鳥平 浅草/鳥料理と釜飯がおいしい老舗

神谷バー→水口食堂→鈴芳とハシゴしたJAHメンバー。
次はどこに行くのかな?


酒場巡りには2パターンあって…


【A案】
行き当たりばったりで店を選ぶ

【B案】
店をきっちり調べ予定通りにハシゴする


失敗は多いけどA案の方が楽しいのは事実。
4軒目のお店はA案で決める事にしました。


浅草六区の路地に入り良さ気なお店を探していると、渋い外観の鳥料理店を発見!
全員一致でここに決定~。


■鳥平
torihei



焼き鳥と釜飯がメインの鶏料理専門のようですね。
ガラガラと引き戸を開け店へ入ると昭和の世界がこんにちは。
白木のカウンターが奥まで伸びる店内。
テーブル席に着き厨房を見ると、釜飯用の釜がズラリと並んでいます。


メニューを拝見、なかなか大人の値段ですねぇ…
すっぽん酎ハイ¥650とスーパースペシャル¥850という酎ハイに興味津々。
気になるので両方頼んでみると、似たような色合いのチューハイが届きました。
スーパースペシャルには粉末がかけられていますよ。

ひょ…
ひょっとしたら、この粉は精力絶倫になるコブラのエキスかもしれませんねぇ!


カンパ~イ♪
torihei2


すっぽん酎ハイもスーパースペシャルもオロナミンCみたいな味わい。
両方飲んでみたけど、箱入り息子には何の変化もありませんでした(>_<)


お通しの銀杏とシシトウの焼き物をツマミながらいろんな会話をします(内容は何も覚えてません…)


◆焼き鳥(1人前)¥2000
タレ、塩半々で6種類の盛り合わせ。
う~ん、さすがにうまいね。
どの焼き鳥も滋味深い味わいです。


◆鶏の唐揚げ¥1400
この値段なら旨いに決まってます。
今までにないジューシーでコクのある味わいです。


壁に書かれた「うるか」の文字…
女将さんに伺うと「本来は鮎の腎臓なんだけど…」と…
お店のは“雀のうるか”と“鶉のうるか”のようです。


珍味にはまるで興味ないけど、JAHのメンバーはそうはいかない…

「じゃあ両方お願いします」

珍味には日本酒でしょう。
菊正宗のぬる燗を注文して…
燗パーイ!


torihei3


◆雀のうるか

腎臓のえぐみを楽しむもの。

◆鶉のうるか
腎臓の渋みを楽しむもの。


◆とりスープ¥100
最後に頼んだ鶏のスープは絶品♪
身体が温まるわぁ~。


大人の店で大人の味を胆嚢…
もとい、堪能したJAHメンバーは次なる店に向けて移動するのであった。



          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .