東京の下町を中心に点在する「ときわ食堂」…
食堂飲みが好きな人から圧倒的な指示を受けているんですねぇ。

明治~大正時代にかけ上野で隆盛を誇った料亭「常磐花壇」
そこから出た「ときわ食堂」は次々と暖簾分けで増えて行き「東京ときわ会」に加盟しているお店だけで20店舗ぐらい、
店名は同じでも「暖簾分け」のため各店舗は別経営。
地域のニーズに応えるように営業時間からメニュー構成、値段にいたるまで様々なんですよ。


そんな「ときわ食堂をコンプリートしようじゃないか!」と立ち上がったのがTTK(チームときわ)。
ときわ食堂は下町中心。
自宅から離れた場所にあるので中々訪問できていなかったのですが、同時進行していた…


・TKG(加賀屋)


・TWD(和田屋)


・TAF(赤札屋)


・居酒屋清龍

これらの酒場を次々とコンプリートしたので、
満を持して「ときわ食堂」に白羽の矢が立ったというわけです。


今回は一つの駅に2軒のときわ食堂がある一石二鳥な駅にやって来ました。
そう、ときわ食堂のハシゴです(笑)


■食堂ときわ@駒込
tokiwas



東口のアザレア通りを進んだ先にあります、食べログの地図が間違っていたので迷ってしまいました。
混み合う店内、全てのテーブルがふさがっていて相席必至…
一人飲みを楽しんでいたお客さんに女将さんが声をかけると、快く了承してくれました。


とりビーdeカンパ~イ♪
R0021321


プハ~、仕事帰りの一杯は堪らないねぇ。
この為に生きていると言ったら過言です。


◆ベーコンエッグ¥400
下にベーコンが隠れちゃって写真は目玉焼きみたい…
でも目玉焼きは350円なので、ベーコンエッグの方がお得ですねぇ。


◆ロースかつ(単品)¥800
千葉県産の林SPF豚を使用したロースカツ、結構ヴアツいです。
今回SPFの意味が初めて分かりました…
SPF (Specific Pathogen Free)とは、指定された病原体をもっていないという意味です。
揚げ具合も秀逸、柔らかくて旨かったなぁ。


tokiwas2


メニューを見ると2種類のニラ玉(ニラ玉炒め・ニラ玉とじ)がある事が判明…
これならどういったタイプのニラ玉が来るのか気にしないで済みます。


◆ニラ玉炒め¥450

塩加減がいい、ビールの良いアテになる料理はご飯にもピッタリ。


チューハイを飲みながらペチャクチャしゃべっていたら、
突然 相席のお客さんが「ここはイカバターとカツ煮がうまいんだよ~!」と教えてくれました。
おっイカバターいいね、さっそく注文すると「すいませんイカは終わっちゃいました~!」と女将さん。

ふと見ると相席のお客さんがイカを食べていました(ありゃりゃ、これが最後の一杯だったのね…)
一見こわもてですが、一緒になって「ときわ食堂」の話しに参加してくれた相席のお客さん、
駒込に新しくできた「ときわ食堂」の事を酷評していました。


これから行くのになぁ…(^_^;A

          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .