巣鴨ときわ食堂 駒込店/飲ん兵衛には嬉しい「ミニ盛り」あり

食堂飲みが好きな人から絶大な指示を得ている「ときわ食堂」…

明治~大正時代にかけ上野で隆盛を誇った料亭「常磐花壇
そこから出た「ときわ食堂」は次々と暖簾分けで増えて行き「東京ときわ会」に加盟しているお店だけで20店舗ぐらい。

店名は同じでも「暖簾分け」のため各店舗は別経営。
地域のニーズに応えるように営業時間からメニュー構成、値段にいたるまで様々なんですよ。
そんな「ときわ食堂をコンプリートしようじゃないか!」と立ち上がったTTK(チームときわ)が今回訪れたのはコチラの店舗…


■ときわ食堂 駒込店
tokiwasu



正式に書くと「巣鴨ときわ食堂 駒込店」
巣鴨?駒込?どっちやねん!
なんだか不思議な感じですが、巣鴨地蔵通りにあるときわ食堂の支店なのです。
店頭には大きく「えびフライ」と書かれ大々的にアピールしているのは巣鴨と一緒。
食事の客と飲みの客が混在する店内、これがいいのです。


カンパ~イ♪
2人はヤーコンハイという不思議なドリンクをチョイス、勇気あるねぇ。

R0021340


メニューを見ると、こちらにも「ミニ盛り」がありました。
こういった嬉しいアイディアが飲ん兵衛心をグッと掴んで離さないのですね♪


◆まぐろ刺身(4カン)¥350
巷に激安ながら良質のマグロを提供してくれる店が増えたせいか、高く感じちゃうけど。
昔はこれぐらいが当たり前でしたね。


◆えびフライ¥410
ときわ食堂(巣鴨系)イチ押し、ドーンと巨大な海老フライです。
プリプリの海老とサクっと揚げたての衣のハーモニーは一度味わってみる価値あり。

tokiwasu2


◆ポテトサラダ(ミニ)¥210

ミニなのに割かし標高高いね、手作り感のあるポテサラです。


◆本日の煮物¥370

里芋煮・なす煮・がんも煮盛り合わせです。
50才を超えたあたりから煮物が好きになってきました。
割烹着を来た美人女将が一人で経営している小料理店、カウンターにはオイラ一人…


なんてシチュエーションで優しい味わいの煮物を出されたら、ビンビンになっちゃいます♪
基本的に生はNGなんですよ。

          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .