日の基酒場 有楽町/サラリーマンはなぜ大衆酒場に行くのか?

有楽町のガード下は昭和の雰囲気漂う飲み屋が軒を連ね、堪らない風情を醸し出しています。

有楽町飲みの2軒目は前から気になっていた老舗の大衆酒場へ…


■日の基酒場
IMG_8051


この外観 堪らないねえ~♪
看板に至っては100点だよ!
※この気持ち、一部の変態にしか分からないと思います。


カウンター席に腰掛け、ホッピーを注文…


nhinomotoyuu

カンパ~イ♪
いや~、いい雰囲気だなぁ。
昭和の時代を築き上げてくれた大先輩達も、ここで下らない話をして盛り上がっていたんだろうね。


◆まぐろ納豆¥580
おぉ~、カラフルで旨そう。
思いっきりマゼマゼして食べましょう。
辛子が添えてあるけど、nikemoritaさんは山葵の方が良かったみたい。
この場合、マグロをメインで考えると山葵だけど、納豆をメインで考えると辛子だねぇ…
実際、バクダンはどっちが合うんだろう?


nhinomotoyuu2


◆アンチョビポテト¥580

ひと口食べるとアンチョビのコクがフワッと広がるボテサラ。
最近、普通のポテサラに飽きてきたので魚介類が効いたタイプがお気にいり。


◆ニラ玉とじ¥620
金属の鍋で提供、玉子とじタイプです。
620円か…
いったい原価率は何%なのかな?
なんて無粋な事は聞かないで、ここは家賃が高いんだから。


nhinomotoyuu3


高度経済成長期からバブル景気に浮かれるサラリーマンを賑やかに受け入れてきた大衆酒場。


バブルが弾け不況のどん底になった時、落ち込むサラリーマンを慰めてきた大衆酒場。


そして今。
アベノミクスが成功しているとは思えない不景気の中、どんな時でもサラリーマンは大衆酒場に向かうのです。


うまい酒を飲みながら楽しい仲間と過ごすかけがえのない時間…
明日への活力がみなぎった所でお会計。


「さぁ~、明日もがんばるべぇ!」


          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .