磯村屋 阪東橋/昭和25年創業の焼きそば&おでんのお店

阪東橋飲んだくれツアーも徐々にエンジンがかかって来ましたよ~!
次の角打ちに向かっている途中で見つけた池田屋さん。
錆びたトタンがなんとも言えない昭和の風情を感じるお店、買い物が出来ただけでラッキィ池田。
そんな池田屋さんのすぐ先に、これまたステキな昭和のお店がありました。


■磯村屋@阪東橋
IMG_2142



昭和25年創業の焼きそば&おでんの老舗。
色褪せたコカコーラの看板が堪らない。
これから先もかなり飲み食いするので、焼きそばは家内安全用のお土産にしましょう。



isomuraya


店に入ると…
そこはまさしく昭和の食堂。
ノスタルジック感満載、浅草の三島屋さんに似た居心地の良い空気が流れています。
鉄板の前にはお歳を召されたお母さん。
こういったお店をマスコミが放っておくワケありません。
きたなトラン始め数々のテレビ・雑誌で紹介されているそうです。


IMG_2153


メニュー表を拝見すると「焼きそば」という文字はどこにも書いてありません。
あるのはトッピングのみ、一番安い焼きそばが250円と値段も昭和のまんまです。
せっかくなので全部入りの三色(にく・ポテト・玉子)のソース味(大)を2つと三色のカレー味(大)を1つお願いしました。


「15分ぐらいかかります」とお母さん。


「分かりました、ちょっと行くところがあるので後ほど伺います」


15分どころか、これからすぐ先にある角打ちに行くので、戻って来るのは30分後ぐらいになるはず…


と思ったら、なんと目当ての内藤酒店が臨時休業してました!
こういった渋い酒屋で角打ちしたらサイコーだぜ♪
といったカッコイイ酒屋だったので、かなり残念(写真参照)

IMG_2137


で、5分後に再び磯村屋さんへ戻るとお母さんはせっせと焼きそば作製中!

「もう15分たったのかね」と言われちゃいました(笑)

店内の丸椅子に座りマツコと10分…
デラックスな焼きそばが出来上がりました。


自宅に帰ると飢えた仔羊たちがメェメェ言ってます。
バッケージから大皿に移すと、大盛りはかなりボリューミー。
レンジで温め仔羊たち(実際はデカい)の前に置きました。


「ほら~、焼きそば買ってきたから食べな~!」


◆三色ソース味(にく・ポテト・玉子)大¥400
豚肉とジャガイモ、玉子が入った大盛り焼きそばが400円って信じられません。
焼きそばをひと口食べてみると、ピリッとしたウスターソースが絡んだ素朴な味わい。
ゴロッとしたジャガイモが入っているのは珍しいですねぇ。

仔羊たちは「ウメェ~ウメェェェ~」と言ってます。


isomuraya3


◆三色カレー味(にく・ポテト・玉子)大¥400
三色なので具材はソース味と一緒。
全体的に若干黄色みがかっていて、漂うカレーの香りが食欲をそそります。
味はもちろんカレー味、というかソース味を基本としたカレー風味というのがピッタリ。
カレー味の方がジャガイモが旨く感じたのは気のせいかな?


IMG_2243


出来たら昭和の店内で作り立てを食べたかった…
臨時休業だった内藤酒店にはぜひ行きたいので、その時に再訪したいと思います。
いつまでもお元気で、おいしい焼きそばを作り続けて下さい。

          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .