金蔦 六本木/博多系「第3の鍋」が東京に殴り込み!

久しぶりの六本木。
遊びまくっていた(バブルの)頃と街の雰囲気は似てるけど、通りにある店はすっかり変わっちゃったねぇ。
当時大人気だった店は跡形もなく、流行りのチェーン店が軒を連ねています。


バブルの頃は これと言った特徴のない店でも繁盛していたけど…
差別化が進み より専門性の高い店が求められる時代になりました。

ヘルシー思考、ナチュラル化、熟成肉、肉寿司、クラフトビール、肉バル、野菜バル、ジビエ、ローストビーフ丼、ラクレット専門店…etc


飲食のトレンドは目まぐるしく移り変わっているのが現状。
流行っていた店があっという間に閑古鳥が鳴くという恐ろしい時代…


今宵はトレンドの動きをいち早くキャッチしようと。
「博多第3の鍋」と言われている鍋料理を堪能しにやって来ました。


■金蔦 六本木店
博多の本店は食べログ評価が3.78と高ポイント。
名物の「博多炊き肉鍋」を引っ提げ東京に進出。
分かりにくい入口は六本木の隠れ家といった様相…
モダンで洒落た店内はゴージャスな雰囲気。
ゆったりと食事を楽しめそうです。


kintsutarp


各自好きなドリンクを注文して…
カンパ~イ♪


生ビールの後はシャンパンのボトルをお願いしましょう。
幹事さんが予約してくれたのは冬季限定のコース…


kintsutarp2


【知床産蝦夷鹿 炊き肉鍋コース¥5800】

◆季菜 本寄せゴマ豆腐
餡の下は弾力のある胡麻豆腐。
柚子の爽やかな風味と黒胡麻の香ばしさが絶妙にマッチしています。


◆生彩八寸
ヴアツい和皿の上に旬の食材が可愛らしくレイアウト。


◆向付け 里芋のすり流しエスプーマ仕立て
すり流しって優しい味で健康に良さそう。
特に里芋は大好きなので嬉しい限り、中に入った柔らかな肉が良いアクセントになっています。

さて、お次は本日のメイン料理。
「博多もつ鍋」→「水炊き」と、鍋料理のトレンド発信源である博多が次に放った鍋料理は…


kintsutarp3


◆博多炊き肉鍋 知床産蝦夷鹿×鹿児島黒豚「黒宝豚」

おぉ~、これが肉鍋か!
初めて見るドーナツ型の鍋。
巨大なバームクーヘンのように肉の花が咲いています。

リング状に連なる蝦夷鹿と黒豚の肉に白髪ねぎがトッピング…
こりゃ~インパクト抜群だねぇ!

中央の牛テールスープが沸き立ってきたのを見計らって肉と野菜をドボン!
具材に火が通ったところでタレ(3
種類)に浸けて頂きます。

kintsutarp5


うんめぇぇ~♪

黒豚がうまいのは当たり前。
蝦夷鹿の肉は想像以上の美味しさ。
臭みは全くなく柔らかでタレとの相性も抜群です。
ジビエブームには閉口していたけど、これからはジビエに凝っちゃおうかな。


◆きねうち麺
きしめんのような“きねうち麺”に絡むのは、牛テール、蝦夷鹿、黒豚のエキスが抽出されたスープ。
コクが凄くてうまいのなんの。


◆甘味
青りんごの冷やしぜんざい


◆矢部和紅茶


日本酒の銘柄を確認していると、丸カップでお馴染みの丸真正宗を発見。
しかも純米吟醸だぁ!
こりゃ~頼むっきゃないでしょ。
う~ん かなりフルーティ、赤羽の地酒もホンとうまいねぇ。


立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日は続きます。
立ちのぼる湯気と深い味わい、温かく上等な鍋を食べる事ができて大満足。
優雅な一晩を過ごすことができました。


初めて食べた蝦夷鹿がうまかった。
きっと牛のテールスープが鹿の旨味を引き出しているんだろうね。

のスープに鹿を入れたらどうなるんだろう?


          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .