高田馬場研究所/日本酒と料理の研究所

グッと寒さが増してきた晩秋のある日…

ライトダウンジャケットに腕を通し、急ぎ足で向かった先は高田馬場。
ここに日本酒と料理を常に研究している研究所があるそうで…
「予約が取れたので」とお誘いがありました。


■高田馬場研究所
takadanobaba2




店名が面白~い♪
店名から想像すると…


・店内は殺風景な白い壁に被われ照明は蛍光灯


・テーブルの上にはビーカーやシャーレ、三角フラスコやシリンダーがズラリと並んでいる


・スタッフ全員、ガリレオみたいな白衣を纏って試験管を振っている


・熱燗を注文するとフラスコに日本酒を注ぎ石綿金網とアルコールランプで温める


・温まった日本酒はピペットで吸い取りリトマス紙にて酸度を確認


・飲み比べは数種の日本酒を試験管に入れ試験管立てにて提供、小型ビーカーで飲む

というイメージを持っていたのですが…
実際行ってみたら普通の酒場、木の質感を生かした温かみのあるシックな内装でした。
スタッフは和装の白衣、やはり研究員としての誇りを持ち白衣を纏っているのですかねぇ。

カンパ~イ♪
最初から日本酒だとぶっ飛んじゃうので、まずは生ビールからスタート。


takadanobaba3


◆お通し(椀)¥400
「ここは最初に汁ものが出てくるんですよ」と常連のMさん。


2杯目以降は日本酒に切り替えましょう。
ご主人からいろいろアドバイスを頂きましたが、日本酒に対する思い入れや知識はハンパないですねぇ。
好きなお猪口を選んだら、なんとニコちゃんマークが底に書いてあって可愛い♪


日本酒deカンパ~イ!


takadanobaba46


食べた料理は…


◆お造り盛り合わせ¥1760
石垣鯛、真鯵、シマゾイ、コトヒキ、黒ムツ…etc
石垣鯛(10日熟成)は岩塩で食べるのが通のようです。


◆生麸の田楽¥480
生麸ってお餅みたいな食感だったのでビックリ。


◆煎り銀杏¥480


◆白子ポン酢¥880


◆このわた¥980
このわたってどのわた?


◆だし巻き玉子¥500
上品で優しい味わい。


◆納豆入り栃尾揚げ¥500
納豆も油揚げも大好き♪


◆鶏の唐揚げ土佐酢風味¥600


◆えぞ鹿イチボステーキ¥980
所謂ジビエ。
イチボって確かお尻の肉ですよね?
もしも雌の鹿だったらメスシリンダーだぁ!
牛の赤身を食べてる感じでうまかったです。
※ジビエの正しい発音を教えて下さい。


takadanobaba4


ブヒ~結構食べたね!
どの料理も研究し尽くされていて日本酒のアテにピッタリ。


ここは料理も日本酒もバッチリ楽しめるレベルの高い研究所。
頒布会で集めた6種類の新政を飲み比べしたりして楽しかったなぁ♪

また放課後になったら遊びに行こうね。

          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .