ふじ酒場 高円寺店/富士そばが手がけるチョイ飲み業態

路麺そば業界第2位の富士そばが手がけるチョイ飲み業態。

全国チェーンがチョイ飲み(吉呑み・呑み卯・松呑み)を始める度に、
いち早く紹介してきたいきさつがあるので「ふじ酒場」も真っ先にUPしたかったのですが…
忘れていて4ヶ月以上放置プレイ…


そんなふじ酒場。
もはやレビューも飽きられてるような気がしますが、
酒場レビュアーとして行っとかないと逮捕されそうなので意を決して1号店に行きました…


■ふじ酒場 高円寺店
fujisakaba




実際は24時間営業の富士そば高円寺店なのですが、
15時から提灯が灯る“ふじ酒場”になります(AM5時まで)。
ふじ酒場になると言っても富士そばは同時進行なので蕎麦だけでもOK。
15時以降は、ちょいと騒がしい路麺店になるって感じです。


3人で入店、席を確保し券売機へ…
生ビール(プレモル)や角ハイボールは280円。
ツマミ類はポテトフライや板わさ、玉子焼き…etc
蕎麦前での専門用語「天ぬき」あるのが楽しいところ。


「ちょい呑みセット」の写真は生ビールと枝豆、玉子焼きの3品が写っています。
同じ価格帯なら内容を変えられると思い、全員「ちょい呑みセット」のボタンを押しました。


◆ちょい呑みセット¥580
結局、生ビールと枝豆、玉子焼きだけのセット、内容は変えられないよう…
生ビールと共に6種類のツマミが食べられると思っていたのに、全員同じとは…
だったら単品で頼みたかったな(まぁいいや)


カンパ~イ♪

fujisakaba2


富士そばと書かれたジョッキ、なぜ“ふじ酒場”と書かなかったのだろう?
ひょっとしたら、ちょい飲みブームが去る事を前提に作られたのかもしれませんね。


枝豆は冷凍物、玉子焼きは噛むと水分が滲み出るタイプ。
話題のカツカレーのあたまや天ぷらそばの天ぬきを食べたかったけど、
待ち合わせ時間が迫ってきたので、これにて退散…


「天ぬき」は江戸っ子用語で天ぷら蕎麦から蕎麦を抜いたもの(かき揚げに蕎麦つゆをかけたもの)なのですが…

なぜ「天ぬき」と言うのかな?
「蕎麦ぬき」の方がしっくりくると思うのですが…


粋な江戸っ子がやっている蕎麦屋で、
ネギ嫌いな人が「かけそば、ネギぬきで」なんて注文したら、ネギだけ山盛りで届くかもしれませんよ。

          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .