FC2ブログ
蝉の寿命

今日は久々のゴルフ! 今年初めてセミの鳴き声を聞きました(ニイニイゼミ)

セミといえば、先日長い間不思議に思っていた謎が解けたのでスッキリしました♪ その疑問とは“蝉(せみ)の寿命”について… 蝉って成虫になって一週間足らずで死んでしまうのですよ~(昆虫の中でも短命ですよね~) 毎年幼虫から育てているカブトムシは… 1. 9月に地中で幼虫になる 2.次の年の6月頃にサナギになる 3.7月~8月、成虫になり一ヶ月ちょっと生きて卵を産む… の繰り返しです。 植物でいえば一年草、ところが蝉は幼虫のまま地中に7年間もいるのですよ~!

        7年もかけてようやく地上へ…  70     はぁ~!ようやく出られた~♪            という事は、毎年夏に鳴いている蝉の成虫は7才(ちょうど小学1年生ぐらい)なのです。 ウチの子供が幼稚園に行っている頃「この蝉の方が○○ちゃんよりも年上なんだよ」と教えてやりましたがキョトンとしていました(笑)。 前置きが長くなってしまいましたが、以前から疑問だったのは… 「セミは幼虫のまま7年間も生きているのに、なぜ成虫になると一週間しか生きられないのか?」 です。 一生を半分に分けて3.5年ずつだったらもっと楽しいでしょうし、それが無理ならせめて「ひと夏(3ヶ月)ぐらい」なんとかなりませんかね~? でも短命の原因はどうやら蝉にあったようです… ■先日、お笑い番組を見ていたら、コンビ名は忘れましたがあるお笑い芸人がこんな感じのやり取りをしていました… A「セミは一週間しか生きられないのを知っとるやろ?」

B「あ~知っとる知っとる!」 A「なぜ一週間しか生きられないか知っとるか?」 B「知らんがな~!」

A「セミはずーっと遠くまで響き渡るほど大声で鳴いているやろ?」 B「お~鳴いとる鳴いとる!」 A「セミは持っている全ての力を振り絞って思いっ切り鳴いているんやで…」 B「うんうん」 A「あんな大声を一日中出しててみーや、人間だって一週間で死んでしまうがな…」 o(>▽<)oギャハハハハッ! それは言えてる~! ナイスな着眼点だと思いましたよ~♪

71     ミーン ミーン ミーン ミ~~~~! 蝉も、もっと長生きしたかったら鳴き声を小さくしたり、あんまり無理して鳴かないよう工夫する事ですね~。 (夏になったらセミに教えてやろ~) でも、まてよ~! メスは鳴かないのに、一週間で…







↓あなたの1票が更新の励みになります♪

食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
蝉は生命力が強いですね。
都会のビル街の わずかな植え込みの街路樹にとまって鳴いているのをみると なんだかかわいそうになります。
17年蝉というのもいるそう。
そんなに長いこと地中にいたら いつのまにか地面が舗装されて出られなくなってたりして。
2006/07/10(月) 20:43 | URL | ろーど #79D/WHSg[編集]
No title
ろーどさん

>そんなに長いこと地中にいたら いつのまにか地面が舗装されて出られなくなってたりして。


まさに、一番可哀想なのは↑ココなのです!
ぽぱいは昔からこの事を一番心配していたんですよ~!
せっかく7年間も地中で過ごして、ようやく日の目が見れると思い掘り上がったとしても…
舗装された道路や駐車場になっていたら一巻の終わりですよね~!

東京ではビルにとまってミーンミーンと鳴いていますよ(笑)
セミといえば、昔東京ではクマゼミ(シャーシャーシャーシャー!)の鳴き声を聞いた事がなかったのですが、ここ2~3年前から近所でも聞けるようになりました。
温暖化の影響でしょうか?

だんだん地球がおかしくなってきてますね…
2006/07/10(月) 22:35 | URL | ぽぱい #79D/WHSg[編集]
No title
ホント蝉って考えれば考えるほどなぞは深まるばかりで考えていてもなぞが解決するわけではないので、いつのまにか考えることもやめてしまいました。正直蝉の寿命のなぞはもっと科学者たちとかが研究して欲しいんだけどあまり真剣に研究してる人がいなくて寿命のメカニズムが未だにはっきりと解明できていないというのが悲しい現実!蝉はなぜ成虫になると寿命が短いのか疑問に思ってインターネットで調べたら、まだ寿命のことについてははっきり解明されていないという衝撃の事実がわかったときはショックでした。「なぜこんな大事なことを研究してないんだ科学者は!」と怒りにふるえました。生態系や蝉の種類のことよりまずは成虫してからの寿命の短さを一番の研究の課題にして欲しいね。
2007/08/21(火) 01:59 | URL | ぽぽんが #79D/WHSg[編集]
No title
ぽぽんがさん
同じ昆虫類でも寿命は随分違いますよね。
中でも蝉の一生は“はかない”感じがします。
7年間も地中にいるのに、成虫になって1週間しか生きられないなんて可哀相で…
蝉の一生を人間に置き換えると、80才ぐらいまで子供でいて大人の期間は僅か1年…

あっ、その方が楽でいいかも(笑)
2007/08/21(火) 21:39 | URL | ぽぱい #79D/WHSg[編集]
No title
お返事ありがとうございます。少しでも共感を持ってくれたのでしたら光栄です。蝉って中には17年間も地中で過ごす種類もいるそうで、そう考えると自分じゃとても耐え切れません!あと、もう一つ疑問に思ってることもあって、夏も終わりの時期になるとよく見るようになるのが蝉の死骸。そこらじゅうで見かけるようになりますよね。でも蝉の死骸を見ても気にしないでそのまま道を通りすぎてますけど、いつの間にか蝉の死骸ってなくなってますよね。そこらじゅうにあるのに、またはアパートやマンションの屋上や非常階段や裏路地とか目立たない場所に転がってますけど、気がついたら消えてるんですが。やっぱり誰かが掃除してるか、または自然に土に返っているのか、でもアスファルトに死骸が転がってることが多いので処理する業者があるのかな(まぁ、風で飛ばされて土のあるところまで飛んでそこで土に返ってるという考え方もあるけど)?
2007/08/22(水) 02:54 | URL | ぽぽんが #79D/WHSg[編集]
No title
ぽぽんがさん
いえいえ、こちらこそ記事に共感を持って頂き嬉しい限りです。

>蝉って中には17年間も地中で過ごす…

17年の間に土地を開発されてしまったら…
ギェェ~!恐ろしいですね~!

蝉の死骸の思い出といえば、名古屋の熱田神宮です。
もの凄い数のアブラゼミの死骸が横たわっていたのには驚きました。
しかもアスファルトの上ですので土に返るわけにはいきません…
いったい何処に行ってしまうのでしょうね?
“カラスは死ぬと蒸発してしまう”と聞いた事がありますが、これも定かではありません(確かにカラスの死骸は見た事がありません)。
2007/08/22(水) 21:01 | URL | ぽぱい #79D/WHSg[編集]
No title
>ぽぱいさん
セミの成虫は大体一月程度生きますよ。
ソースは下記ページの(2)成虫の寿命です。
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/biol/aphys/hakken2005.html

>ぽぽんがさん
生態系や蝉の種類のことより~と書かれてますが、これらの研究はジャンルが違いますので、○○より○○というのは、おかしいですよ。
あと、基本的に科学者はお金にならない研究はしません。仕事ですから。
2008/08/27(水) 19:43 | URL | 通りすがり #79D/WHSg[編集]
No title
>ぽぱいさん
セミの成虫は大体一月程度生きますよ。
ソースは下記ページの(2)成虫の寿命です。
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/biol/aphys/hakken2005.html

>ぽぽんがさん
生態系や蝉の種類のことより~と書かれてますが、これらの研究はジャンルが違いますので、○○より○○というのは、おかしいですよ。
あと、基本的に科学者はお金にならない研究はしません。仕事ですから。
2008/08/27(水) 19:43 | URL | 通りすがり #79D/WHSg[編集]
No title
通りすがりさん
興味深い情報をありがとうございます。
さっそくURLを辿って行ってみました。
中には30日も生きるクマゼミがいるのですね、既成概念がそれにしてもクマゼミの移動距離と寿命の調査は大規模に行われたのですね(凄いです)。
2008/08/27(水) 20:15 | URL | ぽぱい #79D/WHSg[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .