みんみん 吉祥寺/ハモニカ横丁にある餃子の名店

久しぶりに吉祥寺にやって来ました。
コチラに前から一度は食べてみたかった餃子があるのです。
今までに何度も店の前を行き来した事があるのですが、人気店のようでいつも満席…
今日は空いてそうな時間帯を狙って早めに来たので空いてるといいのですが…


吉祥寺駅北口から通りを渡ってハモニカ入り。
ここ、ハモニカ横丁には観光客相手から地元民相手の飲食店がたくさんあり、新宿の思い出横丁と同様昭和ファンには堪らない風情をかもし出しています。
同じ赤提灯が灯るVICグループの店が連なる中央通り進み、目当ての店を覗くとカウンター席が空いていました(やったラッキー♪)
ここで軽く0次会。


■みんみん@吉祥寺
minmin



こじんまりとした店内には家族客からオッサンの2人組、若い女性の独り飲みなど客層はバラバラだけど満席です。
カウンターの椅子に座りながら「瓶ビールと餃子をお願いします」と言って着席しました。


瓶ビール(中)¥550は冷えたグラスが逆さまに被さって登場。
こうやって提供されたのは久しぶりなので(いい悪いは別として)新鮮な気持ちになりました。

手酌でビールを注ぎゴクゴク…
ぷはぁ~堪らないねぇ、バッチリ冷えててメッチャ旨い、さっそく餃子を頂きましょう。


◆餃子¥430
R0021206


皿の上には大きな餃子が5個、見るからに肉厚です。
塩分が気になる移動性高血圧なので、餃子は何も着けずに食べるようにしています。
餡には下味が付いているので、慣れたら全然問題なく食べられるというか…
逆に何も着けない方が素材の旨さ(豚肉のコク、キャベツの甘さ…etc)がストレートに伝わって旨いです。

あまりにも味がしない時は「酢胡椒」がオススメ、塩分をあまり摂らずに美味しく頂けるんですよ。
餃子はタレ(ラー油・醤油・酢)で食べる物といった神話から、年齢の上昇と共に脱却してはいかがでしょうか?


パリっとした厚めの皮はモッチモチ、ぎっしり詰まった餡からジュワ~ッと肉汁が溢れ、キャベツのシャキシャキ感もいいねぇ。
熱々の餃子をハフハフ食べながらビールを飲む!
これ以上の幸せはないかもね。



minmin2


写真を見て頂いたら分かるように、水色のテーブルに水色の皿なので保護色みたい。
水色といったら思い出すのが「あべ静江」さん。
「水色の手紙」を唄っている姿は今でも覚えているほど清楚な美人でした、今頃なにをやっているのかなぁ?


そうそう、餃子屋さんといったら「みんみん」という店名が多いと思いませんか?
宇都宮にある超有名店も「みんみん」ですし、ここも「みんみん」、そして大阪にも「珉珉(みんみん)」…
これって何か因果関係があるのでしょうか?

ちなみにボクちゃんはミンミンゼミが好きです。

          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .