祭りやイベント事が大好き!

神田祭で盛り上がる神田にやって来ました。
「天下祭」と謳われている神田祭は江戸の総鎮守“神田明神”の祭礼。
今年は遷座400年という大きな節目の年なので盛り上がり方はハンパないです。
神田駅から秋葉原方面に向かって歩いて行くと、“女神輿”が練り歩いている真っ最中。


R0020609


(おぉ~いいね!)

ねじり鉢巻きの粋な江戸っ娘がイロっぽい♪

「粋な姉ちゃん立ち○○○○○!」
寅さんの名文句が頭をよぎります(笑)


神輿を堪能した後、神田の近辺をウロチョロしてたら大繁盛のお好み焼き屋さんを発見!
お好み焼きかぁ…
中学~高校時代は田舎のお好み焼き屋さんに入り浸っていたけれど、
東京に来てからは5年に1度ぐらいのペースになっちゃった。
店名から考慮して広島のお好み焼き屋さんは確実、
考えてみたら本格的な広島のお好み焼きを食べたのって今までで1~2回かも…

(じゃけ~、ワシも広島お好み焼き食べてみるかのぅ!)


■カープ 東京支店
R0020599

ネット情報によると、カープ本店は広島市の「お好み村(お好み焼き屋が軒を揃える観光名所)」
にある広島カープ一色のお店で、平成7年に東京に進出してきたそうじゃ。
雰囲気的に昭和の店だと思ったけんど、以外と歴史は浅いんだのう。


店内は厨房を囲むようにコの字型カウンターが伸び、各席の目の前には大きな鉄板が設置されていよる。
この日の気温は27度、さらに鉄板からの熱気がハンパない!
即行ビールを注文してグビグビ…

CARP1


プハ~!ビールがうまいのぅ♪
メニューを見ると、お好み焼きは野菜入り¥800~全部入り¥1500まで数種類、そんな中“うどん入り”なんてのを発見。
広島のお好み焼きといったら“焼きそば入り”のイメージがありますが、“うどん入り”は初耳です、さっそく頼んでみましょう。


目の前のステージで繰り広げられる広島お好み焼きのパフォーマンス。
生地をクレープ状に伸ばしドカ盛りキャベツを乗せるのは田舎(沼津市)と同じ作り方なので馴染み深いです。


CARP3


慣れた手つきでヘラを操り、みるみるうちに焼き上がっていきますよ~。
職人さんの姿を眺めながら飲むビールの旨い事、見ていてとっても楽しい♪

お好み焼きと焼いたうどんを合体させ、黄身を崩した目玉焼きの上に被せたら出来上がり。
大きなハケでソースを塗り青海苔をかけて提供されました。


◆お好み焼(うどん入り)¥1000
R0020591



う~ん、ソースと青海苔の良い香りが鼻先をくすぐります♪
ボリウムたっぷりなお好み焼き、用意されたヘラでカットして食べましょう。

(ハフハフ…)
うわぁ~旨~い!
フルーティーなソースの香りと柔らかなキャベツの甘味、シャキッとしたモヤシの食感、とろろ昆布と鰹節、豚バラ肉の旨み、珍しいうどん…
全てが絶妙に絡み合い口の中が幸せな香りに包まれます♪
卓上に置かれたソースと白胡麻を使って自分の好みにアレンジできるのも嬉しいところ。
広島のお好み焼きってマヨネーズを使わない事を初めて知りましたが、無ければ無いで美味しく頂けました。


CARP2


確か、焼きそばが入ったお好み焼きの事を「モダン焼き」って言いますよね?
うどんが入ったお好み焼きは何て言うのだろう?

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .