そもそも事の発端は…


「あそこのカレーは黄色くて上にグリンピースがのっているんですよ」



この言葉に触発され、子供の頃に食べた懐かしいカレーを食べたくなり…

指定された2軒の老舗食堂(ほかり食堂辰巳軒)に行ってみたのですが、
両店ともグリンピースが乗っていませんでした。
※味は懐かしい昭和のカレーでした(詳しくはリンク先をご覧になって下さい)


(グリンピースが乗ったカレーを食べたい!)

もはや気持ちはグリンピースの事しか考えられなくなりました。
そんな時、持つべきものは友ですね~♪
2人の友人からグリンピースカレーの情報がメールで送られてきました。

よっしゃ~、ようやく念願のグリンピースが乗ったカレーが食べられるぜ!
ワクワクしながらお店に向かいました。


■第一食堂@代田橋
A



マスコミで話題になった「和泉明店街」にある老舗食堂。
コチラの商店街は沖縄色を全面に出し「沖縄タウン」として集客を図っているようです。


ガラガラと扉を開け店に入ると、ドラマに登場しそうな昭和の食堂がお出迎え。
高齢のご夫婦が切り盛りするお店、壁に貼られたメニューを拝見するとラーメン・餃子に始まりカツ丼や定食類が揃う普通の中華食堂です。

しか~し、ここの商店街は沖縄を全面に打ち出す「沖縄タウン」…
なんと沖縄そばにゴーヤチャンプル、オリオンビールまで別メニューにありました。
この地で何十年も営業してきて、まさか沖縄料理を出すようになるとは思ってもいなかったでしょうね(笑)
そうこうしている内に、女将さんが注文した料理を届けてくれました。


◆カレーライス¥650
B



ひゃっほ~い♪

念願のグリンピースが乗ったカレーが届きましたよ!
この時点でテンションMAX。
黄色いカレーに真っ赤な福神漬、5カ所に散りばめられた緑のグリンピースが、素晴らしいビジュアルを醸し出しています。

スプーンですくい、ひと口食べてみると…
ネットリとした黄色いルーはカレー粉と小麦粉から作ったと思われ、スパイシーという言葉は当てはまらない昭和のカレー。
こういった甘く優しいカレーで育ったオイラが、東京でいきなりボルツの7倍カレーを食べた日にゃ~、口から火を噴くのは当たり前ですよね(^_^;A


いや~、満足まんぞく♪
帰り際、ご主人に何年ぐらい営業しているのか伺ったところ…


「中野で20年、こっちに来て31年」とおっしゃっていました。
うっひゃ~、素晴らしい老舗ですね。
いつまでも頑張って頂きたいと思いながら、店を後にしました。
ごちそうさま、グリンピースを堪能できて嬉しかったです。

          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .