ヌーベルシノワとは?ヌーベルシノワ醐杜羽@横浜

今回のヨコハマ探索は、一度も降りた事のない馬車道駅から…

D_2


みなとみらいや中華街の人波をイメージしていましたが、馬車道近辺は意外と閑散としています(日曜日だからかな?)

目当ての赤レンガ倉庫に行く前にランチにしましょう♪
食べログで評判の店に入ってみる事に…


ヌーベルシノワ醐杜羽
A_5

ヌーベルシノワとは、フレンチの食材を中華の技法で調理した新感覚の中国料理
元町エピセの本流を汲む後藤シェフが作る本物のヌーベルシノワだとか…


なんて読むのか分からなかったけど「醐杜羽」は「後藤(ごとう)」だったんだ…
暴走族の「夜露死苦」みたいなもんだね(笑)

高級感溢れる入口にシックな店内。
客席は贅沢な間隔で仕切られているので落ち着いて食事ができます。


店員さんの接客もいい感じ、ランチメニューの説明を丁寧にしてくれました。


「ハーフ&ハーフフェア開催中、1~7の麺とA~Cの飯をお好みでチョイスできます」

て事は、二人なので4品頼めるんだね…


◆海老と湯葉のサンラー湯麺
豊かな酸味と辛みのあるスープ、プリッとした海老と湯葉~ばが辛さを和らげてくれます。


◆四川麻婆豆腐丼
四川花椒の痺れる辛さが食欲をそそります。
舌の痺れががクセになる、ここまで痺れたのは歌舞伎町のキャバレー以来かも…

B_4


◆四川的トリッパーとトマトの冷麺

トリッパって何だろ?
何だかカッコイイ名前なので頼んでみたところ、牛の胃袋(ハチノス)でした~!
オイラ、内臓系は苦手なのです…


◆海老と冬瓜のあんかけ飯
透き通る冬瓜と赤い海老のコントラストがいいね。
優しい味、舌の痺れが緩和される逸品です。

C_5

初めての四川ヌーベルシノワ…
どの料理も創作系で美味しかったけど、あまりにも花椒の刺激が強くて舌が痺れっぱなし…
料理の味があまり分からなかったです(^_^;A


あれから5日経つけど、まだ痺れている感じ!四川花椒って凄いね…





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .