超六花界!鶯谷の隠れ家で肉三昧 初花一家

事の始まりは神田の六花界…
寒さが身に染みる2月に伺った所、オーナーが“ぽぱい”を覚えていてくれまして…
「ぽぱいさん、鶯谷に隠れ家的な店をオープンしたので皆さんで来ませんか?極上の肉を用意しますよ。3ヶ月先まで予約でいっぱいなので、5月にいかがでしょうか?」という内容をコテコテの関西弁で言われました。

「ホンマでっか?ほならお邪魔させてもらいまひょか~♪」という内容を関東弁で応え、冬眠して5月になるのを待ちました。

初花一家@鶯谷
完全予約制。
住所、電話番号など店の詳細は一切明かされていない秘密の隠れ家
鶯谷のどこかにあります( ̄ー ̄)ニヤリ


この日、我々は6名で参加。
他に2組、総勢11名がカウンターを囲むように案内されました、牛肉の店だけにギューギューです(すし詰めでは無い…)

「ほなら皆さん乾杯しましょか~!」


自家製サングリアを手に店長の音頭でカンパ~イ。

Rimg0047

本日の客11名だけの為に用意された極上肉…
贅沢な肉のフルコースが始まります♪

よく冷えた百楽門特別純米酒を飲みながら、店長の包丁さばきを見つめます。

◆牛タン
味がついているのでそのまま頂きます。

◆金門牛レバー刺し
実は、内臓系が苦手なんですよ…
中でもレバーが一番苦手だったのですが、金門牛の新鮮なレバーは臭みもなくシャキシャキの食感。全部食べられました(これは快挙です♪)

A_6

◆マルチョウ
白くて長いマルチョウを手際よく一口大にカット。脂ノリノリ、めっちゃ柔らか~い♪

◆シビレ
仔牛の胸腺。脂たっぷりでとろけちゃいます。

◆ハツ刺し
牛の左心房との事、歯ごたえがいいね。

◆ザブトン刺し
上品な味わいの肩ロースの刺身、スライス後バーナーでチョイ炙り。
山葵をのっけてご飯と一緒に食べると至福の味です♪

◆サガリ
横隔膜にぶら下がっているから「サガリ」と名付けられたそうです。
じゅわっと染み出る肉汁がいいっ!

Aa

◆ハラミ
ハラミは内臓だけど、これは肉にしか思えないねぇ。

◆イチボ
「表8秒裏4秒」が一番美味しい焼き加減。
ぷりぷりとした弾力、じゅわっと染み出る肉汁!

◆サンカク
最高級部位、極上の味です。

◆ナカミスジ(とろ)
希少部位が次々と登場、ミスジはまじ旨いです♪
コチラも8秒4秒ですよ~(刺身でもOK)

次のお酒は御代櫻純米吟醸、フルーティーでサクサク飲めちゃいます。

Aaa_2

◆馬ハラミのタタキ
臭みは一切なし、馬はうま~い♪

続いて御代櫻本生純米を追加注文、コチラも旨い酒で牛がススム君です。

◆牛煮込み
稀少部位の入ったゴージャスな煮込みです。

◆手打ち釜玉うどん
肉のフルコースと思いきや…
あろうかな、慣れた手つきでうどんを打ち始めた店長。
青い殻が特徴のアローカナ玉子を使った釜玉の出来上がり~。
うん、これはカルボナーラうどんだよ!


ブヒ~、喰ったくった!
上質な肉と華麗な包丁さばき、楽しいトークに魅了され、あっという間に全てのコースが終了。
お酒を1本追加したので一人5500円、この価格でこの極上肉ですからCP抜群ですねぇ♪

お店の雰囲気、料理内容ともに素晴らしかったです。





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .