そば清 東十条/駅前にある老舗路麺そば店 

真冬の京極会(京浜東北線の大衆酒場を極める会)は東十条が舞台。
駅を降りたところで、よさ気な立ち食いそば屋さんを発見しましたよ。

立ち食いそばのルーツは江戸時代の夜鷹そば。
その後、明治30年代に軽井沢駅で提供された駅そばが近代立ち食いそば店の発祥だそうです。
いつかは発祥の地で食べてみたいと思いつつ、コチラに入店~。


■そば清@東十条
A_7


左右に掛けられた2枚の暖簾、間口が広く素晴らしい外観に路麺ファンの心をわしづかみ。
お客さんの為にめくられた(と思われる)暖簾。
あぁ、めくられてなければ食べログのカバー写真に使ったのになぁ…



店に入ると老舗の雰囲気満載、長いカウンターで数人の方が蕎麦を啜っています。
ご主人はとても気持ちのいい接客、昔からこの街の人達に愛されてきた感じです。

メニューの中に“カレーそば”を発見!
へぇぇ~、カレーそばなんてのもあるんですねぇ…
よっしゃ~、路麺の素人なのでチャレンジしてみよう。
ご主人は丁寧にそばをゆがいてツユをかけ、その上からカレールゥをかけています。


◆カレーそば¥340
B_7


一面カレーに被われたドンブリが届きました。
カレーも食べたいし蕎麦も食べたいという欲張りな人にピッタリ。
蕎麦の味がカレーで打ち消されてしまいそう、一見邪道な食べ物です。

さぁ人生初のカレーそばを実食!
うん、うどんより蕎麦の方がカレーの絡みがいいですね。
ねっとりとしたカレーと蕎麦の不思議なコラボレーション…
具材は豚肉、玉ねぎ、ニンジン、味は普通でした。

そういえばカレー南蛮という食べ物がありますが、あれはカレーうどんの事を指すのかな?


それにしてもコチラのご主人の接客は素晴らしい、温かい気持ちになって京極会に向かいました。          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .