LED電球は暗い?

夏に向け、わが家も節電しなくちゃ!
というワケで、自宅の電球をすべてLEDに取り替える事に可決しました。


電球を変えるだけで節電になる…
なんとも楽な節電ですよね、地球温暖化防止にも協力できますし。


しかし…
家電量販店に行ってビックリ!

B

ぎょえ~!LED電球ってメッチャ高い~!


普通の60Wの電球は100円均一で売ってるというのに、LEDは安くて1個1580円、主流は2980円ぐらい…
さらに5000円を超えるモノまで普通に販売されています。


いくら長持ちして節電効果があるとはいえ、値段が今までの数十倍となると話しは別…


「どうしようか?」


わが家の電球をすべてLEDに変えるとなると、数万円かかる計算…

仕方がないので、よく使う場所(風呂、トイレ、洗面所、ダイニングテーブル…etc)用に
安めのLED電球を6個購入しました。

C

付け替えてビックリ!

めっちゃ暗いんですよ!

D

LED電球に替えた途端、家の中が暗い雰囲気になってしまいました(ドヨ~ン…)


店内では眩しいぐらいに光り輝いていたのに、この差は何なの?
ちゃんとワット数も確認して買ったのに…


(もう一回調べてみよう)と思い、パソコンでLED電球の事を詳しく調べてみると、
ルーメン」という言葉がたくさん出てきます。


なに?ルーメン?


ルーメンといえば、味噌ルーメン豚骨ルーメンは旨いですよね~♪

A

(x_x;)☆\( ̄ ̄*) バシッ!それはラーメン!



ルーメン(lm)とは電球の発する光の総量である「全光束」の単位
よけい分からなくなってきました…


照らされた面は割りと明るいのに、部屋はぼんやり薄暗いといった感じ…
どうやらLEDはスポットライトみたいに直下が明るくなる性質みたいです。


60Wワット相当と書いてあっても、全体の明るさは30Wクラスになってしまうようです。

60Wの明るさを求めるなら700~800ルーメンが必要のようですが、
安売りで買ったLEDは320ルーメン(どうりで暗いわけだ…)

でもね~!
700~800ルーメンともなると、価格もメッチャ高いですよ!
ラーメンだったら700~800円以下で食べられるのですが…(まだ言ってるよ!)



いくら長持ちして消費電力が少ないといっても、ここまで高いと考えちゃうなぁ…

今の電球が切れたら、もう一度考えよう!





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
ぽぱいさん
自分もLEDへ移行を検討中ですが、会社の若い者がやっぱり行ってましたよ。
ルーメンの高いほうにしないと暗いって。
あと、白熱灯は上向きも照明が当たりますが、LEDはほとんど当たりません。
替え時が難しいですよね。
2011/06/03(金) 07:40 | URL | さえ&ゆいじじ #79D/WHSg[編集]
No title
こんにちは

時々、拝見してしております、、、。

そうなんです、暗いんですよ。
確か聞いたところでは、10年は持つそうです。
早い話半永久と言うことです、物理的に壊さないとですが、、、。

蛍光スタンドを探していた時にいろいろ聞きました。
はい、高くてやめました(笑)
普通の買いました(泣)

ネタに食べ物が出てきたのは流石です。[E:good]
2011/06/03(金) 11:13 | URL | マルコポーロ #79D/WHSg[編集]
No title
さえ&ゆいじじさん

LEDは部屋がうすぼんやり輝く感じ、天井はかなり暗いですよ。
あと、電球色でも部屋が冷たい感じになります。
もう少しルーメンの高いタイプを買って試してみますね。

高いLEDより、目の前にある100円の電球を買ってしまいそうですが…[E:coldsweats01]
2011/06/03(金) 21:01 | URL | ぽぱい #79D/WHSg[編集]
No title
マルコポーロさん

コメントありがとうございます。

初めてLEDを点けた時…

「えっ(°◇°;)!?」って思いました。

販売店では眩しいぐらいに光り輝いていたのに、部屋だとぼんやりって感じです。
半永久的に長持ちするのは魅力ですが、まだまだ値段が気になりますね。

蛍光灯の代わりのLEDは、目玉が飛び出るぐらい高いですね。
2011/06/03(金) 21:03 | URL | ぽぱい #79D/WHSg[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .