厳重な警備の高等裁判所から連絡通路を抜け東京家庭裁判所に入りました。
裁判所と言っても「家庭」とついているのでアットホーム的な裁判所(まぁまぁ炬燵に入って、ゆっくりして行きんしゃい)かと思いきや意外と物々しい雰囲気。

やっぱりここは裁判所なんだ…
そう思うと館内にいる人達がみんな裁判中の人に見えてくる…
そういえば笑顔の人なんて誰もいないし、全体的にギスギスした感じ。
どよ~んとした空気の中、食堂に向かいます。


■東京家庭裁判所内食堂@霞ヶ関
kasai



隣の高等裁判所の食堂よりも洗練され明るく爽やか、ランチタイムを過ぎているので広い食堂に客は疎ら…
いったいどういった人達が食べているのかな?

考えられるのは…
裁判所職員、弁護士、裁判官、被告人、被害者、証人、裁判員、離婚調停中の夫婦、食堂探検隊、傍聴人…etc
そんなオイラは膨張人。
いずれにせよ裁判所は一生係わりたくない施設です。


さっそく券売機でカレーを購入しようと思ったら、まさかの売り切れ?!
食堂のおばちゃんに伺うと「今日はハヤシライスよ」との事。

まじすかぁ~!
せっかくビクビクしながら裁判所に入ったっちゅ~のにカレーライスが食べられないとはっ!


◆ハヤシセット¥500(アイスコーヒーつき)
kasai2



別皿で届いた福神漬とらっきょをトッピングすると、カレーライスっぽく見えますねぇ(最初の写真参照)
どうせ誰も分からないんだから、カレーライスって事でレビューしちゃおうかな?
なんて事は出来ません(真面目人間ですから…)

ねっとりとしたハヤシはまろやかな舌触り、具材にはシイタケがかなり入っていますよ。
シイタケ好きには堪らないけど、シイタケが嫌いな人にも堪らないそんなハヤシライスです。
アイスコーヒー付きなので午後のまったりとした時間をゆっくりと過ごす事ができました。


一生入る事はないと思っていた裁判所、まさか一般人が入っても良いとは思いませんでした。
いい社会勉強になったけど、ここは二度と来たくない場所だねぇ…





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .