「お父さんといっしょ!下町飲んだくれツアー」


とある日曜日。
都電荒川線(チンチン電車)の一日乗車券を購入、子供達と下町散策に出掛けました。


町屋から再び都電に揺られ、やって来たのは荒川遊園地前。
この駅、懐かしいなぁ…
あらかわ遊園は子供達が4~5才の頃に連れてきて。
その後、ブログ仲間と「都電ぶらり旅」で訪れた以来…
回りの景色は全然変わってないけど、オイラの髪型はずいぶん変わってしまいました。


遊園地に向かう途中、見覚えのある店名を発見!
おぉ~、あの時大久保で入った超ディープなネパール料理店
ソルティカージャガルだ!
へぇ~荒川区にもオープンしたのですね。
そのまま遊園地に向かって歩いて行くと目的の店を発見!


■こどもの家 きくや
IMG_3551


ガラガラと扉を開け中に入ると…
うわ~懐かしい!
昭和30年代にタイムスリップしたみたいなお店。
右半分は駄菓子屋さん、左側は鉄板付きのテーブルが並ぶもんじゃ焼きコーナー。
「こどもの店」という店名が表すように、各テーブルは若干小さめ。
大人4人では少し狭い感じです。


kikuya5


壁にはもんじゃ焼きのメニューがズラリ。
お~安いね、焼きそばも含め全てのもんじゃが400円均一です。
「こどもの店」なのにビールがあるとは嬉しいねぇ♪
大瓶と小瓶があるので勿論大瓶を注文して…


カンパ~イ♪
IMG_3515


ぷはぁ~、昼飲みサイコーだぁ。


◆やきそば¥400
kikuya51


キャベツと麺(少し天かす)だけの超シンプルな焼きそば。
熱した鉄板でジュージュー炒めると、焼けたソースと炒めたキャベツの香りが食欲そそります♪
ゴムのような麺。
縁日の屋台で食べたような素朴で懐かしい味がします。


◆えびもんじゃ¥400
最初にソースや醤油で味つけして、まぜまぜしてから鉄板に投入。
具材はたいして入ってないので防波堤を作らずにひたすら焼きます。
小さなヘラで焦げてパリッパリになったところを掬って食べると至福の味わい♪
こりゃ~うめーや、ビールもう1本!


kikuya52


◆玉子もんじゃ¥400

生玉子は単体で目玉焼きにしよう!
だって、もんじゃやお好み焼きは生地と玉子を混ぜてしまったら、玉子の味や食感が楽しめなくなっちゃう…
目玉焼きでビジュアルも良くなるしね。


◆カレーもんじゃ¥400
届いた瞬間からカレーのいい匂いが漂います。
ジュージュー焼くとさらにカレーの匂いが充満。
その瞬間、隣のファミリーの女の子がお父さんにカレーもんじゃをねだりました(子供って正直だなぁ…)


kikuya53


そうそう、“もんじゃ焼き”について調べてみたら…
小麦粉を溶いたもので鉄板に文字を書き、食べさせながら文字を覚えたことが語源。
文字焼きが“もんじゃ焼き”になったようですよ。


さぁ~て、エンジンがかかったところで「あらかわ遊園」に行くど~!


          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .