FC2ブログ
ベーカリーハラダ 椎名町/コロナ禍における対面販売の意味

大好きだったベーカリーハラダが閉店してしまって大ショック。
みるみるうちに更地になってしまった。
しばらくすると新築工事が始まったので、ひょっとしたらと思っていたら…

装いも新たにベーカリーハラダが再オープン!
ヤッタ~、めっちゃ嬉しい♪

■ベーカリーハラダ 椎名町
harada (2)

椎名町駅北口から商店街を歩いて3~4分のところにあるパン屋さん。
対面ショーケースにはコッペパンサンドがずらりと並んでいる。
店は新しくなったけど対面販売のスタイルは一緒だ。

トレーとトングを手に取り、好きなパンをチョイスするセルフ式のパン屋さんが多い中。
対面販売のパン屋さんは減少の一途を辿っている。
対面販売というのはケーキ屋さんみたいにガラスケースの向こうにスタッフがいて、欲しいものを口頭で注文するタイプ。
今回購入したパンは…

・ポテトサラダ
harada (7)


・ナポリタン
harada (9)


・たまごサンド
harada (8)


・テリヤキチキン
harada (10)


・かつサンド
harada (5)


どのパンも具材がぎっしり。
しっとりもっちりとした食感のコッペパンとの相性バツグンだ。
特にテリヤキチキンが旨かったなぁ♪
ショーケースの中にはおびただしい数の惣菜パンが並んでいたので、いずれコンプリートしようと思っている。

別に潔癖症ってワケではないけれど、対面式はとても清潔で好感が持てる。
パンをむき出しで陳列するセルフ式。
飛沫感染を避ける意味でも対面式はコロナの感染予防に一翼を担っていると思う。

ただし、対面販売はとても非効率。
店側にしてみればセルフの方が効率いいんだろうけど、やっぱり対面販売のパン屋さんが好き♪

コロナ禍において理にかなった対面式だけど…

オイラみたいなシャイな人間は、声を出して注文するのが恥ずかしいだよなぁ…

harada (1)


         




        食べログ グルメブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .