どさん子大将 十条/懐かしい昭和の味噌バターラーメン

今から10年前、かつて一世風靡した札幌ラーメンチェーンの…

・どさん子

・どさん娘

・どさんこ大将


似たような店名の3軒を回り「塩バターラーメン」の食べ比べをやったのですが…
やっぱり札幌ラーメンといったら「味噌バターでしょ!」ってなワケで再び食べ比べを決意!


最初に訪れたのが中野にある「どさん子ラーメン
味噌ラーメンの安さにビックリしたもんです。


次に訪れたのが新橋にある「どさん娘
コチラのレビューを書くに当たり驚きの事実が!
なんと、どさん子チェーンから訴えられて店名を「どさん娘(むすめ)」と読むようになった事が分かりました。

へぇぇぇ~!
訴訟って怖いね。
そういえば2020年に開催される東京オリンピックのエンブレム(マーク)が、
ベルギーの劇場で使用されているエンブレムと酷似していると話題になっているけど、絶対に盗作じゃないよね。


■どさん子大将@十条
dosankotaisyou



前回行ったどさん子大将が閉店して途方に暮れていた時、ジャストタイミングでグルマンじゅんさんがコチラをUPされていたのです。
じゅんさん情報ありがとうございました。


ザ・ラーメン」と書かれた看板、典型的な昭和の札幌ラーメン店の姿にうっとり♪
カウンター席のみ、昭和の丸椅子が郷愁を誘います。
メニューを見ずに「味噌バターラーメン」を注文、お年を召されたご主人がフライパンで野菜を炒め始めました。
身体全体を使ったリズミカルな動き、フライパンがゴトクに当たる音が心地好い…
じっと見ていると無駄な動きが寸分もありませんねぇ、長年培ってきた技術は職人技です。
平ざるでチャッチャッと湯切りをして出来上がり。


◆味噌バターラーメン¥700
dosankotaisyou2


もやしに玉ネギ、少量の挽き肉、メンマ、わかめ、そしてバターが入った味噌ラーメン。
スープが熱々なので、みるみるうちに溶けていくバター…
その部分をレンゲですくって飲んでみると、円やかなバターの風味と味噌スープの味が見事に調和して旨さ倍増。
メンマは味がたっぷり染み込んで濃厚、ご飯が欲しくなります。
少し黄色みがかった縮れ麺は普通の味わい。


帰り際、ご主人に何年間営業されているのか伺うと…

「もうもう50年になります…」とニコっと笑顔で答えてくれました。

「どれもこれもお客さんのお陰です」とも…


50年ってハンパない年月ですよ、飲食店で30年続く確率は0.25%。
果たして50年って何%なんだろう?


ところで、「どさん子大将」はどさん子チェーンから訴えられていないのかな?

ひょっとしたら「どさん子(し)大将」と読むのかもしれませんが…
訴訟など考えずに大らかな気持ちで構えていた方が、結果的に良い方に受け入れられる気がします。

          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .