西荻窪駅南口からすぐ、柳小路(別名 戎横丁)の入口に「日本一」を発見。
静岡県人としては放っておけない店名、早速入ってみましょう。

ユネスコの世界文化遺産に登録された日本の象徴「富士山」
小さな頃から間近に眺めていたので愛着心はハンパないんですよ。
一度、御殿場口(5合目)から頂上まで登った事があるけど山頂まで7時間ぐらいかかりました。


■富士山@西荻窪
R0020669



コチラは西荻駅からダッシュで5秒、なんとも楽チンな富士山です。
「立ち呑み」と書かれた白提灯の下にはロースターが設置され、中で丸鶏がグルグル回っています。
店内は厨房を挟むように2列の立ち飲みカウンターが伸び、内側には煮込みの大鍋が鎮座。

メニューを拝見するとホッピーはない様子。
新しくオープンした立ち飲みでホッピーを置かないお店も珍しいですねぇ。
仕方がないのでシャリキンチューハイ¥480を注文。
ジョッキに入ったシャリキンは通常のシャリキンよりキメが粗く不思議な感じ、
マルチサーバーから注いだ博水社の瓶と一緒に提供されました。


fujisan


お店のウリは2種類の煮込みとロースト丸鷄、ドチラも店名が入った冠メニュー。
「富士山特製煮こみ」と称された料理は「米沢牛をツインで煮込んだ特製にこみ」、赤と白の2種類あります。
単品だと380円ですが、バゲットorガーリックトースト付きもあります。


◆富士山特製白煮こみ(ガーリックトースト付)¥500
グツグツと音をたて提供された煮込みを見ると、ハチノス・フワ・ハツ・レバー・ガツ…etc
まさかのホルモン「サインは部位!」
米沢牛のワイン煮込みと書かれていたので、勝手に「牛肉(赤身や牛すじの)煮込み」だと思っていました。


fujisan2


◆富士山ロースト丸鷄(Sサイズ)¥580
これが店頭でグルグル回っていた丸鶏ですね。
ホロホロとほぐれるチキンは柔らかジューシー。
ローストされた丸鶏ならではの肉感、旨みがたっぶり詰まっています。


一人飲みはつまらない。
メールで0次会狙いのメンバーに熱烈ラブコールを試みたのに、
誰一人として来てくれませんでした…(ToT)グスン

          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いやぁ 凄く立派なサインは部位ですねえ。
私だったら狂喜乱舞しそうですよ~(^^;)
2015/05/25(月) 15:57 | URL | ヤッケ #-[編集]
ヤッケさん

赤身か牛スジの煮込みだと勘違いしていました。

>私だったら狂喜乱舞しそうですよ~(^^;)

サインは部位が大好物なのですね~(^-^)
2015/05/26(火) 20:53 | URL | ぽぱい #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .