えきめんや 京急川崎/京浜急行系列の駅そば店

待ちに待った大人の遠足「キリンビール工場見学」当日。
横浜市鶴見区にある生麦駅に向かう途中…

「乗り換え駅の構内に立ち食いそば屋がある」
という情報をORT隊長から聞いていたので、単身乗り込む事に。
隊長によると「私鉄駅には各鉄道会社が保有する立ち食いそば店がある。例えば小田急線だったら箱根そば、西武鉄道には狭山そば…etc、個々の違いを調べるのも面白いですよ」との事。
おぉ~ナイスアイディア、全て行ってmatomeちゃおうかしら?



■えきめんや 京急川崎店

ekimenya



「えきめんや」は京急ステーションコマースという系列会社が経営母体の駅そば店。
到着した4・5番線の階段を下りると出汁の香りがプ~ン。
入口は3番線ホーム側にもあり電車内からも見る事ができます。


IMG_0404


表の券売機で食券を購入して店内に入ると、大勢のお客さんが完立スタイルで蕎麦を啜っていました。
京急利用の人に昔から愛されている感じがヒシヒシと伝わって来ます。



◆特製かき揚げ+玉子そば¥470

ekimenya2


基本的に立ち食いそば屋では特殊なメニュー(その土地の特産物や季節限定のトッピング)を食べる事にしていますが、
無い場合は「かき揚げそば」をチョイス。
この日はお小遣を貰ったばかりだったのでゴージャスに生玉子までトッピングしました。
ヴアツいかき揚げは、(たまたまかな?)揚げたてだったのでサクサクしてうま~い。
蕎麦もその辺にある路麺店より美味しい感じ…
関東出汁のつゆは熱々のため透明だった白身がみるみる白くなっていきます。


問題は生玉子を食べるタイミング。
めったに玉子は注文しないので、いつ食べたらいいのか分からない…
これは家系ラーメンで海苔を食べるタイミングと一緒で悩むところです。
この時、思ったのが…


A.最初に丸ごと「ちゅるん」と食べちゃう


B.途中で黄身を崩して蕎麦と絡めて食べる


C.途中で黄身を崩してつゆに溶かす


D.最後まで残してつゆと一緒に啜る


いろんな事を考えながら食べていたら…


E.最後に黄身だけ残ってしまいました


IMG_0394


このまま「ごちそうさま~!」と言ってドンブリを返したらおばちゃんビックリするだろうし、玉子の代金が勿体ない。
よっしゃ~、ここは蛇になったキモチで黄身を丸呑みしちゃえ!てなわけで…


(ごっくん!)

う~ん、まったりしてビミョーな味わいだなぁ。
さ~て、「生玉子」をゴクんとしたところで「生麦」に向かおうか、生のコメント(生コメ)待ってま~す。
これがホントの「生麦 生コメ 生玉子

P.S.皆さんはTGS(路麺店・駅そば…etc)における生卵は、どのタイミングで食べますか?

          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .