越後屋 新宿/ホッピーセット900円!思い出横丁でションボリ

新宿駅から徒歩1分、摩天楼を臨む場所にバラック時代の面影が残る一帯があります。

今や観光地と化している「思い出横丁」
通称「ション横」


echigoya3


間口の狭い店が軒を連ねる姿は圧巻、いくつもの赤提灯が灯る姿は最高の雰囲気を醸し出しています。
客がゼロの店の両隣は満席ワイガヤといったワンダー路地を進み店を物色。


■越後屋@新宿
echigo 



誰かのレビューで読んだ事のある店なので安心です。
焼き台にいた女性に伺うと「2階は空いてますよ」との事。
カウンターにビッシリ埋まった客の後ろを通り、細くて急な階段を上ります(これが天国への階段でした…)


30分1本勝負なので早速頼みましょう。
階段を上がってきた女性スタッフに「ホッピーセット2つとチューハイ1杯お願いしまっす!」と注文。

卓上のメニューを見る前に、壁に貼られた紙を見て目を疑いました…


「おいおい!ホッピーセットが900円って書いてあるよ!」

「嘘だろ~?9じゃなくて4でしょ!」


(最近、老眼がパワーアップしてきたからなぁ…)
再び目をこすって見ても900円は変わりません。


echigoya4


「うひゃ~、史上最高値のホッピーだぁ!」

さらに卓上メニューに目をやると、「テーブルチャージとして1人400円頂きます」と書かれていますよ。
てゆー事は、席に座ってホッピーセットを頼んだだけで1300円という計算(マジでした)…


ドリンクを持ってきた先ほどのスタッフにホッピーが900円の理由を伺うと…

「2ゴウトックリ、サンバイブン」との事。


見ると、ホッピー2本の他に氷の入ったタンブラー、そして二合徳利が1本用意されています。
「2ゴウトックリ、サンバイブン」と言ったお店の言い分は瞬時に理解できました。

ようするに…

『ホッピー(セット)には一本当たり一合のナカ(焼酎)が付いてくる。1杯に60mlの焼酎を使えばホッピーを3杯飲めますよ。1杯当たり300円だから普通でしょ』といった感じだと思います。


お通しの茎ワカメをパリポリつまんで史上最高値の高級ホッピーを堪能。
この出来事は一生の思い出になりそうです。

はっ…!
だから「思い出横丁」という名称なんだ~!

          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .