出羽鮨 池袋/こんな大トロ見たことない!

池袋飲んだくれツアー。
讃岐うどん店で秘密のホッピーを飲んだ一行。
京夏さんの案内でマルイ(○I○I)の裏手にあるネオン街にやって来ました。


とある雑居ビルに着くと、スタスタと階段を降りる京夏さん。
後に続いて降りると、そこには男性が好むムフフなお店が数軒…
女性レビュアーさんが一緒だったのでムフフな店は無視して寿司屋さんに入りましょう。


■出羽鮨
dewa180


山形県出身のご主人が切り盛りする寿司屋さん、だから出羽。

「では、奥の座敷にどうぞ」
奥の小上がりに案内されました。


dewazushi


生ビールdeカンパ~イ♪

う~ん、プレモルは実に風味がいいね。
何杯もガバガバ飲むようなタイプじゃないけど、落ち着いた店で旨い肴をつまむには最適なビールです。


◆刺身盛り合わせ
IMG_7606


「うわ~凄い!」
届いた瞬間 歓声が上がりました。
それもそのはず、滅多にお目にかかれない本鮪の腹ナカ(赤身大トロ)が盛られているのです。
関鯵もさりげなくギンギラギンに輝いてうまそうだ♪
刺身は新鮮そのもの、素材へのこだわりと丁寧な仕事ぶりが手に取るように分かります。


「でわ、いただきましょう!」


dewazushi3


大トロを醤油に着けた瞬間、脂の膜が小皿一面に広がるのを確認…
口に入れると脂のコクと旨みが湧き出てきます。
ぬぉ~、こりゃマジで旨いわぁ♪
大人に生まれて良かった。


こういった旨い肴には日本酒を合わせなければ勿体ない。
日本酒をお願いするとご主人イチ押しの地酒が提供されました。

◆出雲月山涼夏純米酒
あっさすが。
山形だから月山ね、って出雲の月山かい!
でも、このお酒はとってもフルーティで旨いですよ。
結局、4人で1本近く空けちゃった。


◆かんぱちと里芋の煮付け
素材の味を生かした上品な味つけ。
この煮物の味は大好き。
山形の郷土料理の芋煮もこういった味なのかな?


◆天然ホヤ
「海のパイナップル」と呼ばれるホヤ。
実は一度も食べた事がないのです。
だって見た目が手榴弾…
おっかなびっくり口にしてみると…
ほとばしる磯と海水のような風味。
これが出羽の海か!
ホヤって独特な苦味と酸味がありますね。
これは好みが分かれそう。

P.S.使ってるコンタクトレンズはHOYA製です…


dewazushi2


◆お新香

沢庵と山牛蒡。
パリッとした食感の沢庵漬け、カリカリ食べられる山牛蒡。
どちらも美味しくて箸休めにはピッタリ。


◆穴子のつまみ
甘いタレとさっばりキュウリが穴子の味をよりいっそう引き立てる。
酒の肴には最適な逸品ですねぇ。


お~っとヤバイ、もうこんな時間か!
そろそろ帰らなきゃならないシンデレラボーイ。

1軒目の讃岐うどん店で肝心な“うどん”を時間切れで食べられなかった事を思い出し…


(このままいったら寿司屋で鮨を食べないまま時間切れになる!)


慌てて大好きな鉄火巻きを注文。
すると寿司は10年ぶりというアプちゃんも乗ってきたよ。


IMG_7619


アプちゃんは寿司よりも玉子で包んだ餡子が好きなんだよね。
商品名は何だっけ?
オム○○○だったような(笑)


ブヒ~喰ったくった!
日本酒飲んで美味しい肴に舌鼓。
朗らかな京夏さん、初対面とは思えないほど楽しくて久々にハジけちゃいました。

今回は寿司をあまり食べなかったけど、次回はいろんな寿司を食べてみたいなぁ。


          


ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .