パリッパリにローストされた香ばしい皮、ほとばしる肉汁
たまに無性に食べたくなるジューシーなロティサリーチキン♪


今宵は待ちに待ったロティサリーチキンDAY。
仕事をしていても頭の中はチキンの事ばかり…

仕事を早めに切り上げワクワクしながら店に向かいます。
新橋駅烏森口からダッシュで1分、着きました。


■クイーン・オブ・チキンズ 新橋烏森口店
黄色と赤が基調のとっても目立つ外観。
イーゼルには憧れの「ロティサリーチキン」の文字が♪
店に入り予約名を告げると、奥にある半個室のボックスシート席に案内されました。


kquichikikarasu


(クゥ~!こういった席はアモーレと一緒なら最高だったのにな…)と思ったんだけど…
隣に座った笑顔のオッサンも同じことを考えていたに違いない。
今宵はしがないオッサンの二人組、楽しくやろうじゃないか。


生ビールdeカンパ~イ♪
プハァ~、やっぱり生ビールは旨いねぇ。
そうこうしている内に最初の料理が運ばれてきました…


kquichikikarasu2


◆彩り野菜のバーニャカウダ¥500

お通しのバーニャカウダはお代り自由。
野菜好きには堪らないね。
彩り鮮やかな新鮮野菜は温かなアンチョビソースにピッタリ。


◆鮪とアボカド岩海苔ディップ¥720
中央にある筒状の料理が鮪とアボカドのディップを重ねたもの。
岩海苔のタレを絡め木製スプーンでコネコネ。
カリッとした煎餅みたいのに乗っけて食べましょう。
コレうんめぇ♪
ねっとりとしたディップ、マグロとアボカドの旨みが際立っています。


kquichikikarasu3


◆エスニック風ハンバーグ¥680
エスニック風BBQソースが決め手。
柔らかさは無いもののクセになる味わい。


◆泡生レモンサワー¥680

スパークリングワインで作ったレモンサワー生のレモンが丸々一個入っているので中¥480(スパークリングワイン)をお代りすると、巨大なジョッキに入って登場。
こりゃ~CP抜群だねぇ。


続いてなんとも言えない匂いと共に待望の料理が届きました。

◆肉盛り( Sサイズ)¥1780
ワンプレートにロティサリーチキン・牛ハラミステーキ・ロティサリーポテトが乗ったもの、肉食人種は必食です。
ナイフとフォークで食べるのはオシャレかもしれないけど旨さ半減…
ロティサリーチキンは両手を使って豪快に食べるのがうまいんですよ♪
スタッフから渡されたビニール手袋をして両手でガブリ!

アチチチ~ッ!
薄いビニールなので直接温度が伝わってくる(猫手だったの忘れてた… )
パリッパリにローストされた香ばしい皮、ほとばしる肉汁。
14種類のスパイス&ハーブを使用し2日間マリネしたというチキンは極上の旨さ。
骨のわきまでチューチュー吸ってごちそうさま。
ちなみに知ってるハーブはパセリ・セイジ・ローズマリー&タイムだけ。

ミディアムレアに焼かれた牛のハラミは肉々しく柔らか、粒マスタードとの相性もいいねぇ。
ロティサリーポテトはチキンの肉汁をつけて食べると至極の味わいに。


kquichikikarasu5


◆イギリスパン
焼きたて熱々で提供。
真ん中から割ってみると、柔らかな生地からフワッと湯気が…
モチモチ柔らかで幸せいっばい。
イギリスパンは王室ご用達?の気品ある味わい。
そのままでも旨いけど蜂蜜を着けてもイケますね。


◆三陸沖オキライ湾ムール貝のスパークリングワイン蒸し

岩手県越喜来湾(おきらいわん) 産のムール貝のエキスがたっぷり。
コクがあってパンが進むねぇ。


◆ムール貝の汁&パスタ¥500

ムール貝を食べ終えた後は、+500円でスープを使った料理(リゾットorパスタ)を作ってくれます。
このパスタは〆にピッタリ。
貝のエキスは身体に良さそうなので全部飲んじゃいました。
これが500円で食べられるのはリーズナブルで嬉しいね。
このパスタ。
メニューには載って無いんだろうけど、もしもあったらいくらぐらいするのかなぁ?


それにしても残ったスープの再利用って良いアイディアですね。

そういえば先日。
残ったアヒージョのオイルを利用して、安価でペペロンチーノを作ってくれる店があったっけ。


そうだ!
ラーメン屋も残ったスープでリゾットやおじやを作るサービスを始めれば、プラスαの売り上げが期待できるよ。
地球にも優しいし、いいんじゃないかな?


          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .