福光屋 金沢/大人の社会科見学【純米蔵編】

魅惑の金沢旅行。
一夜明け、ホテルのレストランでモーニングブッフェをゆっくり楽しんだ後は…


大人の社会科見学に出発~!
ホテルの前から路線バスに乗り日本酒の蔵元を目指します。


■福光屋
fukumitsuya


寛永二年(1625年)創業。
金沢で最も長い歴史と伝統を誇る酒蔵。
2001年より酒造りの原点に立ち返り、米と水だけで造る純米蔵になりました。
酒蔵併設のショップは日本酒を中心に化粧品や酒蔵のスイーツ、調味料などが販売されていて奥にはバーカウンターが見えます。
女性スタッフに予約名を告げると酒蔵の方に案内されました。
2階に上り会議室みたいな所で、まずは福光屋さんの紹介映像「酒蔵物語」を…
これがドキュメンタリータッチで素晴らしい内容♪
ちょっとした映画を見ているようで感動もの。
やはり金沢にもインバウンドは数多く訪れているようで、映像の下には英文解説がありました。
酒造りに欠かせないのが米と水。
米は契約栽培米から、水は霊峰白山の麓より100年の時をかけて辿り着く恵みの「百年水」を使用。
この百年水(仕込み水)は無料で提供しているようで、近所のおばちゃんがペットボトルに入れて持ち帰っていました。


柄杓で飲ましてもらったところ、冷たくて美味しい!
東京では水を買わなくてはいけないのに、福光屋さんの近所にお住まいの方は美味しい百年水を無料で貰えて羨ましいなぁ。
その後、酒蔵の内部をひと通り案内してもらった後は…
酒蔵見学のハイライト!
工場見学最大のヤマ場である試飲タイム♪


fukumitsuya2


ショップの奥にあるバーカウンターには福光屋さんで造られた日本酒がずらり。
その中からオススメの酒を試飲させて頂きました。


・福正宗山廃純米ひやおろし


・瑞秀 純米大吟醸


・蔵元限定純米大吟醸


・百々登勢(二十年)


・百々登勢(五年)


DSC_3243


山廃純米酒の力強い味わいから、純米大吟醸のフルーティな風味を味わった後で出された古酒。
熟成酒特有の濃厚な風味と日本酒らしからぬ紹興酒みたいな味…
やっぱり畳と女房と日本酒は新しい方がいいなぁ…


そんな嫁さんは一滴も飲めないので香りを確かめるだけ…
試飲とはいえ、全て2杯ずつ飲んだオイラは昼間っからベロンベロン。
いや~、いい気持ちになったね~(ウィ~、ヒック…)

おおっと、飲み逃げはいけねぇ!
ちゃんと日本酒を買って帰らないとね(嫁さんは甘酒を買っていました)


◆蔵元限定セット¥2300
fukumitsuya3


この日本酒のラベルに描かれている可愛い姫ダルマは、加賀八幡起き上がりという郷土玩具をモチーフにしたもの。


・ホッピー好き
・飲ん兵衛
・エロレビュアー

というレッテルを貼られているオイラですが、本当の顔は郷土玩具収集家
日本各地に伝わる伝統文化を研究しているのです。
前日、金沢市内にある「中島めんや」さんで郷土玩具を数種類購入したばかり。
もちろん加賀八幡起き上がりも入手しましたよ。


さてと…
今宵は金沢の郷土玩具を眺めながら、金沢の地酒で秋の夜長を愉しもうか。


          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .