太郎焼本舗 川口市/創業昭和28年の老舗大判焼き店

いや~、暑いぜ埼玉!
灼熱の川口市にやって来ました。
これから0次会を経ての麻雀教室、そして打ち上げとスケジュールが目白押し。


日曜日の午前中、そそくさと家を出る瞬間…
「最近、お父さんは休みの日に家にいないね」と娘さんがチクリ。
やばい、父親の行動はチェックされてるんだねぇ…


こりゃ~家内安全対策のグッズを買って帰らないとヤバいなぁ~。
と思っていたら、目の前にお土産に相応しいグルメがありました。


■太郎焼本舗@川口市
tarou



創業昭和28年の老舗大判焼き店。
埼玉県民のソウルフードと言ったら「だうどん(山田うどん)」ですが。
ここ川口市民のソウルフードは「太郎焼き」なんですって!

てゆー事は「川口市民の身体の一部は太郎焼きで出来ている」と言っても過言ではないのですね。


正午の川口駅は太陽光線がサンサンと降り注ぎ、太郎焼きのビルを真っ白に照らしています。
ハンパない暑さの中、券売機で太郎焼きとタイ焼きを購入、受け渡し窓口に提出します。

猛暑日にタイ焼きは無いかなぁとも思いましたが、
次々とお客さんがやって来て太郎焼きを買っていますよ。
おそらく全員が川口市民だと思います。


で、自宅。
ド酔っ払って帰ってきたのでカメラバッグの中に太郎焼きを入れっぱなし、気づいたのが翌朝…

大丈夫かいな?
と思いながらもオーブン&レンジを駆使して復活再製しました。


◆太郎焼(小倉あん・カスタードクリーム)¥150
太郎焼きは所謂大判焼きとか今川焼きに分類されるモノなのですが…
な、なんと川口市の市章が焼き印されているのです。
それって凄い事ですよね、川口市は容認しているのだろうか?
まぁ60年以上も川口市民に愛され続けているので認めざるを得ないでしょう。
復活させたので表面がサクッとしています。
特筆すべきは厚さ!
小倉餡もカスタードクリームもぎっしり詰まっているので、手に持つと重さにビックリします。
北海道産の小豆を使用した粒餡は甘すぎず素朴な味。


tarou23


◆たい焼(小倉あん・チーズクリーム)¥150

オーブンで再製したので表明がカリッとしています。
大好きなチーズクリームの味を堪能できました。


川口市民ご用達の太郎焼き。
いや~旨かったです。
川口市に来たらお土産(家内安全対策)にバッチリですよ。

ヤサイマシマシ二郎焼きは売れないかな?

          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
カメラに湿気は大敵だよ。カビ生えちゃうよ。
たい焼きの袋にカメラも入れないでね。
2015/08/16(日) 17:36 | URL | ウッチー #-[編集]
ウッチーさん

やばいやばい!
たい焼きの袋にカメラは入れなかったけど、カメラバッグの中にカメラと鯛焼きを一緒に入れてたよ~。
2015/08/16(日) 19:00 | URL | ぽぱい #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .