FC2ブログ
大洗町漁協 かあちゃんの店/母親の呼び方

茨城飲んだくれツアー。
大洗サンビーチでビーチバレー(女子)の大会を堪能した我々。
興奮さめやらぬ内に大洗港にやって来た。



kaacyannomise5


漁港の前にある大洗海鮮市場に入ってみると…
広い施設内にズラリと並ぶ新鮮な魚介類。
おっ、数の子が天井に向けて重ねられてるぞ(笑)

海鮮市場を出ると目の前に行列店を発見!


■かあちゃんの店
大洗漁港に水揚げされた新鮮な地魚を使った漁師料理の店。

kaacyannomise2


店内は巨大な大漁旗が飾られ雰囲気バツグン。
メニューを見ると刺身に煮魚、焼き魚…
海鮮丼もバラエティ豊富なラインナップ。
一番人気は生のシラス丼らしい。



kaacyannomise3


カンパ~イ♪
紙コップだと乾杯の迫力に欠けるねぇ。
でも生ビールの美味さは変わらない。


◆かき揚げ¥300
しらすが入ったかき揚げはサクッと揚げたて。


◆五点盛り刺身¥1000
地魚って白身が多いね。
以前、伊豆で食べた地魚の刺盛りも白身ばかりだった。
何か理由があるのだろうか?
新鮮な地魚は身が引き締まってコリコリの食感。
ほのかな甘みと上品なコクは鮮魚ならではの味わい。
(港に来てるなぁ~)って気持ちになってきた♪


◆生しらす丼定食¥900
ここに来たらこれを食べなきゃね。
しらす丼は透き通ったシラスがドーン。


IMG_7346


真ん中に黄身が落とされビジュアル良好♪
小鉢はシラスの佃煮、みそ汁にもシラスがたっぷり入ってる。
さっそく生シラスをチュルチュル啜ってみると…
うんめぇぇ~♪
やっぱり生がいいねぇ。
ビールも生が旨いしシラスも釜揚げより生がいい。
他にも生の方がいいものってあるかいな?


◆煮魚(ぶりカマ・ハラス)¥1000
ヴアツい切り身はメッチャ柔らか!
甘じょっぱく濃厚な煮汁が染み込んだブリ。
脂が乗って感動の味わい…
今まで食べた煮魚の中で一番旨いと思った。



kaacyannomise4


このお店、料理をこしらえているのは漁師の奥さん達。
だから「かあちゃんの店」なんだね。


かあちゃんか…

そういえば息子は母親の事を「かあちゃん」と呼んでいるけど。
幼い頃は「ママ」って言ってたよな…
いつから変わったんだろ?

オイラの母親は若くして亡くなっちゃったけど、かけがいのない存在だった…


お母さん、かあちゃん、おふくろ、おかん、おかあ、ママ…etc

母親の呼び方はいろいろあるけれど。
みんな何て呼んでるのかなぁ?


          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .