FC2ブログ
まくらとよかつ 恵比寿/まくら?とよかつ?

老舗の酒場には独特なルールのある店が多い。
食べログを始めたばかりの頃、噂に聞いていた店が…

赤羽岩淵の米山、東十条の埼玉屋、立石の宇ち多゛、魚三酒場…etc
そして恵比寿のまくらとよかつ。

「独特なルール=めんどくさそうな店」
といったイメージがあるので敬遠していた。
しかし、実際に行ってみると良い店ばかり。
老舗ってルールさえ守れば居心地バツグンなんだよねぇ♪

この日は恵比寿で飲み会。
ちょいと早めに着いたので1人でZEROしよう。
恵比寿と言ったらこの店だ…

■まくら とよかつ
makura (36)

昭和21年創業。
前から行ってみたいと思っていた老舗の酒場。
まくら?
とよかつ?
何とも不思議な店名。
はたしてどんなルールがあるのやら?

makura (35)


緊張しながら店内へ…
厨房を囲む変則コの字型カウンターに昭和の丸椅子。
老舗ならではのオーラが漂っている。
焼き台にはご主人、女将さんから中央付近の席に案内された。
殆どの客がホッピーを飲んでいる。
ドリンクを促されたのでメニューを拝見。
サッポロ赤星(大瓶)があるじゃないか。
ホッピーは後にして瓶ビールを注文。

シュポッと良い音を響かせ栓を抜く女将さん。
ビールを提供されると同時に焼き物のオーダー。

makura (6)


「焼き物の追加注文は出来ませんので」と女将さん。

そう、この店のローカルルールがこれ。
たったのこれだけなのだ。
ZEROなので軽く数本注文。

makura (9)

しばらくすると隣に常連らしきおじさんが座った。
ホッピーを注文後…

「かしら2、まくら3、なんこつ・れば・はつイチイチイチ」
まとめて8本注文、かなり慣れた言い方だ。

makura (3)

◆まくら¥150
これが“まくら”かぁ。
これに頭を乗っけて寝るとグッスリ眠る事が…
(x_x;)☆\( ̄ ̄*)バシッ!
出来るワケねーだろ!

まくらの正体は挽肉をニラでグルグル巻きにした串。
ニラの風味とジューシーな肉のハーモニーが楽しめる逸品だ。

makura (18)


◆かしら¥130
珍しいネギマのかしら、弾力のある噛み応えが堪らない。
長年継ぎ足された秘伝のタレは甘くなくて丁度E。

◆なんこつ¥130
コリッとした食感がいいね。

◆たん(塩)¥130
シャキッとした歯応え、噛み締める度に旨みが湧き出す。

さて、ビールの次はホッピーだな。
目の前にホッピージョッキとホッピーがトンと置かれた。

「ホッピー1本全部入りますから」と女将さん。
焼酎だけ入ったジョッキにホッピーを注ぐとピッタリ満タンになった。
ここは3冷ホッピーも名物のようだ。
大好きなカシラとタンを頬張りながらホッピーをグビグビ。
う~ん、冷えててうめぇ♪

makura (23)


◆お新香¥250
キュウリのおしんこ、パリポリ美味しいね。

makura (14)


焼き物が一段落ついたのか、常連客と談笑するご主人。
笑顔の女将さん。
この店は優しい空気が漂っている。

想像していた堅苦しいイメージなど微塵もない。
ここはいい店だぁ♪
やっぱり老舗は落ち着くね。

“まくら”は串焼きの名前という事が分かったけど…
最後まで“とよかつ”の意味が分からなかった。


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .