燗を注文。

福助 (9)


福助 (10)

◆超ミニ海鮮丼(お通し)
福助 (12)

漬けマグロとネギトロの小さな海鮮丼。
パックで提供されたのには理由があり、秩父夜祭当日は簡易なプラ容器で提供されると書かれていた。
皿を洗ってる場合じゃないぐらい混み合うのだと思う。

福助 (17)

壁に書かれたメニューを拝見すると…
「秩父に来たらコレ!」という秩父料理があったので注文してみた。

福助 (6)


◆しゃくし菜漬¥350
福助 (16)

秩父名物しゃくし菜は杓文字のような形をしているらしい。
シャクシャクした歯応えが良いねぇ。
酸味と塩味が程よく効いたさっぱりとした一品。


◆みそポテト¥500
福助 (24)

揚げたてのじゃがいもに秩父の味噌ダレがかけられた名物料理。
ホクホクのポテトと甘辛い味噌ダレの相性がいい。


◆豚の味噌漬焼¥800
福助 (18)

肉の旨みと味噌の風味が絶妙にマッチ。
甘辛い味噌に漬けられた豚肉は柔らかジューシー、香ばしく焼かれている。

----ここからは普通の料理-----

◆山芋の磯辺揚げ¥650
福助 (22)

海苔を贅沢に使って山芋を巻いている。
ふわふわとした食感と海苔の香りが楽しめる一品。


◆栃尾揚げのキツネ焼¥600
福助 (26)

酒場のメニューにあるとついつい頼んでしまう大好物。
香ばしく焼かれた栃尾揚げ、トッピングはネギと鰹節。
醤油をかけて食べると至福の味わい、添えられた生姜が良い仕事をしている。

温かい秩父錦をカパカパ飲みながら秩父の郷土料理を堪能。
旅先では「郷に入ったら郷に従え」を合言葉に、その土地の郷土料理と地酒を堪能する事にしている。

福助 (27)

感じの良い女将さんに癒され徳利3本も飲んでしまった。
駅の近くには観光客相手の店もあったけど、ここに入って正解だった。



【郷土玩具の杜】
昔懐かしい「郷土玩具」のブログを始めました。
https://folktoys.blog.fc2.com/



最後まで読んで下さり ありがとうございました♪
バナー↓をポチポチポチッとお願いします。

にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ









PVアクセスランキング にほんブログ村


グルメ - ブログ村ハッシュタグ


関連記事