お多幸 新宿店/「とうめし」と「とうちゃ」の違い

2月の呑まれる会
幹事さんが決めたのは、ずっと前から行ってみたいと思っていた店(BM店)だったので超ラッキー。
厳密に言うとBMしていたのは日本橋本店だけど、支店でもノープロブレム。


0次会でほろ酔い気分になったところで、新宿の繁華街を進みます…
新宿駅から歌舞伎町にかけての一帯。
10代の頃から遊びまくってきたので隅々まで知ってると思っていたのですが…
初めて通る路地に目指すお店がありました(ここは知らなかった~!)


■お多幸 新宿店
otakousin


いわずと知れた“おでん”の老舗。
ビルとビルの間に佇む風格ある日本家屋が素晴らしい。

(うわぁ~、こういった店いいなぁ♪)と思うようになったのは、歳をとった証拠?
若かりし頃、この店の存在を知っていたとしてもOut of Ganchu(興味なし)だったでしょうね。


ガラガラと引き戸を開け店に入ると、4階に案内されました。
狭くて急な階段はバリアフリーの真逆…
年配者には厳しいけど、建物の構造上仕方ないんだよね~。


案内された掘りごたつ式の座敷には料理がセッティング。
先程までの新宿の雑踏が嘘のよう、静かで高級感漂う個室です。
こんな空間で飲み放題付きのコース料理が堪能できるなんて…
オッサンに生まれて良かったなぁ♪


カンパ~イ!
飲み放題の中にサッポロ赤星が含まれているのは嬉しいね。


otakousin2


◆先付・刺身・天ぷら
意外と言ったら失礼だけど、おでんがメインなのに刺身や天ぷらも旨くてビックリ。


ビールの後は日本酒を注文…
やっぱりおでんには熱燗でしょう。
提供された“お多幸”の名入りの徳利、欲しくてしょうがないです。
刺身や天ぷらを食べ終わる頃、いよいよメインの登場…


◆おでん盛り合わせ
おぉ~、これは圧巻、歓声が上がりました。
巨大な丸皿に玉子、厚揚げ、大根、じゃがいも、里芋、豆腐、
ちくわぶ、焼売、えのき、巾着、ロールキャベツ、薩摩揚げ、昆布…etc

関東風おでんつゆが染み込んだおでんは茶褐色。
色は濃いけど甘辛くまろやかな味わいです。
えのきの食感と玉子、大根がメッチャうまかった♪


otakousin3


そうそう、お多幸に来たからには“とうめし”を食べないとね。
コースには入ってないそうなのでメニューを見ると「とうちゃ」と書かれています…

えぇ~っ?
お多幸の名物は「とうめし」じゃないの?
まぁいいや、どうせ同じものでしょう。


◆とうちゃ¥400
茶めしの上に熱々のおでん豆腐と刻みネギがトッピング。
つゆがたっぷり染み込んだ豆腐がうまいねぇ。
これを食べたかったんですよ♪


「とうめし」と「とうちゃ」の違いが気になったので調べてみると衝撃の事実がっ!

なんと!
“とうちゃ”が食べられるのは“お多幸”の中で新宿店だけなんですって


とうちゃんビックリ!
とうめしで有名な日本橋店とは経営が違うようです。


う~ん…
同じ店名を名乗っているのにおかしいなぁ。
ひょっとしたら老舗特有のアレが原因なのかな?


          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .