苦節10年!
ようやく「東京3大たい焼き」をコンプリートする事が出来ました。
(てゆーか、10年もかかったのかよ!)


昔は(たい焼きなんてどこで食べても一緒でしょ)なんて思っていたんだけど。
ブログを始めてからというもの、いろんな情報を得るようになり…


10年ぐらい前に「天然物」「養殖物」のたい焼きがある事を知ったのです。


情報が飛び交う昨今…
(はぁ?天然物のたい焼き?何じゃそりゃ!)

なんて思う人は少ないと思いますが、ちょいと説明すると…


★養殖物…複数匹同時に焼ける大型の鉄板で焼いた たい焼き


生地を次々と流し込みリズミカルに餡を乗せていき、一気に10匹ぐらい焼き上げるたい焼き…
縁日やショーケース越しに見た事があると思いますが、これが養殖物。
世の中に出回っているたい焼きの90%以上を占めています。



★天然物…一匹だけの金型で焼き上げたたい焼き


滅多にお目にかかれない貴重なたい焼き。
一匹ずつ焼き上げるので手間と時間がかかるけど、炭火の香りがする皮は薄くてサックサク。
養殖物とサイズは一緒でも、皮が薄いので尻尾まで餡がタップリ詰まっているのです。


初めて天然物のたい焼きを食べたのが“人形町の柳屋”
行列のさなか、炭火を使って1匹ずつ焼いている姿を目の当たりにして(これが天然物か!)と思ったのを鮮明に覚えています。
初めて食べた天然物のたい焼き。
その旨さに大感激、人形町に行く度に並んで買うようになりました。


その後も天然物を追い求め、東京御三家の一つでもある“四ッ谷のわかば”を始め数々の名店を巡りました。
食べログを始めてからは「食べログ たい焼き部」の幽霊部員として活躍し、今に至っております。


最後に残ったのが1番の有名店。
およげたいやきくんのモデルとなったお店なのですが…


この10年間何も行動をしなかったわけではなく、何度もお店の前まで行っていたんですよ。
ああそれなのに…
定休日だったり、大行列だったりで諦めざるを得ない状況。
(きっと浪花屋とは相性が悪いんだな)と勝手に思っていました。


そして今回。
麻布十番で飲み会があったのでダメ元で
行ってみると…
なんと、営業していて先客はわずか1名!


■浪花家総本店
IMG_7770


やった~、ついに念願の「日本一有名なたい焼き」を食べることができる♪
店に入ると香ばしい匂いが一面に漂っています。
ガシャンガシャンと一匹ずつ入った金型をひっくり返している様子が見えます。


IMG_7769


ここが、およげたいやきくんに登場した店かぁ~。
しみじみと眺めながら(オジサンとは、仲直りしたのかな?)なんて思ったりして。


◆鯛焼¥180
IMG_7773


1匹だけ購入してお店の前でパクリ。
アチチチ~!
灼熱の餡子がマグマと同じぐらいの熱さで襲いかかり、舌を火傷をしてしまいました。
これから旨い和食を食べに行くっちゅーのに(刺身醤油が滲みるんだろうな…)


IMG_7776


パリッとした皮はめっちゃ薄いのに、もちっとした食感。
頭から尻尾の先まで餡がたっぷり詰まっています。
やっぱりうめぇなぁ♪


浪花友あれ、東京三大たい焼きを制覇できたので大満足。
ヒリヒリした舌と共に和食店に向かいました。

naniwayaazabu


          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .