FC2ブログ

ある日、MティからLINEが届いた。

「めっちゃ遠いけど行きたい食堂がある」との事。

貼り付けられた食べログのリンクを開くと
住所は千葉県市川市と書いてある。
えっ、マジ?千葉県!
しかも最寄駅(南行徳)から1km以上と距離もある。
さらに定休日は日曜日…
オイラにとって行けない理由満載じゃないか~!

でもね。
”据え膳食わぬは男の恥”
せっかく「行きたい」って言ってくれてるんだから行こうじゃないの。
誘われる内が華なのさ。
タイミングよく平日休みが取れたので、その日に決行だぁ!

南行徳駅からテクテク歩く事10分ちょい。
思ったよりも早く着いた。

■丸平食堂
maruhei (23)

ナンギョー(byノリコ)の街並に溶け込む歴史ある食堂、煙草屋も併設している。
ノスタルジックな空気が漂う静かで広い店内。
ゆったりとした時間が流れている。

maruhei (11)

う~ん、いい感じだねぇ♪
テーブルの下に無造作に置かれた漫画や週刊誌は昭和の象徴。
40年前のドライブインにタイムリープしたような気持ちになった。

maruhei (6)

さっそくドリンクを注文しよう。
ホッピーを注文すると3冷(2冷?)ホッピーが提供された。
しかも有料のホッピージョッキじゃないか♪
9割の飲食店がビールメーカーのジョッキ(無料)でホッピーを提供しているっつーのに。
ホッピージョッキを使うとは素晴らしい心意気を感じる。

maruhei (9)

カンパ~イ♪
ん?焼酎が独特の味がするぞ。
ひょっとして乙類か?
サクッと飲み干し瓶ビールを注文、大瓶なのが嬉しいね。
食堂はこうでなきゃ。

◆漬け物¥210
Mティが冷蔵ショーケースから持ってきた。
白菜の“お○んこ”はシンプルでウマいね。

maruhei (10)


◆ハムエッグ¥250
食堂飲みでこれを頼まなかったら逮捕されるので注意が必要。
目玉焼きは見事な半熟、箸でつつくと黄身がトロリと流れ出る。
ハムで黄身を拭い皿を綺麗にするのがプロの技。

maruhei (15)


◆ニラ玉¥570
一言でニラ玉と言っても色々な種類がある。
丸平さんは中華も兼ねているので“ニラ玉炒めタイプ”だ。
ニラと玉子のバランスはバッチリ、モヤシも入っていてる家庭的なニラ玉でウマ~い。

maruhei (12)


◆イカフライ(単品)¥570
サクッと揚がった肉厚なイカフライ。
ソースと醤油で食べ比べしてみた。
弾力はあるけど簡単に噛み切れるほど柔らかな歯応え。
口の中に広がるイカの風味が堪らない~。

maruhei (17)

滞在中、ワクワク感が止まらない。
平日の真っ昼間、老舗の食堂で飲める喜び。
Mティ、素晴らしい店をチョイスしてくれてありがとう♡

いや~、マジ来て良かった。
ひょっとしたら今回の訪問が最初で最後かもしれない。

maruhei (4)

一期一会の精神…
ステキな空間を与えてくれた丸平食堂さんには感謝しかない。
健康にご留意され、末永くお店を続けて頂きたいと切に願います。
ごちそうさまでした。


         




        食べログ グルメブログランキング
スポンサーサイト



ずっと前からBMしている店が300軒以上ある。
駄菓子菓子!
場所が遠かったり時間帯が合わなかったりで…
中々訪れるチャンスに恵まれず、別の店や新しい店ばかり行ってるのが現状。

このまま放ったらかしにしていたら一生行かない気がする。

(よしっ、今日は気合いを入れて行く事にしよう!)

一念勃起して駅に向かった。

kikuya (27)

地下鉄をハシゴして訪れたのは…
東京スカイツリーのお膝元にある老舗の酒場食堂。

■菊屋
kikuya (1)

うっひゃ~、素晴らしき外観♪
老舗大衆食堂ファンには堪らない、昭和の雰囲気満載だ。
久しぶりにワクワク感が溢れてきた。
扉の右上に「キクヤ」と書かれた手書きの紙。

kikuya (5)

サイドには色褪せまくったコカコーラの看板。
「ニャンだか幸せ 一期一会」という暖簾も味があっていいねぇ。
本来は食品サンプルが並んでいたと思われるショーケース内にはメルヘンチックな人形がピコピコ動いている。

kikuya (3)

立て付けの悪い扉をガタガタと開け中に入ると…
わ~ぉ、これは凄い!
昭和の空気が漂う広めの店内はノスタルジック感満載。
ご主人と常連さんが時代劇を見ている最中だ。

kikuya (10)

端の席に着くと「寒いのでコチラにどうぞ」と言われ中央の席に案内された。
優しいご主人、ダルマストーブを横に置いてくれた。
ビール(大瓶)を飲みながら店内をキョロキョロ。

kikuya (66)

う~ん、いい感じだ。
茶色く焼けたポスターやメニューを見ると、50年前にタイムスリップした気分になる。
ウマいと評判のカレーライスは300円と学食価格、大盛りは400円だ。
そしてカレールー(頭だけ)が500円、ハムエッグが600円と不思議な値付け。
店内をアテにビールを飲んでいると目当ての料理が届いた。

◆カレーライス(辛い)¥300
具がゴロゴロ入った家庭的なカレーライス。
さっそくスプーンで掬ってパクリ…

kikuya (19)

ねっとりして濃厚なルー。
(辛さはたいした事ないな…)と思ったら…
後からジワジワ辛さがやって来る。
おぉ~、かなり旨いカレーじゃないか!
いろんな具材が入っていてスパイシー、旨過ぎてスプーンが止まらない。
これが300円とは嬉しいじゃないか♪

kikuya (21)

菊屋さんの営業時間は…

・2:30~12:00(深夜~午前中)
・16:00~18:00(夕方のみ)

とても不思議、一般人が利用するにはハードル高い時間帯だ。
いったいどういった人逹をターゲットにしているのだろう?


         




        食べログ グルメブログランキング
百味 所沢プロペ店/祝!百味復活♪

今年の5月。
飲ん兵衛業界に戦慄が走った。
所沢の老舗大衆酒場「百味」が55年の歴史に幕を閉じたのだ。

HYAKUMILAST

「呑まれる会」で何度も利用させて頂いた居心地の良い酒場。
新型コロナウイルスが原因の閉店は残念でならなかった。

あれから半年以上が過ぎた11月中旬。
グループLINEに1枚の画像が届いた

hyakumi12 (71)

その画像を見た時の衝撃と喜びは計り知れない…

(えっ、あの百味が復活!?)

(すぐに行きたい、早く行きたい)

(呑まれる会の忘年会はここに決まりだ!)

幹事を買って出た。
写真に書いてある番号に電話して開店日を確認。
予約をお願いした所、当面の間 予約は受け付けていないとの事。

■百味 所沢プロペ店
hyakumi12 (2)

以前と同じ場所に再オープン。
入口には消毒用アルコール&検温システムが設置されコロナ対策は万全。
広い店内は以前のような活気はなく、自然とソーシャルディスタンスが保たれている。
おそらく、飲ん兵衛の皆さんは再オープンした事を知らないのだと思う。

hyakumi12 (81)

スタッフの平均年齢はグンと下がりテレビも薄型で新しい。
喫煙者ルームが新設されたので店内の空気は爽やかだ。

hyakumi12 (19)

ホッピーdeカンパ~イ♪
コロナ禍により集まったのは3名だけ。
それでも百味さんで再び乾杯が出来るとは夢みたいだよ。

◆串焼き
・ねぎ間¥130
・とり皮¥130
・タン¥130

◆めざし¥390

◆おしんこ¥330

◆ねぎぬた¥330

◆いか塩辛¥450


hyakumi12 (91)

◆茄子揚出し¥440

◆厚焼玉子¥400

◆ほっけ塩焼き¥650

◆チーズカツ¥440


hyakumi12 (69)

◆とりの唐揚げ¥450

◆豚しょうが焼¥550

◆イカゲソ七味揚げ¥380

◆チョリソーウインナー¥550


hyakumi12 (66)

◆トロタク巻き¥1,000

hyakumi12 (31)

料理は安定の旨さ。
相変わらずどの料理写真も綺麗に撮れるね。
※個別の感想は何度もレビューしてるので割愛させて貰います。

帰ってからレシートを見ると、熱燗(2合徳利)を9本も注文している。
嬉しくて日本酒の一升瓶1本空けちゃったようだ。

hyakumi12 (1)


         




        食べログ グルメブログランキング
日の出とんかつ 東伏見/老舗とんかつ店のトルコライス

都内でトルコライスが食べられるお店を調べたら20軒ぐらいヒットした。
その中の1軒にトンカツ屋さんがあった。
場所は西武新宿線の東伏見。
ちょいと遠方だけど新青梅街道を制限速度でぶっ飛ばし、目的の店に着いた。

■日の出とんかつ 東伏見
hinode (1)

2階から干されたシーツが看板の「ん」と「か」の枠にかかっている。
入口横にはメニューがずらり、その中にトルコライスの文字は無かった。
カウンター席に座ると“おしぼり”と水が提供された。
卓上のメニューを見ると「トルコライス」の文字が…

hinode (3)

よし、さっそく注文だ。

「トルコライスをトンカツでお願いします」

「は~い、トンカツね」と優しげな女将さん。

そう、予め先人のレビューを読ませて貰った所。
ここのトルコライスはチキンカツがトッピングされているそうだ。

本来なら“その店のトルコライス”を食べるのがスジだと思うけど…
(やっぱりトルコライスはトンカツの方がいいなぁ)
そう思い、今回は変えさせて貰った。

熱したフライパンにライスと具材を入れジャージャー炒める女将さん。
チリチリとカツを揚げる音も心地よい。

ご主人が銀皿に野菜をセットすると…
パカッとアーモンドの型を被せた(写真参照)

hinode (5)

後はトンカツが揚がるのを待つだけだ。

◆トルコライス(トンカツに変更)¥850
銀皿の上にはケチャップライスとトンカツ、ポテサラ、キャベツが乗っている。

hinode (6)

ケャップライスと書いたのは具材が玉ネギだけだから。
先日行ったレストラン香港のタイプに似ているが、香港のトルコライスはカレーがかけられていた。
「大人のお子様ランチ」と言うには寂しい気がするけど、トルコライスを食べられるだけで嬉しい。

hinode (8)

アーモンド型のライスは昭和の証。
懐かしさを噛みしめながらケチャップライスを食べる。
トンカツはソースと醤油で食べてみた。
最近、醤油の方が好きになってきた気がする。

hinode (10)


さぁ、次に食べるトルコライスはどんな内容なのかな?
メッチャ楽しみだ♪

hinode (4)


         




        食べログ グルメブログランキング
ねぶた茶屋 保谷/せい部の忘年会

“せい部”の忘年会は幹事さんの意向により保谷で開催される事になった。

保谷駅の改札を抜け階段を降りると目の前に指定された店が!

■ねぶた茶屋 保谷
nebutacyaya (1)

駅からダッシュで2秒。
青森県の郷土料理が食べられる老舗の酒場。
昭和の空気が漂う店内、気取らずに飲食できる雰囲気。
今回はcheeも参加してくれた。
いやぁ~久しぶりだねぇ、元気そうでなによりだ。
各自好きなドリンクを注文して…
カンパ~イ♪

nebutacyaya (9)

◆お通し(昆布の煮物)
今まで昆布は苦手だったけど食べてみたら普通に食べられた。
ぽぱい最強伝説は継続中。

◆バラエティー刺身盛合せ¥1300
平目、鯛、しま鯵、大間の鮪、中トロ、蛸、〆鯖といった盛り合わせ。
値段の割りにゴージャスな刺盛りだね。
どの魚も見るからに新鮮、丁寧な仕事ぶりが手に取るように分かる。
みんなでジャンケンして大間のマグロの奪い合いw

nebutacyaya (13)

ビールの次は“清酒ねぶた”の熱燗にしよう。

nebutacyaya (20)

◆活ホヤ刺し¥850
「保谷だからホヤかぁ!」
と言ったら女将さんがウケてくれた。
初めて食べるホヤ…
クゥゥ~、こりゃ凄いね!
なかなか手応えあるクセのある味わいだ。
※食べただけでも偉いと思う

◆ホタテ貝焼きミソ¥1000
大きな貝殻を器にした青森の郷土料理。
ふんわり玉子と香ばしく焼かれた帆立の柔らかさが絶妙。
熱燗との相性が凄くいい。

◆ポテトフライ¥350
太めにカットされたポテトの表面はサクサク、中身はホクホク。
塩っ気が薄いのでポテトの味がしっかり感じる。

◆チーズ揚¥300
サクッとした食感がGood、中は熱々トロトロのチーズだ。

nebutacyaya (111)


◆手造り餃子¥500
具材の味つけが絶妙。
餃子のタレや酢コショウに着けなくても美味しく頂ける 。

◆ニラの玉子とじ¥500
ふわふわ卵でとじたニラ玉、ツユだくで優しい味わい。

◆自家製ぬか漬け¥400
しっかり漬かっているけど酸っぱさは皆無。
ほのかに糠の香りが漂ってくるウマい糠漬けだ。

nebutacyaya (152)

◆スープ焼きそば¥900
黒石名物のご当地グルメ。
焼きそば好きなので前から食べてみたいと思っていた。
見た目はラーメンなんだけど、煮干しとソースが合わさった香りが漂ってくる。
はたして味は?

nebutacyaya (29)

ネジネジ麺リフトをしてズズッと啜ると…
おぉ~、モチモチ麺の喉ごしがいい。
絡んだスープはソース味なので焼きそばっぽい気がする。
ラーメンなんだけど味は焼きそばといった不思議な食べ物だった。

女将さんを筆頭に女性スタッフだけで切り盛りする酒場。
アットホームな雰囲気でほのぼのする、居心地はバツグンだ。

トイレに行くと…
「お願い!座ってしてね(^-^)/」と書かれている。

nebutacyaya (71)

パカッと蓋を上げ便座に座ると…
目の前に「座ってくれてありがとう(^-^)v」の文字。

立ってすると四方八方に飛び散るのは短パン履いてる時に経験済み。
女性だけの店なので最低限のルールは守らないとね。

nebutacyaya (80)

最後に“せい部”で誕生日祝いをして頂き感無量♪
皆さんありがとうございました。

nebutacyaya (33)

コロナ禍なので1軒でおしまい。
「みんな、良いお年を~!」


         




        食べログ グルメブログランキング

最近ハマっているトルコライス。
ピラフ・とんかつ・ナポリタンがワンプレートに乗った大人のお子様ランチ♪
長崎が発祥のようだけど、店によってスタイルが違うので定義がイマイチ分からない。
その店が「トルコライス」と言うのなら、それでいいじゃないかと思うようになって来た。
今回はトルコライスにハマる遥か昔(30年前)から行きたいと思っていた店編。

地元では美味しいと評判の洋食レストラン。
行きたい気持ちは山々だったんだけど、自宅からの距離が遠すぎて行けずにいた。

駄菓子菓子!
今般のトルコライス(マイ)ブームにより背中をポンと押された。
現在はランチ営業のみという情報は聞いていたので平日の14時過ぎに行ってみた。
目の前にあるコインパーキングに車を停め、さっそうと店へ…

■レストラン香港 落合南長崎
honkon (221)

年創業、老舗の洋食店だ。
コカコーラの置き看板が堪らない。
入口横にある食品サンプルケースもいい感じだねぇ。
おっと危ない、バックが鏡になっているので自分が写り込んでしまった。
こういった場合は斜めから撮らないとフサフサの髪型という事がバレてしまう。

入口のドアは開放されアルコールを完備。
テーブル席はアクリル板で仕切られコロナ対策も万全だ。
昭和の空気が漂う店内は想像以上に広く小上がりまである。
お姉さんにトルコライスを注文。

「トルコ 1丁~!」

honkon (222)

店内には歴史を感じる写真やポスターが飾られている。
本物の昭和を体感しているとテーブルにお皿がトンと置かれた。

◆トルコライス(味噌汁付き)¥700
メニューに「チキンライスの上にカツのせ」と書かれている通りの料理が届いた。
カツとチキンライスの間にかけられたソースは何だろう?
ペロッと舐めてみると、カレーじゃないか!
これって一種のカツカレー?

honkon (13)

まずはカツをパクリ…
う~ん、ウマ~い♪
サクッと揚がったトンカツは肉のコクと脂身のジューシーな甘みのバランスがとても良い。
さすが熟練の業といった揚げ具合だ。

honkon (14)

チキンライスは甘めの印象、スパイシーなカレーとの相性バツグン。
めっちゃ旨いトルコライスにスプーンが止まらない。
洋食に欠かせない味噌汁と交互に流し込み、あっという間に平らげてしまった。

メニューを見るとカツカレーも700円だ。
だったらチキンライスの上にカツとカレーが乗ったトルコライスの方がお得な気がする。

ナポリタンが乗って無いのは寂しい気がするけど、こういったスタイルも立派なトルコライス。
トルコライスの師匠である“おいしん坊万才”さんによると、ナポリタン無しのトルコライスは川崎式というらしい。

川崎式のトルコライスかぁ。
ひょっとして吉原式トルコライスや西川口式トルコライスなんかもあるのだろうか?

ブヒ~喰ったくった!と思っていたらコーヒーが提供された。
小さなコーヒーカップだけど嬉しいじゃないか。
甘めのコーヒーをゆっくり飲んで「ごちそうさま~♪」

honkon (20)

あ~、ここは評判通りの良い店だ。
次回は洋食が詰まった幕の内弁当か洋食ランチを食べてみたい。
もしくはここで洋食飲み会もいいね(小上がりあるし)


         




        食べログ グルメブログランキング
ロビン 笹塚/いとしのロビン・フッドさま

最近ハマっているトルコライス。
ピラフ・とんかつ・ナポリタンがワンプレートに乗った大人のお子様ランチ♪
長崎が発祥のようだけど、店によってスタイルが違うので定義がイマイチ分からない。
その店が「トルコライス」と言うのなら、それでいいじゃないかと思うようになって来た。
この日は無理やり笹塚に用事を作り、10年前からBMしていた店に行ってみた。

robin (8)


■ロビン 笹塚

robin (7)

いとしのロビン様。
訪れた時間は平日の14時20分(15:30 L.O.)
ガラガラだと思いきや、ドアの外に5人待ち。
その後、階段まで行列が出来た。
(ひゃ~、メッチャ繁盛店だ!)

意外と回転は早く、10分程で店内に案内された。
入口に置かれた縦長ショーケースには食欲をそそられる食品サンプルがズラリ。
その中にもトルコライスがあった。

robin (5)

店内は洋食店特有の(フライパンで具材を炒めた)香りが漂っている。
この匂いは大好物、匂いだけでライスが食べられそうな気がする。
変則的なカウンターを囲むようにテーブル席がある。
各席に次々と運ばれる料理(ハンバーグ、生姜焼き、オムライス…etc)はどれもメッチャ旨そう♪

◆トルコライス¥860
ケチャップライスとトンカツのコラボ。
添えられたキャベツは千切りより細い“万切りタイプ”。

robin (1)

まずはカツをパクリ…
サクリとした衣の歯ごたえ、豚肉の旨みが口いっぱいに広がる 。
おっ、このカツはメッチャ旨いぞ♪
カツにかけられたソースも至極の旨さだ。

robin (3)

トンカツの下はチキンライス。
と書きたい所だけど…
具材がハム・ピーマン・玉ねぎだったのでケチャップライスと書いた。
鶏肉が入ってなくてもチキンライスと言ってもいいのかな?
(豚肉が入っている店もあるよね)

ロビンのトルコライスにはナポリタンが入ってない。
そのせいなのか、隣のサラリーマンがムシャムシャ食べている大盛りナポリタンがメッチャ旨そうに見えた。

そんな事より、メニューを見るとトルコライスの下に「カツピラフ」というのがある。
どちらかと言うとカツピラフの方がトルコライスに近いのではないだろうか?
カツピラフとナポリタンを頼んで自家製トルコライスを作るのも楽しそうだ。

食事中、絶妙のタイミングで水を注いでくれるスタッフのサービスが素晴らしい。

メニューの中で気になった「唐味(とうみ)」
会計時、お姉さんに伺ったところ…
「唐辛子入りのナポリタンです」との事。

次回は唐味を注文して、タバスコマシマシで食べてみよう。

robin (6)


         




        食べログ グルメブログランキング

嬉しい大人のお子様ランチ。
トルコライスを数軒で食べてみたところ…
店によって料理の内容が違う事に気づき興味津々。

調べてみると都内にはトルコライスを提供する店が結構ある事が分かった。
今日はここの店を調査してみよう。


■2丁目食堂トレド 飯田橋
toredo (19)


toredo (1)

神楽坂を少し登った所にある“PORTA神楽坂”に入る、1972年創業の老舗レストラン。
店名が珍しいのでご主人に由来を伺ったところ、答えは…

「あんまり意味はないんだよね~」との事(笑)

トルコライスを注文すると…
「昨日は長崎からトルコライスを食べに来てくれたんですよ」とご主人、けっこうお話し好きの様子。

(ジャー、チリチリ…、カタカタ)

厨房からカツを揚げる音とナポリタンを炒める音が聞こえて来る。
料理は2人の女性が担当、ご主人はトーク担当のようだ。

◆トルコライス¥1180
お~ここのトルコライスはビジュアルいいねぇ♪

toredo (13)

継ぎ足しカレーがかけられたライス。
生野菜の上にチキンカツがトッピング。
サイドにはナポリタンの他に焼肉(玉ねぎ・ピーマン・シメジ・パプリカ炒め)が添えてある。

カレーは甘さ控えめでマイルドな味わい。
ライスはピラフじゃなくて白米を使用。

toredo (16)


チキンカツは揚げたて熱々、サクッと噛んだ瞬間チキンの旨みがふわ~っと広がる。
ケチャップがたっぷり絡んだナポリタンは酸味が強い昭和のアレ、とても懐かしい味わいだ。

toredo (15)

ふとカウンター 前の壁を見ると…
ご主人は小説家でもあるようで「捨てられたミーヤの生涯」という短編小説が紹介されていた。

カレーライス、ナポリタン、チキンカツ。
老舗洋食店と小説家の味が集結した魅惑のトルコライス。
ボリュームたっぷり、大満足で店を後にした。

toredo (7)


         




        食べログ グルメブログランキング
とん八 高田馬場/T八からT八へハシゴ酒

鶴亀八番(T八)を出て馬場飲み2軒目。
Mティが選んだしたのは“さかえ通り”から路地をちょいと入った所にある酒場。
ここは前から行ってみたいと思っていた店なのでグッジョブ!


■とん八(T八)
tonpachi (2)


赤提灯が灯る老舗の酒場。
昭和の空気が漂う店内は、昔からの常連客で賑わっている。
壁には短冊メニューがずらり、この雰囲気堪らないねぇ。
カウンター席に腰かけ卓上メニューを拝見。
2軒目なので日本酒(八重寿生貯)にしよう。

tonpachi (211)

カンパ~イ♪
メニューの中にニラ玉を発見。
とん八というぐらいだから焼きとんもお願いしよう。

tonpachi (8)


◆焼きとん(カツラ・タン)¥100
焼きとんは塩で2本ずつ注文。
炭火ならではの香ばしさ、引き締まった肉を串から抜く時の摩擦感が楽しい。

tonpachi (14)


◆にら入り玉子焼き¥480
ふんわりプルプル、オムレツタイプのニラ玉だ。
ニラの独特な香りをふんわり玉子が優しく包んでいる、下味ばっちりなので何もかけなくてもOKストア。

tonpachi (12)


◆鶏肉のニンニク・こしょう焼き¥450
旨いに決まってる料理名。
皮がパリパリ、しっとり柔らかなチキン。
口の中にフワッと広がるガーリックの香りがクセになる。
食べたら案の定うまかった♪

tonpachi (16)


◆おしんこ
きゅうり、茄子、タクアンといった構成のお新香。
優しい味わいが心を癒してくれる、日本人に生まれて良かった♪

tonpachi (17)


◆焼きそば(ソース)¥650
フライパンと五徳がぶつかる音。
高く立ち昇る炎、こりゃ本格的な焼きそばだ。
皿に盛られた焼きそばに女将さんが青海苔と紅生姜をトッピング。
麺は柔らかめ、シンプルながら素朴で飽きない味わいだ。

tonpachi (19)


途中、日本酒のチェイサーにサッポロ赤星を注文。
プッハァ~、うめぇ♪
日本酒を飲んでる合間にビールを飲むとすっきりサッパリするなぁ。

ブヒ~飲んだ喰った!
楽しい時間はあっという間だね。
Mティ、良い店をチョイスしてくれてありがとう。

黙々と調理するご主人(息子さん?)がこしらえる料理は全てウマかった。
老舗の雰囲気がなんとも素晴らしい。
「また来たい!」 という気持ちにさせてくれる店だ。

tonpachi (4)


         




        食べログ グルメブログランキング

椎名町の名酒場に2度目のお誘い。
お~、嬉しいね。
メニューが豊富な本格居酒屋。
前回食べた料理が全部旨かったので、他の料理も食べてみたいと思っていたのだ。

■酒蔵 北の誉
kitanohomare2 (2)

コスパの高い居酒屋として幅広い世代から支持されている。
お一人様はもちろん、家族やデートなど気軽に足を運べる雰囲気の酒場だ。
仕事が長引いたので、ちょいと遅れて着いた。
ガラガラと扉を開け中に入ると…
お~、相変わらず混み合っているねぇ。
テーブル席には皆さんお集り、すでに飲み始めている。

kitanohomare2 (9)


カンパ~イ♪
店内に書かれたメニューは圧巻。
鮮魚をはじめ本格的な居酒屋メニューが充実している。
よ~し、前回頼まなかった料理を中心に注文しよう。

kitanohomare2 (7)


◆ピンピン焼き¥680

◆刺身盛り合わせ

◆なすみそ炒め¥380

◆牛タタキユッケ¥600

◆山うど酢味噌和え¥450

kitanohomare2 (112)


◆ノドグロ&カキフライ¥600

◆海老と黒豚カツとじ¥700

◆ハンペン明太チーズ焼¥550

◆ニラと油揚げの玉子とじ¥400

kitanohomare2 (221)


◆田舎むすび(鮭&タラコ)¥450

kitanohomare2 (23)


う~ん、どの料理もウマイね。
どの料理もほっとする味わい。
こういった優しい味わいは年齢を重ねる度に好きになってくるよ。

数々の酒場に飲みに行っているけど、「また来たい!」と思える店は僅か一握り。
ここは心から「また来たい!」と思える店。
ゆっくりと酒も食事も楽しめる貴重な居酒屋です♪


         




        食べログ グルメブログランキング

先日、グループLINEに写真付きの悲報が送られてきた。
な…
なんと所沢の名店「百味プロペ店」がコロナウイルスの影響で閉店してしまったのだ。
その写真を見た瞬間の喪失感といったら半端ない。
LINEで送られた写真には…

41789

新型コロナウイルスの影響により閉店させて頂きました
お客様には長い間ご来店いただきありがとうございました
心より感謝しております

令和二年五月十二日
百味プロペ店 店主

と書かれていた。
新型コロナウイルスの感染拡大で売上が急激に落ち込んだ所に緊急事態宣言が追い打ち。
家賃などの固定費が経営を圧迫し閉店に追いやられてしまったのだろうか?

hyakumi2019 (2)

百味(ひゃくみ)さんは1965(昭和40)年創業。
所沢の飲兵衛の胃袋と所沢の歴史を築き上げてきた大衆酒場。
活気に満ち溢れた広い店内、料理のラインナップも豊富で吉田類の酒場放浪記にも登場していた。

亡くなったフォロワーさんの墓参りの後は必ずここで献杯していた。


hya3


・お〇んこ
・厚揚げ
・肉春巻
・あじフライ
・チーズカツ
・川海老のフライ
・揚げだし豆腐
・刺身五点盛り
・鶏の唐揚げ
・ホッケ焼き
・揚げ出し豆腐
・ハムカツ
・コロッケ
・チーズ磯辺揚
・もつ焼各種
・浅利バター
・生野菜
・三色巻
・五色納豆
・厚焼き玉子
・豚しょうが焼き
・ミニアメリカンドッグ
・天ぷら盛り合わせ

hya1


hya2


hya6


hya5


hya7


hya4


最後のレビューは2018年の1月だけど、その後4回ほど訪れている。
今回はレビューしてなかった分の写真を全てUPして終わりにしようと思う。
百味さん、おいしい料理と素晴らしい雰囲気をありがとう。

半世紀もの長い間、地元の客に支えられた銘店が新型コロナの逆風に耐えられず55年の歴史に幕を下ろした。

LINEを送ってくれた女性フォロワーさんの言葉が泣けてくる。
せっかくなので言葉を借りよう…

志村けんを奪い
岡江久美子を・・・
大好きな酒場まで…
コロナ憎し


         




        食べログ グルメブログランキング
きこり食堂 祐天寺/祐天寺に残る昭和の食堂

この日は新規オープンする焼肉屋さんのレセプションに招待され祐天寺へ…
長いこと東京に住んでいるけれど祐天寺駅で降りるのは初めて。
駅前はイルミネーションがキレイに輝いている。
右も左も分からない街なので地図アプリが頼りだ。

kikori (3)

目的の店に到着すると隣に魅力的な食堂を発見!
レセプション終了後、有志を募って訪問してみた。

■きこり食堂
kikori (6)

カウンター席が奥にまっすぐ伸びる細長い造り。
年季の入った店内は昭和の空気が漂っている。
明るい女将さんも昭和の雰囲気満載だ。
祐天寺にはこんな素敵な食堂が残っていたのか~。

kikori (23)

横並びに座ってカンパ~イ♪

レセプションでだいぶ飲んじゃったけど店が変わればリセットされる。
料理は定食がメインなので、それぞれアタマだけ注文した。

kikori (7)


◆ハムエッグ¥300×2
kikori (12)


◆肉入りニラ玉イタメ

◆特大さば塩焼き

◆豚肉ナスみそ鉄板焼

◆豚肉じゅうじゅう焼き

◆とりの唐揚げ目玉付

◆玉子チャーハン¥700

kikori2 (25)


あれだけ焼肉を食べて来たっちゅうのに、ついつい頼みすぎてしまった。
鉄板で届いた料理は湯気が凄~い!
濃いめの味つけは若者や労働者向けか、それでもすこぶるウマイ♪
全員酔っ払っているのでパクパク箸が止まらない、これが“もうぞ喰い”なのか?

1人で黙々と定食を食べるのも良し、
ウマイ料理をつまみながら酒を飲み、女将さんと談笑するも良し。

祐天寺に住む独身男性や食堂飲みが好きな人には聖地のよう…
何度でも行きたくなる店だ。

kikori (22)

それにしても…
店名の由来が気になるなぁ。


kikori (5)


         




        食べログ グルメブログランキング
居酒屋 北千両 北千住/ラビオリ会2軒目

北千住のまるかやさんでいい感じに酔っ払った「ラビオリ会」のメンバー。
次の店(ラビオリ)を目指し幹事さんの後をゾロゾロ続く。
北千住には古きよき雰囲気を残す酒場が残っているのでワクワクしちゃう♪

「こちらです」

■居酒屋 北千両
kitasenryo (4)


おぉ~、ここは北千住に来る度に入ってみたいと思っていた店じゃないか。
老舗大衆食堂ファンには堪らない外観、昭和の雰囲気満載だ。
壁にズラリと掛けられた魅惑の短冊メニュー。
こういった店で飲むと1.5倍楽しくなるんだよねぇ♪

kitasenryo (7)


各自好きなドリンクを注文して…
カンパ~イ♪
初めてお会いしたレビュアーさんと挨拶を交わし料理の注文。

◆ラビオリ¥370
ラビオリって加賀屋(系列)でしか食べた事がないけど、他にも扱っている店があったのにビックリ。
しかもラビオリってロシアの食べ物だと思っていたのに、イタリアの食べ物と知って二度ビックリ。
さらにリビエラはイタリアの海岸の名前と知って三度ビックリ!
どうりでラビオリとリビエラは似ているワケだ。

kitasenryo (15)


◆ニラ玉¥480
オムレツタイプのニラ玉なれどニラ率3%ぐらい、ほぼ「玉」だ。
隣の「ベー玉」というメニューも気になるところだ。

kitasenryo (18)


◆まぐろぶつ¥600
食べた記憶なし。

kitasenryo (13)


◆カレー「ルゥ」コロッケ¥480
これが大ヒット!
一見、ふつうのコロッケなんだけど半分に割ってみると中からカレーのルーが流れ出した。
このルーが程よくスパイシーでメッチャ旨かった(気がする)

kitasenryo (17)


◆ポパイ¥480
ホーレン草・ベーコン・玉子の炒め物。
ネタになる料理名を付けて頂きありがとうございます。

kitasenryo (16)


ポパイを頼んで思い出したのが「ポパイフィギュア」
さっそく鞄から取り出し、日本酒(常温コップ酒)の前にオリーブを立たせ。
ポパイはコップのフチにつかまらせて撮ろうと思ったんだけど…

なかなかポパイがフチにつかまってくれない。
何度やっても後ろに倒れてしまうのだ…
酔っ払ってる自分(ぽぱい)が悪いのか?
ポパイ(フィギュア)が悪いのか?
よく分からないけど、ようやくしがみついてくれた。

よっしゃ!ようやく写真が撮れるぜ♪
と思いシャッターを押した瞬間!
フィギュアが後ろに倒れてしまった。

kitasenryo (12)


この日。
日本酒を飲み過ぎてしまい、この店の記憶は殆ど無い。

駄菓子菓子!
ポパイが倒れた瞬間。
隣にいた美女がゲラゲラ笑った事だけは鮮明に覚えている。

また来たせんじゅ。

kitasenryo (2)


         




        食べログ グルメブログランキング
鳥もと本店 荻窪/ド酔っ払いオジサンのリベンジレビュー

前回、晩杯屋を3軒ハシゴしてから入った焼き鳥屋。
何も記憶がないのでレビューできないままでいた。

今回はその時のリベンジレビュー。
荻窪の日帰り温泉「なごみの湯」でさっぱりしてからやって来た。

TORIMOTO (1)

創業昭和27年と書かれた看板。
かつて荻窪駅北口のロータリー角には、小学生でも知っている焼き鳥屋があった。
モクモク吹き出る煙。
その匂いは飲ん兵衛たちを引き寄せる魔力があり、店頭は真っ赤な顔したオッサンで溢れかえっていた。

しかし。
その焼き鳥屋は駅前の再開発に伴い移転を余儀なくされ、駅から少し離れた場所で営業を再開した…

■鳥もと本店 荻窪
TORIMOTO (13)


カウンター席に座り回りを見渡したけれど…
前回Pエロさんとどこの席に座ったのか覚えてない。

ホッピーを注文すると…

「ホッピーは無いのでノンアルコールビールの焼酎割りになりますが」と言われた。
今までいろいろなノンアルコールビールを焼酎で割ってみたけど、どれも不味くて飲めたもんじゃない。
やっぱり割るのはホッピーに限ると思う。

TORIMOTO (12)


ビールの大瓶¥700を注文して…
1人deカンパ~イ♪

プハァ~、温泉上がりのビールは格別に旨いねぇ。
まずはメインの焼き鳥から頼もう。
焼き鳥類は塩とタレを指定できるワケではなく、最初から決まっているのが特徴。
不思議な事に砂肝だけはどちらか選べるシステム。
勇気のある人は「ねぎま タレでお願いします」とかと言ってみてもらいたい。

◆ねぎま(塩)¥150

◆ヒナ(タレ)¥120

◆つくね鳥ナンコツ入り(タレ)¥200

TORIMOTO (7)

どの焼き鳥も老舗ならではの味わい。
かつて荻窪駅前で飲んだくれてたオッサンも、同じ焼き鳥を食べていたんだな…
と思うと感慨深いものがある。

◆一味厚揚げ¥350
これまた興味あるネーミングにロックオン。
提供されたのは一味が練り込んである厚揚げだ。
醤油を少し垂らしてパクリ。
おっ、こりゃかなり辛い厚揚げだ。
でもね…
厚揚げが300円なので、それを頼んで目の前にある七味をかけた方がリーズナブルだと思った。

TORIMOTO (4)

それにしても、350mlのペットボトルを利用した七味唐辛子入れは良いアイディアだねぇw

TORIMOTO (3)


◆里芋ポテトサラダ¥300
青海苔がチラホラかかったポテサラ。
長年生きて来たけど里芋のポテサラは初めてだ。
ねっとりヌメヌメした食感、想像通りの味わいだ。

TORIMOTO (6)


すぐ後ろのテーブル席では8名ぐらいが宴会中。
その中の1人のオッサンが、ホール担当の人に…

「キミ、笑顔は無いの?」

「もっと明るく接客した方がいいよ」

などと言っている。
酔っ払いのストレスのはけ口にされたスタッフは堪ったもんじゃない。

すぐさま「すいませ~ん!」
スタッフを呼んで2杯目のドリンクをオーダーした。

メニューの中に海鮮カレーライス¥800を発見。
しかもルーのみ¥400やルーとパン¥500という魅惑的なメニューまである。
カレー好きには堪らないアイテムなんだけど…
自宅に帰ったら夕飯はカレーライス(2日目)なので次回のお楽しみにしよう。

banpaiyaogi (35)


         




        食べログ グルメブログランキング
丸千葉 南千住/相変わらずサイコーな酒場♪

今宵は南千住の有名店で飲み会。
その前に「大林(老舗の酒場)」で軽くZERO。
居心地よい空気にどっぷり浸かっていたら…
時が経つのを忘れてしまい気づいたら集合時間の3分前だぁ‼️

慌てて会計、ダッシュで目的の店に向かった。

■丸千葉
maruchi2020 (1)


店に入ると宴会やってたお客さんの片付け中だったのでギリギリセーフ。

久しぶりの丸千葉、相変わらず大盛況だ。
やっちゃん少し年取った感じだけど元気よく切り盛りしているねぇ。

各自好きなドリンクを注文して…


maruchi2020 (4)

カンパ~イ♪
(料理は某S氏のレビューをコピペ)

◆にら玉

◆ウインナイタメ

◆ぶり刺し

◆いわし刺し

maruchi2020A (1)


◆きつね納豆

◆茄子入り麻婆豆腐

◆フライ盛り合わせ

◆かつ煮

◆トンカツ

maruchi2020 B(1)


◆焼きそば

maruchi2020 (22)


◆チャハン

maruchi2020 (28)


どの料理もボリュームあってとても美味しい。
さすが丸千葉といった味わいだ。
金宮のボトルを入れてホッピーをガブガブ。
このメンバーで盛り上がらないワケがない。
いろんなイベントに話が飛び出したけど、最終的にはアッチ系の話になっちゃうんだよね。

メッチャ楽しかったよ、幹事さんありがとう♪

※誰が作ったのか分からない「金宮の味噌汁割り」は全て飲み干しました。

maruchi2020 (31)


         




        食べログ グルメブログランキング
大将二号店 高円寺/高円寺名物BCT(ビールケーステーブル)

ビールケースをテーブルや椅子代わりにしている店をたまに見かけるけど…
特に高円寺は凄いと思う。

taisyo2gou (1)

そんな高円寺の中で一番ビールケースが目立つのが老舗の大将。
高円寺に3店舗ある。
左の入口から入ったら満席、右の入口から入るよう言われた。
厨房を挟んで両サイドに客席がある変則的な造りなんだね。

■大将二号店
taisyo2gou (13)


「酒と女は2ゴウまで」という孔子の教えがあるほど、男は2ゴウが大好きだ。

taisyo2gou (10)


カンパ~イ♪
さぁ3人で楽しくやりましょう。
大将と言ったら先ずは焼き鳥だね。

◆ヒナ肉¥120
旨みがギュッと詰まったジューシーなヒナ肉。
タレは程よい甘さで丁度いい。

taisyo2gou (9)


◆つくね¥140
残念ながら大好きな“つくねチーズ”がメニューに載ってなかった。
やはり三号店オリジナル料理だったのか。
それでも大将のつくねはウマイよ。

taisyo2gou (8)


◆スタミナ豆腐¥480
あんかけ風でボリュームたっぷり。
濃厚な味わいにガッツリとニンニクが効いてホッピーが進むクン。
「大将二号店名物」と書いてあるので二号店オリジナル料理だと思う。

taisyo2gou (5)


◆ナポリ焼そば¥580
このメニューを見て頼まない人の気が知れない。
提供されたのはケチャップ味の焼きそばだ。
焼きそばも食べたいしナポリタンも食べたいという欲張りさんにオススメ。

taisyo2gou (4)


活気に満ち溢れた店内は昭和の酒場そのもの。
おまけにBGM(バックグラウンドミュージック)も昭和歌謡祭りだ。
こういった老舗は温かみがあって落ち着くね。

高円寺に大将あり、四号店はいつできるのかな?

taisyo2gou (12)


         




        食べログ グルメブログランキング
大林 南千住/昭和の空気に包まれながら静かに飲む

今宵は南千住で6名の飲み会にお誘いを受けた。
せっかく南千住まで来たんだから軽く2軒ほどお立ち寄り…

ドヤ街にある淀屋酒店で角打ちを楽しんだ後は、ずっと前から行きたいと思っていた渋い酒場に付き合ってもらった。

■大林
obayashi (4)

惚れぼれするステキな外観♪
店内では一切写真を撮れないので、外観写真だけが命なのでバシバシ撮った。
暖簾をくぐりさっそうと店内へ…

うひゃ~、めっちゃ渋い!
昭和の空気が漂う落ち着いた空間。
老舗大衆酒場ファンには堪らない店だ。
壁も天井も。
カウンターも椅子も。
ご主人も厨房にいる二人のおばちゃんも。
全て昭和の遺産といった感じだ(失礼)

先客は2人のおじさん。
L字型カウンターの両端に座り、2人とも本を読みながら静かに飲んでいる。
ならばウチらはL字の直角の部分に座ろう。

老舗の酒場は独特なルールや空気がある。
その空気をぶち壊しにする輩(やから)は、酒飲みの風上にも置けない。
郷に入ったら郷に従う。
それがお互いに酒場の味や雰囲気を楽しむ秘訣だ。
ここでは騒いだり写真を撮るのはご法度。
静かに酒を嗜む大人のお店。
エロトークしてゲラゲラ笑うのは次の店に取っておこう。

(静か~に)カンパ~イ♪
ワイガヤ系の店は大好きだけど、こういった静かな店でしっぽり飲むのもいいね。

◆ニラ玉子炒め
くぅ~、写真撮りてぇ~!

◆いり豚
ここにも“いり豚”があった。
いり豚といったら食堂飲みの定番料理だ。
ケチャップ味やカレー味があるが、こちらはケチャップ風味の素朴な味わい。

いゃぁ、この店の雰囲気はサイコーだなぁ。
居心地がいいので、ついつい長居しちゃうよ…
おっと~!
約束の時間まで3分になっちまった。
慌てて会計して本チャンの店に向かった。

再訪確実。
次回また丸千葉で飲み会があったらここで長めのZEROしよう。


         




        食べログ グルメブログランキング
酒亭 玉河 立川/立川といったら玉河でしょ♪

ららぽーと立川立飛で買い物が終わり。
次はお楽しみランチタイム。
ららぽーと内の飲食店はどこも混んでいるのでモノレールに乗ってJR立川駅まで戻って来た。
さ~て、どこで食べようかな?
食べログアプリで調べようとした瞬間、あの店が頭に浮かんだ。

■酒亭 玉河 立川
tamagawan (23)

立川駅前にある飲める食堂。
看板には「立川一お気楽な店」と書いてある。
店内の雰囲気は“所沢の百味”同様100点満点。
うーんワクワクするねぇ。
居酒屋が嫌いな嫁さんも、この店はセーフのようなので良かったε-(´ᗜ`)

tamagawan (3)


さすがに昼飲みは許されないのか?
母親の厳しい目が向けられているので娘逹は妊娠してないのにノンアルだ。

tamagawan (1)飲んでいいのはお父さんだけ♪
おっさんで良かったε-(´ᗜ`)
瓶ビールはサッポロ赤星大瓶、これを置いてる店は大好きだ。
お言葉に甘えてガバガバ飲もうっと。

◆あじ刺身¥480

◆豆腐サラダ¥480

◆シシャモ¥430

◆イワシ刺身¥450

◆おでん¥620

TAMAGA


◆焼そば¥530

◆ポテトチーズ¥480

◆キクラゲの玉子炒め¥500

◆竹の子とピーマンの豚肉炒め¥510

TAMAGHA2


さすが玉河さん、どの料理も熟練の味わいで旨いね♪

飲み目的の客と食事目的の客が混在する空間。
この素敵な雰囲気がうまさを3割増しにしてるんだと思う。
調子に乗って日本酒もガブガブ。

ド酔っ払いのお父さん一丁上がり~!
ランチ目的で入ったのに、食べた料理を見ると殆どツマミ系だ。
家族に悪いことしちゃったな(^ ^ゞ

tamagawan (24)


         




        食べログ グルメブログランキング
九州ラーメン 銀嶺 武蔵小山/とんこつカレーのアタマ

無事、晩杯屋全店コンプリートできて上機嫌の2人。
2軒目は先週ムサコの飲み屋で知り合った人逹との約束を果たすべく、その人逹が経営する店へ。

コンプリートを見届けてくれた宮ちゃんに店名を伝えると、食べログアプリで検索してくれた。
地図を見ながら店に向かう宮ちゃん。
その後に着いていくコンプリーター2人。

店はかなり遠いようで中々着かない…
しばらく歩いたところで宮ちゃんから信じられない言葉が!

「店がどんどん遠ざかって行きます」

スマホの地図を確認すると…
なんと、正反対の方向に歩いていた事が判明w
全員酔っ払っているので仕方がないね。
来た道を戻りながら、なんとか店に着く事が出来た ε-(´ᗜ`) ホッ

■九州ラーメン 銀嶺
ginrein (2)

ここ懐かし~い!
以前、㈲ガクチ観光の武蔵小山編で連れてきて貰った店だ。
九州ラーメンと書かれているけど、実態は飲める中華だ。
常連のみなさん中華のツマミを食べながら、まったりと飲んでいる。

カンパ~イ♪
店主に挨拶をすると先週の事を覚えてくれていた。
ワンオペなので瓶ビールはセルフで取ります。

◆中華奴
紅生姜を添えたら冷やし中華みたいなビジュアルになった。
胡麻油が効いた中華風のヤッコはビールの良いツマミになるねぇ♪

ginrein (8)


◆餃子
ginrein (10)

餃子はうまいね~♪
毎日食べても飽きがこない旨さ。
とは言っても…
実際に毎日食べたら絶対に飽きるね。
いつだったか…

美人は三日で飽きる。
ブスは三日で慣れる。

という格言を聞いた事がある。

◆にら玉
半熟とろとろのニラ玉だね。
ニラの風味が玉子とマッチしてとっても旨い。

ginrein (14)


◆レバーニラ炒め

ginrein (15)


◆トンコツカレー
こんなメニューがあったら頼むっきゃないでしょ。
ライスはいらないのでアタマだけ注文。
辛口好きには物足りないかもしれないけど、豚骨のコクがあってうまいルーだ。

ginrein (16)


途中からお茶割りに切り替え。
このお茶割りが濃くてメッチャ旨~い。

今度、神奈川県のオフ会に呼んで頂けるそうなので楽しみが増えたぞ~♪

〆に九州ラーメンを食べたかったけど、お腹がパンパンなので次回のお楽しみにしよう。
帰り際
「お父さんは九州出身なのですか?」と伺うと…

「いえ、茨城県出身です」との事。

ginrein (17)


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
三忠食堂 赤羽/大好きな食堂飲み♪

大好きな“食堂飲み”
美味しいおかずをアテに飲むのは最高だ。

各地に点在するときわ食堂(オムニバス)

新丸子の三ちゃん食堂

川崎の丸大ホール

亀有の常盤仙食堂

板橋の一龍食堂

成増のやまだや

大塚の天平食堂

十条の天将

十条の三忠食堂

高円寺の七面鳥

方南町のヤシロ食堂

新宿の長野屋食堂

浅草の水口食堂…etc

今まで数々の「飲める食堂」に行ってきた。
そして今回。
赤羽飲みの2次会で飲める食堂に行く事になった。

■三忠食堂
sanchuaka (2)

目立つ黄色い看板、赤羽にも三忠食堂があった。
十条の三忠食堂は駅前の再開発で閉店しちゃうんだって。
あの雰囲気サイコーだったのに残念だなぁ…

普通の食堂は食べる人の方が多いので静かに飲まなきゃならないけど…
「飲める食堂」は意外と騒がしいので安心だ。
駄菓子菓子!
ここは殆どが1人客なのでシーンとしている。
飲んでる人もいるけどテレビがお友達といった雰囲気だ。

sanchuaka (4)


カンパ~イ♪(少し小声で)
さっそく食堂飲みを楽しもうじゃないか…

◆ハムエッグ¥400
これを頼まなきゃ始まらない。
食堂飲みの定番中の定番。

sanchuaka (7)


◆メンチカツ¥360
ふっくら揚がった衣の食感がいいねぇ。
中からジューシーな肉汁がほとばしる。

sanchuaka (11)


◆マカロニサラダ¥200
ポテサラかマカサラか?
意見が分かれるところだけど、最近はマカサラの方が好き。

sanchuaka (5)

◆北海のたこ唐揚げ¥450
くにゅっとした食感がいいねぇ。

sanchuaka (9)


◆焼きそば¥580
柔らかくモチモチした麺、ソースの味も懐かしい。

sanchuaka (13)


どの料理もハイクオリティーで酒のアテにバッチリ。
途中から数名の飲み客が入って来たので、安心して会話を楽しむ事が出来た。

なんで食堂飲みが好きなのか?
それはね。
ご飯のオカズになる料理(惣菜)は酒のツマミにピッタリだから。
しかも食堂は料理がメインなのでハズレはほとんど無い。
食事メインの人と飲みがメインの人が混在する雰囲気が、堪らなく好きなんだよねぇ~。
若者からお年寄りまで、いろいろな人が利用する大衆食堂。
酔っ払って大騒ぎするのはご法度ですよ。

sanchuaka (16)


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
牛太郎 武蔵小山店/タイミング

ずっと前、㈲ガクチ観光で連れてって頂いたお店。
素晴らしい雰囲気だったので、いつかは再訪したいと思っていた。
そんな矢先、武蔵小山で飲み会が入ったのでRちゃんと2人でZERO…


■牛太郎 武蔵小山店

gyutaro (11)


ここだよ、ここ。
前回は一時間ぐらい待ってようやく座る事ができたけど、今回は目の前のカウンター席が2人分空いていた。
広い厨房をぐるりと囲むコの字型カウンター。
ご主人と女将さんが忙しそうに、そしてゆっくり切り盛りしている。

ローカルルールでは“注文を促されるまでは注文してはいけない”と聞いていた。
入店してから30分ぐらい経っただろうか?

2人でボーッと座っているのは分かっているはずなのに…
一向に注文を取りに来てくれない。
もたもたしていたら飲み会の時間に遅れてしまう…
よし、勝負だ!
ご主人の手が空いたと思われるタイミングで思い切って言ってみた。

「すいません、注文いいですか?」

「はいどうぞ」とご主人。

良かった~ ε-(´ᗜ`) ホッ   
 写真の許可も貰えたので数品オーダーしてカンパ~イ♪

◆スパゲティサラダ

gyutaro (2)


◆ポテトサラダ

gyutaro (7)


◆つくね

gyutaro (6)


ササッと飲み食いしてお会計。
滞在時間の7割は待ち時間だったかも。
なんとか遅れずに本チャンの店に着く事が出来た。

-----------------------


そして今回。
Pエロさんと晩杯屋コンプリート(全46軒)の記念すべき日。
武蔵小山に新しくオープンした「武蔵小山駅前店」に行けば完全制覇だ。
祝杯を上げる前のZEROとして再びこの店にやって来た。


■牛太郎 武蔵小山店
gyutaro2 (1)
   
看板の灯りは点いてないけど、暖簾がかかっているので営業中だ。
鞄とコートを長椅子に置き、空いているカウンター席に座った。

前回みたいな事にはなりたくないので、女将さんが目の前に来た絶妙なタイミングで…

「すいません注文よろしいですか?」と言うと。
「はい、どうぞ」と言われた。

良かった~ ε-(´ᗜ`) ホッ

gyutaro (3)


ビールdeカンパ~イ♪

◆とんちゃん¥130
まずは牛太郎名物のとんちゃんから。
いろんな部位が煮込まれている。
添えられた辛味噌の旨いこと。
ニンニクと生姜がガッツリ効いた味噌はピリ辛でとんちゃんの味を際立たせてくれる。

gyutaro (5)


◆かしら¥110
塩で注文。
大好きなカシラを頬張りながら生ビールをグビグビ…
これぞ至福の時♪

gyutaro (10)


◆つくね¥210
プレーンと大葉をタレで注文。
大葉は1本しか残っていなかったので2人でシェア。
丁寧にこね上げられた手作りつくね。
焼き加減も丁度よくふんわり柔らか、甘めでコッテリとしたタレとの相性もいいね。 ボリュームあってメッチャうまい。

gyutaro (8)


17時15分で暖簾を片付けるご主人。
閉店時間も早いんだねぇ。
とっても安くて旨くて雰囲気が良いお店なんだけど…
注文のタイミングがとても難しい。
小心者は一生注文が出来ない雰囲気だ。


ササッと飲んで食べてお会計。
さ~て、いよいよ2人揃って46軒目の晩杯屋だ。
コンプリート記念にたくさん食べようっと♪

※晩杯屋に行ったら定休日だった事は内緒です (-д-。)


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
大衆酒場 亀屋 千歳烏山/チトカラde親ビン会

今宵はチトカラで親ビン会。
0次会で軽く喉を潤してから指定された店に向かう…

■大衆酒場 亀屋
kameya09 (1)


千歳烏山駅からダッシュで5秒、昔ながらの居酒屋だ。
先ごろまで入院されていたというご主人(ゴルゴ)、前回より痩せた感じだけど元気に厨房に立っている。

1番奥のテーブル席で待機していると親ビン登場。
ホッピーを注文して…

kameya09 (6)


カンパ~イ♪
プハァ~、ホッピージョッキで飲むと旨さが違うね♪
ホッピーを頼んでホッピージョッキで提供される確率は6%ぐらいだと思う(ぽぱい調べ)

◆心太(お通し)
お通しで心太は珍しいね。
ひょっとしたら人生初の体験かもしれない。
あ、心太は「ところてん」と読みます。

kameya09 (7)


ツマミは親ビンにお任せ。
すると大量の串焼きが登場。
さすが親ビン、注文も豪快だw

kameya09 (8)


◆かしら(大量)

◆しろ(大量)

◆つくね(大量)

◆ねぎま(大量)

◆タン(大量)

◆厚揚げ

kameya09 (11)


kameya09 (9)


kameya09 (12)


この日は親ビンの誕生日パーリーのはずだったんだけど…
相変わらず親ビンの一人舞台。
メンバーにも恵まれ、ゲラゲラ笑ってとても楽しい時間を過ごす事が出来た。

居心地のいい亀屋さん、ついつい長居しちゃう店だ。

ゴルゴにおかれましては健康に留意され、末永く店を続けて頂きたいと切に願います。


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
居酒屋 錦山 中井/ハーレム、酒池肉林、貝ざんまい

飲み会にお誘いを受け西武新宿線の中井駅へ。
福しんで軽くZEROってから本番のお店に向かう。
みんなで神田川沿いの歩道をテクテク歩いて行くと…

■居酒屋 錦山
kinzan (3)


どこか懐かしい居心地の良い空気が流れる酒場。
ご主人も女将さんもざっくばらんで優しい感じだ。

各自好きなドリンクを注文して…
カンパ~イ♪

kinzan (11)


金○の砂下ろしをツマミながら壁に書かれた豊富なメニューを拝見。
飲ん兵衛ごころをくすぐるネーミングが豊富にラインナップ。

kinzan (9)


◆お刺身ちょっと盛¥780
盛られた刺身はマグロ、ネギトロ、甘海老、カンパチ、鯛、イカ
どの刺身も鮮やかな色で新鮮さが伝わってくる。
これで780円とは素晴らしいコスパじゃないか♪

kinzan (14)


◆貝ざんまい¥980
ハーレム、酒池肉林と同義語。
なんとも羨ましい料理名だと思う。
盛られた貝類は赤貝、とり貝、つぶ貝、姫さざえ…etc
でもね。
貝みたいなのは好きだけど、本物の貝は苦手なんだよねぇ(^_^;A

kinzan (16)


◆ゴーヤチャンプル¥480
ゴーヤの苦味とマイルドな玉子の組み合わせがサイコー。
苦みの中にも独特な香りが生きている。

kinzan (13)


◆たこのみ焼き¥380
ナイスなネーミング!
メニューを見た瞬間頼みたくなった。
思った通り、お好み焼きの中にタコが入ったヤツだ。
※タコだけ焼いたヤツじゃなくて良かった…

kinzan (18)


◆串カツ 1本¥230
やっぱり揚げたてがサイコー。
フーフーしながら食べるのがいいね。

◆山芋の素揚げ¥480
シコシコとした歯応えがとても新鮮。

kinzan (12)


◆おしんこ¥280
カリコリ噛んで口直しにピッタリ。

kinzan (20)


◆インディアン炒飯¥550
このネーミング、頼むっきゃないでしょ!
店内に漂うカレーのいい香り。
目の前に届いたカラフルなカレー炒飯だ。
スパイスが効いてうんめぇぇ~♪
カレーとチャーハンが好きな人は絶対に頼むべき。

kinzan (22)


あ~、楽しかったね♪
途中からの記憶はあまり無いけど、楽しかった事だけは覚えている。

朝が早いオイラはここで帰宅。
みなさんは東中野のおでんカラオケに行ったようだ。


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
大将 三号店 高円寺/つくねチーズが絶品(2回分)

高円寺麦酒工房の2次会で利用した店。
レビューを書かずサボっていたら、きど藤の2次会でも利用する事になった。
なので今回は2回分まとめてレビュー。

■大将 三号店
taisyou09 (4)

taisyou09 (3)

高円寺に3軒ある焼き鳥チェーン、*ドミナント戦略中だ。

カンパ~イ♪
taisyou3 (4)

taisyou09 (7)


1回目は3人、2回目は6人で入店。
頼んだ料理は…

(1回目)
・つくねチーズ
・マカロニサラダ
・豚バラ串

(2回目)
・枝豆
・レバー
・タン
・つくねチーズ
・モヤシ肉みそ
・トマトオニオン
・鶏皮ポン酢
・ハムエッグカツ
・マカロニサラダ


taisyou3 (8)

taisyou09 (8)


taisyou09 (12)


taisyou09 (14)


taisyou3 (9)


どの料理も酒の肴には最適なものばかり。
中でも“つくねチーズ”が最大のヒット♪
熱々のつくねととろけるチーズは抜群の相性。
できたら10本ぐらい食べたい。

高円寺と言ったら焼き鳥大将。
仲間でワイワイやる時にバッチリな店だ。

*ドミナント戦略とはチェーンストアが地域を絞って集中的に出店する経営戦略。
同一商圏内で市場占有率を向上させて独占状態を目指す経営手法。

中野北口に5軒ある四文屋。
焼きとんの四文屋、魚の四文屋、牛の四文屋、串揚げの四文屋、鮨のせいざん。
それぞれ違った業種で勝負しているけど、大将は3軒とも同じ業種(焼き鳥屋)だ。
3軒の大将はそれぞれ何度か利用した事があるけど、メニューの違いを気にした事がない。
店によってメニューに特徴があれば楽しいのにね。


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
まるよし 赤羽/つちよし

赤羽飲んだくれツアーvol.?
この10年間、赤羽で何回「飲んだくれツアー」を開催した事だろう?

今回は“きちん”と原点を振り返ろうというツアーになり、立ち飲みいこいの次にコチラにやって来た。

■まるよし
maruyoshi05 (13)


活気のある店内は雰囲気抜群。
“よしん”ば改装する前の方が良かったけど改装してからも相変わらず良い雰囲気。
壁一面に貼られたメニューは圧巻、どの料理も安いねぇ。

maruyoshi05 (2)


ホッピーdeカンパ~イ♪
初めての人がいるので名物のきゃべ玉は欠かせない(CP悪いけど)
そんな中、みそポテトと言う秩父名物のツマミは“きっち”り旨かった。

◆煮込み¥360
maruyoshi05 (3)


◆ガツポン酢¥270
maruyoshi05 (5)


◆キャベ玉(大)¥360
maruyoshi05 (10)


◆厚揚げ¥270
maruyoshi05 (7)


◆焼きとん各種¥90
maruyoshi05 (9)


◆秩父名物みそポテト(6個)¥280
maruyoshi05 (11)


暖簾に書かれた文字は口の上が「士」でななく「土」の「よし」    
この漢字はスマホで「きち」や「よし」で変換しても出てこない。
では、どうしたら「」と出るのか?

“ある言葉”を変換すれば一発で出てくる。
ヒントはこのレビューの中にあるので興味のある方は変換してみて下さい。


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
まくらとよかつ 恵比寿/まくら?とよかつ?

老舗の酒場には独特なルールのある店が多い。
食べログを始めたばかりの頃、噂に聞いていた店が…

赤羽岩淵の米山、東十条の埼玉屋、立石の宇ち多゛、魚三酒場…etc
そして恵比寿のまくらとよかつ。

「独特なルール=めんどくさそうな店」
といったイメージがあるので敬遠していた。
しかし、実際に行ってみると良い店ばかり。
老舗ってルールさえ守れば居心地バツグンなんだよねぇ♪

この日は恵比寿で飲み会。
ちょいと早めに着いたので1人でZEROしよう。
恵比寿と言ったらこの店だ…

■まくら とよかつ
makura (36)

昭和21年創業。
前から行ってみたいと思っていた老舗の酒場。
まくら?
とよかつ?
何とも不思議な店名。
はたしてどんなルールがあるのやら?

makura (35)


緊張しながら店内へ…
厨房を囲む変則コの字型カウンターに昭和の丸椅子。
老舗ならではのオーラが漂っている。
焼き台にはご主人、女将さんから中央付近の席に案内された。
殆どの客がホッピーを飲んでいる。
ドリンクを促されたのでメニューを拝見。
サッポロ赤星(大瓶)があるじゃないか。
ホッピーは後にして瓶ビールを注文。

シュポッと良い音を響かせ栓を抜く女将さん。
ビールを提供されると同時に焼き物のオーダー。

makura (6)


「焼き物の追加注文は出来ませんので」と女将さん。

そう、この店のローカルルールがこれ。
たったのこれだけなのだ。
ZEROなので軽く数本注文。

makura (9)

しばらくすると隣に常連らしきおじさんが座った。
ホッピーを注文後…

「かしら2、まくら3、なんこつ・れば・はつイチイチイチ」
まとめて8本注文、かなり慣れた言い方だ。

makura (3)

◆まくら¥150
これが“まくら”かぁ。
これに頭を乗っけて寝るとグッスリ眠る事が…
(x_x;)☆\( ̄ ̄*)バシッ!
出来るワケねーだろ!

まくらの正体は挽肉をニラでグルグル巻きにした串。
ニラの風味とジューシーな肉のハーモニーが楽しめる逸品だ。

makura (18)


◆かしら¥130
珍しいネギマのかしら、弾力のある噛み応えが堪らない。
長年継ぎ足された秘伝のタレは甘くなくて丁度E。

◆なんこつ¥130
コリッとした食感がいいね。

◆たん(塩)¥130
シャキッとした歯応え、噛み締める度に旨みが湧き出す。

さて、ビールの次はホッピーだな。
目の前にホッピージョッキとホッピーがトンと置かれた。

「ホッピー1本全部入りますから」と女将さん。
焼酎だけ入ったジョッキにホッピーを注ぐとピッタリ満タンになった。
ここは3冷ホッピーも名物のようだ。
大好きなカシラとタンを頬張りながらホッピーをグビグビ。
う~ん、冷えててうめぇ♪

makura (23)


◆お新香¥250
キュウリのおしんこ、パリポリ美味しいね。

makura (14)


焼き物が一段落ついたのか、常連客と談笑するご主人。
笑顔の女将さん。
この店は優しい空気が漂っている。

想像していた堅苦しいイメージなど微塵もない。
ここはいい店だぁ♪
やっぱり老舗は落ち着くね。

“まくら”は串焼きの名前という事が分かったけど…
最後まで“とよかつ”の意味が分からなかった。


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
大鵬 野毛店/巨乳、大鵬、生姜焼き

野毛はしごツアー。

立ち飲み中華で盛り上がった一行。
ぴおシティを後にして野毛に上陸。

(お~野毛だぁ、懐かしいな♪)

飲み屋が軒を連ね独特な雰囲気が愉しい野毛…
はしごツアーは これからが本番だ。
魅惑の飲み屋街をグングン進むPエロさん。
ゾロゾロ着いて行くと予約していた店に着いた。

■大鵬 野毛店
IMG_7186


静かに佇む昭和の酒場。
暖簾をくぐり店内に入ると昼間っから飲んでる常連客が数名。
予約名を告げると小上がりに案内された。

ドリンクメニューを見てビックリ!
焼酎の銘柄がズラリと書いてあるんだけど…
粕取り焼酎の多い事!

IMG_7192


一般的な酒場だと…

芋焼酎30%
麦焼酎25%
泡盛20%
黒糖焼酎10%
米焼酎5%
その他の焼酎10%

といった感じ?
粕取り焼酎は置いてない店が殆どじゃないかな。
駄菓子菓子…
コチラは粕取り焼酎が60%ぐらい占めているのだ。
女将さんに伺うと、やはり粕取りに力を入れているとの事。

よっしゃ!
郷に入ったら郷に従うタイプ。
半数が郷に従い粕取り焼酎(つんぶり・えん・無法松)をロックで注文した。

IMG_7198

カンパ~イ♪
久々に飲んだけど粕取りも意外とイケるね。
特に吟醸香のする粕取り焼酎は吟醸酒を飲んでる気分になれる。
しかも焼酎なので安価だ。

◆刺身盛り合せ(3人前)
マグロ・黒鯛・さざえ・宗八カレイ・黒ソイ…etc
切り身に山葵をちょいと乗せ醤油に着けると…
醤油の表面に脂が膜となって滲む。
どの刺身も適度に弾力があり魚本来の旨みを感じる~♪

IMG_7190


◆フライ盛り合せ(2人前)
どっひゃ~、ナニコレ!?
てんこ盛りの揚げ物が届いた!
これで2人前って冗談でしょw

IMG_7201

揚げ物は大好きなのでパクパク食べたけど減り方が弱い…
それもそのはず。
食べているのはオイラとハマの女王様だけ。
それにしてもハマの女王はよく食べるね。
喰いっぷりの良い女性は大好きだ。

IMG_7206


◆ポテトサラダ
これまたエベレスト山みたいなポテサラ登場だ。
手作り感満載、じゃがいもの甘み、マヨネーズの優しい酸味のバランスが良い。

IMG_7204


◆豚しょうが焼き
濃い目の味付けでご飯が欲しくなる。
横浜だけにハマる味わいだ。

IMG_7208


さて、案内役のPエロさんがベロンベロンになったところでお会計。
魅惑の野毛はしごツアーはまだまだ続く…


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
大将 本店 高円寺/高円寺を代表する飲み屋と言ったら?

飲ん兵衛に質問!

Q.高円寺を代表する飲み屋と言ったら?

おそらく誰もが答えるであろう店にデートで利用。

■大将 本店
taisyou1 (7)


JR高円寺南口駅前に君臨する大将のビル。
店前に並ぶビールケースを利用したテーブルは高円寺の風物詩にもなっている。
店内は満席なのでテラス席で飲む事に…

taisyou1 (18)


赤星deカンパ~イ♪
あ~気持ちいい。
爽やかな風がそよぐテラス席は最高のロケーション。

taisyou1 (13)

左を向けば中央線や総武線が走っている。
駅に向かって歩く人を眺めながら飲むのも楽しいね。
これは高円寺だから出来る事…
中野でやったら誰に見られているか分からない。

taisyou1 (15)

◆つくね¥130×2
焼き加減も丁度良くふんわり柔らかなつくね。
旨みがギュッと詰まっている。

◆ネギヒナ¥120×2
香ばしく焼かれたヒナ鳥は柔らかな食感。
ここのタレはちょい辛でいい塩梅だ。

◆ポテトフライ¥400
そのままでも十分旨いけど
ケチャップを着けるともっと旨くなる。

taisyou1 (9)

途中で純米酒¥330に切り替えだ。
「大将」と書かれた大きなお猪口に注いで貰って再び…

カンパ~イ♪
この日はミキティといろんな話をしたねぇ。
次回は変装(ズラ&サングラス)して中野で一杯やろうか。


taisyou1 (114)


考えてみたら…
この店は「エロレビュアーの会」の0次会で訪問した覚えがある。
エロレビュアーの会を調べてみたら2016年1月に開催されていた。

あれから3年半が経つのか…
女のパワーに男性陣はタジタジだったのを覚えている。
女性の方が100倍エロいという事が分かった衝撃の一日!
世界の人口が75億人を超えているのは…
それが原因だったのか。


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
山家 支店 渋谷/時間帯によって値段や料理が変わるシステム

渋谷飲みの2軒目はどこに行こうかな?
駅の近くをうろうろしていると…
連日「濃霧注意報が発令されている地域」に一際目立つ黄色い看板がっ。
そうだ、渋谷にはこの店があるじゃないか!

■山家 支店
yamaga (39)

渋谷で山家(やまが)を知らない人はモグリと言われるほど有名な酒場。
渋谷は昔から若者の街と言われているけど…
この店で飲んでる人は昭和生まれが多くほぼ満席。
こういった老舗のスタイルはオッサンには落ち着くんだよね♪

yamaga (44)

ホッピーdeカンパ~イ♪
1軒目はお洒落な店だったけど、やっぱりオイラはこういった店がお似合いさ。
さっそくメニューを拝見すると…

9時~14時45分メニュー
15時~22時30分メニュー
23時~8時30分メニュー

yamaga (321)

時間帯によって値段や料理が変わるシステム。
マカサラとナポリタン…etc
メニューには書いてあるのに今の時間は注文できないんだって。
食べたい料理が頼めないのは悔しいけど…
メニューは豊富にあるので頼めるツマミを注文。

◆モツ盛り¥590
カシラ・シロ・タン・レバー・ハツの盛合せ。

yamaga (52)


◆ニラ玉¥590
ここのニラ玉はまぁるい玉子焼きタイプ(白胡麻がトッピング)

yamaga (50)


◆焼きそば¥650
青海苔と紅生姜でビジュアルいいねぇ♪
具だくさんで美味しい焼きそば。

yamaga (65) - コピー


◆茄子一本漬け¥370
茄子の漬物にカラシが添えられている。
キュッキュッという歯ごたえが楽しい、カラシが良い仕事をしている。

yamaga (64)


宴も高輪プリンスとなった頃…
突如会計を求められた。

そうか、これから深夜メニュー(23時~8時30分)になるんだね。
そのまま飲み続ける事も可能だけど丁度いい頃合いなので帰ろうか…

この店のメリットは24時間営業。
終電逃した時や早朝から飲みたい時などに便利な酒場だ。


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
壱番隊 蒲田/昔懐かし定食や

蒲田飲んだくれツアー。
2軒ハシゴしていい調子になった♪

次の店を目指し歩いていると…
アーケードを抜けた角地にメッチャそそられる食堂があった。
「昔なつかし定食や」と書かれた暖簾がいいじゃないか♪
食堂飲みは大好物。

(よし、ここに入ろう!)と思ったんだけど満席で撃沈…
それから1時間後。
バーボンロードで日本酒を飲み、さっきの店に戻って来た。
中を覗くと席が空いてるじゃないか!

■昔なつかし定食屋 壱番隊
mukasinatukasiya (17)

店名もいいねぇ♪
厨房を囲むように変則コの字型カウンターがぐるり。

mukasinatukasiya (3)

カウンターは2段になっていて、上段には大皿料理がずらりと並んでいる。
中でも肉じゃががメッチャ旨そうだ。
先客を見ると全員が飲んでいる。
そう、ここは飲める食堂なのだ。

mukasinatukasiya (16)

各自好きなドリンクを注文して…
カンパ~イ♪

mukasinatukasiya (7)

4軒目だけど店が変わればアルコールはリセットされる。
はずなのに…
記憶が曖昧なのは体調が悪かったのかな?

◆肉じゃが

mukasinatukasiya (15)

◆スパゲッティサラダ

mukasinatukasiya (11)

◆玉子焼き

mukasinatukasiya (9)

◆鯵の干物

mukasinatukasiya (13)

◆手羽煮もの

mukasinatukasiya (10)

◆切り昆布の煮付け

どの料理も家庭的でホッとするような味わい。
こういった優しい味は年齢を重ねるごとに好きになる。

昭和の雰囲気満載、気取らずに飲食できるアットホームな食堂。
常連客が多そうな雰囲気だけど我々にも優しく接してくれた。
こういった店で食べると料理が1.5倍うまく感じるねぇ♪

風情ある佇まい、蒲田の街なみに自然と溶け込んでいる。
その雰囲気からかマスコミにもよく登場するそうで…

下町ロケット(ガウディー編)のロケ地でもあったそうだ。
そういえば1軒目で利用した晩杯屋蒲田西口店も「大恋愛」のロケ地だった。
やるなぁ蒲田!
ブレイク中の夢屋まさるも蒲田をディスッているし…

今や蒲田は最も熱い街なのかも。


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
丸忠 武蔵関/うまい!やすい!しぶい!

不思議なメンバーで構成された西武線の飲み会。
武蔵関(ムサセ)の老舗で飲む予定が、何度も臨時休業…
ご主人の体調が心配だ。

そして今回、再々チャレンジの日にちが決まった。
当日、営業してくれる事を祈りながら過ごしていると…

愛知県のラキテンさんから「東京に行くので遊んで欲しい」と連絡が来た。

ラキテンさんと言えば以前“こんな出来事”があった。
cheeのオフ会デビュー日に…
「東京に行くので遊んで欲しい」と来たのだ。
禁断のダブルオフ会はメッチャ面白かったw

今回ラキテンさんが「遊んで欲しい指定日」はムサセの日だった。
ラキテンさんの参加が決まり楽しみが増えた。

そうなると心配なのは(予約できない)老舗の酒場だけど…

当日、ムサセ特派員から「昨日確認に行ったら営業していました」と朗報が届いた。
はたして「三度目の正直」となるか…
「二度ある事は三度ある」のか?
どっちかだ。

夜になりムサセ駅で降り角を曲がると…
赤提灯と看板に明かりが灯っている。

■丸忠
10251

お~、やってて良かった♪
「三度目の正直」という格言が勝った瞬間だ。

10252

店内は昭和の雰囲気満載。
気取らずに飲食できる老舗の大衆酒場。

10242

カンパ~イ♪
ラキテンさんとは久しぶりにお会いしたけど…
毎日コメントのやり取りをしてるので久々という感じがしない。
ラキテンさんとは初体験…
いやいや初対面のななぞぅは奇しくもcheeの親友だ。

「エレベーターとエスカレーターの違いが分からない」と言うレイんちゃんの意見は
置いといて…
さぁ、みんな好きな料理を注文しよう。
ここは何を頼んでも安くて旨いんだ♪

◆焼き鳥
・砂きも¥80
・とりねぎ¥80
・とりレバー¥80

10241

◆お○んこ¥150
綺麗に並んでいるね。
ご主人の丁寧な仕事ぶりが分かる逸品だ。

10246

◆とりから揚¥350
カラッとした衣と塩味の風味。
中身のジューシーさのバランスが光る逸品。

10238

◆冷しトマト¥300
マジか!
こんなに凝った冷しトマトは見た事がない。
ご主人は元フレンチのシェフという噂は本当のようだ。
冷しトマト好きなSSさんは「待ち受けにする」と言っていた。

10236

◆にら玉子¥300
前回はガーリック味を頼んだので、今回はプレーン。

10247

◆チキンカツ¥350
サクっとした衣とジューシーな鶏肉のコンビネーションが絶妙。

10240

◆なすチーズ焼¥350×2
旨かったのでもう1つ頼んだw

◆オムレツ¥300
軽くてフワフワ、優しい甘さのオムレツ。

10239

実はこの日、仕事で大ミスをしてしまい…
どうしても明朝までに終らせなければならない仕事があった。
みんなには申し訳ないけど途中で帰る事に…

高齢のご主人。
いつまでもお元気で、末永く美味しい料理を作って頂きたい。
そう思いながら店を後にし、会社までダッシュした。


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
養老乃瀧 千歳烏山店/食べログ反省会

前代未聞の0次会は爆笑のまま幕を閉じ、予約した店に向かう。
親ビンの後に続きゾロゾロ歩いて行くと…
お~ここかぁ!
ついに目的の店にたどり着いた。

■養老乃瀧 千歳烏山店
yoro (3)

ここが噂の珍獣館、来たかったんだよねぇ。
ガラガラと扉を開け予約席に向かう親ビン…
いろんなタイプのお客さんから声をかけられている。
その後ろ姿はさすが常連といった風格が漂っている。

奥まで行くと掘りごたつ式の座敷があり「予約席」と書かれている。

yoro (5)

0次会から参加した6名に加え、本日の紅一点が登場。
しかも20代のうら若き乙女だ…
こんな野獣だらけ(オイラ以外)の中に入って大丈夫かね?

各自好きなドリンクを注文して…
カンパ~イ♪

yoro (15)

初めてお会いするレビュアーさんは2人。
0次会できちんと挨拶できていなかったので改めてご挨拶。
この日の為、わざわざ大阪から来たという奇特なZooさん。
“パイ饅頭”と“すち子のねぶり”を頂いた、Zooさんどうもありがとう♪

yoro (18)

◆今日のビックリ!¥108
「本日のビックリ」は108円という安さで提供される日替わりサービス。
今日はボリューミーな厚揚げ煮。
お~これが108円は素晴らしきコスパだ、もっと食べたい♪

yoro (12)

◆チョリソー¥430
チトカラだけにちと辛いウインナーだ。
誰だ?先っちょにマヨネーズ付けていたずらをしたのは!

yoro (31)

◆エイヒレ¥380
噛めば噛むほど味が出るのはスルメと一緒?

◆まぐろブツ¥480
ワサビを乗っけてパクリ、安定の味わい。

yoro (20)

◆焼きそば¥460
具は少なめだけど無問題。
飲みながら焼きそばが食べられるだけで幸せ♪

yoro (35)

◆ミックスピザ¥590
鉄板に乗せられて提供されたのでいつまでも熱々。
濃厚なチーズがとろ~りとろける。

yoro (38)

◆養老牛皿¥280
いわゆる牛丼のアタマ。
1977年から販売していた養老牛丼。
惜しまれつつ販売終了したけど近年復活した。
吉野家に比べ肉はビロビロ感が強くしょっぱい味わい。

yoro (33)

この日の主旨は食べログ反省会。
親ビンによると食べログを続けていると、いろいろ反省すべき点が出てくるというのだ。
(確かに反省しなくちゃいけない点はたくさんあるよなぁ…)

次々と自分の反省点を語る親ビン。
納得できる事(食べログあるある)もあれば…
これ親ビンしか思ってないんじゃないの?
という事柄までズンズン話している。
いろんな重荷を背負いながら活動しているので最近「食べログ鬱」になって来たそうだ…
(えっ、そうなの?とてもそんな風に見えないよ)
おおらかで破天荒、自由奔放な性格だと思っていたけど…
繊細な一面が垣間見える発言に本日2度目のビックリだ。

「さて、みんなはどんな反省点があるのかな?」
とでも聞かれるのかと思いきや…
一方的に自分の反省点を語ったらそれで終わり。
話は次の話題に突入、回りをゲラゲラ笑わせている…

とても重荷を背負ってる人には見えないよ…


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

今宵はチトカラの養老乃瀧で親ビン会。
他のメンバーは高円寺で0次会をしてから来るそうだ。
少し早めに着けそうなので親ビンに連絡。
2人で0次会をやる事になった。
よし、養老乃瀧での本番に備え打ち合わせしようかな。

kameya (3)

初めて降りる千歳烏山(チトカラ)駅。
目の前に親ビンから指定された店があった。

■大衆酒場 亀屋
kameya (4)

良い感じの廃れ具合、老舗の焼き鳥屋だ。
店頭で焼き鳥をテイクアウトしてる人がいる。

(親ビンいるかな~?)
ガラガラと扉を開け中に入ると…

「えぇ~っ!?」

「なんでチミ逹ここにいるの?」

そう。
高円寺で0次会してるはずのメンバー(4人)がテーブル席で飲んでいたのだ。

「ぽぱいさんこそ どうしたんですか?」

「親ビンとここで0次会やる約束してるんだよ」

「えぇ~っ!?」

といったやり取りをしていると…

(ガラガラッ)

親ビン登場(ドーン!)

養老乃瀧に集まるべき7人の内、6人が集結してしまった。
しかも1時間も前に…
「類は友を呼ぶ」ということわざ通りになった瞬間だ。
浪花友あれ、ここで1次会っぽい0次会が始まった。

kameya (7)

カンパ~イ♪
お通しの笹カマをつまみながら生ビールをゴキュゴキュ。

kameya (8)

一気に飲み干し、続いてホッピーセットを注文。
せっかくなので串焼きを食べてみよう。

kameya (5)

「すいませ~ん。カシラ、タン、つくねをお願いします」

kameya (15)

ご主人が焼いてる姿が見える。
なるほど、確かにゴルゴ13に似ている。
しばらくすると串焼きが目の前に届いた。

・タン¥120
・カシラ¥120

肉を噛み、串をクーッと抜く瞬間に生き甲斐を感じる。
ここのカシラやタンはウマイねぇ♪
ホッピーが進むってなもんだよ(グビグビッ!)

「すいませ~ん、ナカお願いしまっす!」

kameya (13)

あれ?
(考えてみたら つくねを頼んだのに丸い串が無いぞ?)
と思いながら3本目の串を食べてみると…

ギャー!
3本目はレバーだった(>_<)

レバー喰えねぇ…
レバノン人なのにどうすりゃいいんだよ!
親ビンのつくねと交換しちゃおうかな?

なんて事をカウンターで1人でやっていた。

だって0次会の場は親ビンの一人舞台。
オイラの出る幕なんて一つも無いんだもん…


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
洋庖丁 高田馬場店/たまに無性に食べたくなるもの

午前中の仕事を終え高田馬場駅に戻ってきた。
普段ならこのまま東西線で中野まで戻るんだけど…
高田馬場に着いた瞬間、ある料理が無性に喰いたくなった!
無性に食べたくなるものと言えば…

・二郎
・タンメン
・カツ丼
・チャーハン…etc

大好きな食べ物の筆頭はカツカレーと焼きそばだけど…
この2つはしょっちゅう食べているので無性に食べたくはならない。
大好きなのに普段食べてない料理こそ無性に食べたくなるのだ。

高田馬場駅の早稲田口を出て信号を渡る。
(頭の中で)川田スキップをしながら“さかえ通り”を進む。

■洋庖丁 高田馬場店
yobotyo (20)

昭和51年創業。
独身の頃、キッチン南海と共に大変お世話になった洋食屋。
いや~メッチャ久しぶりだなぁ。
表の券売機で目当てのボタンをポチッと押して店内へ…

yobotyo (6)

「イラーシャイマーセー!」
カウンターに着くと女性スタッフが水の入ったコップをトンと置いた。
オープン直後なので客はオイラだけ。
洋庖丁を独り占めだ♪

yobotyo (7)

暇なので友達とLINEのやり取りをしていると…
フライパンと五徳がぶつかるリズミカルな音が聞こえてきた。
厨房でご主人が豚肉をジュージュー炒めている。
わぁ~久しぶりなので楽しみだなぁ。

◆ポークからし焼きランチ¥670
yobotyo (14)

これだよコレコレ♪
洋庖丁のからし焼きは熱狂的なファンが多いんだよねぇ。
早速からし焼きをパクリ…
ピリッとした胡椒の辛さが豚肉の旨さを引き立てる。

yobotyo (18)

う~ん、懐かしき味わい♪
わが性春の味がする~。

yobotyo (17)

黒コショーが絡んだ豚肉はボリューミー。
カレー味のスパゲティも健在だ。
お新香は食べ放題、ゴマ塩もかけ放題で味噌汁つき。
これで670円というのだからメチャクチャ良心的じゃないか。

yobotyo (16)

あ~旨かった♪
よし、次回はジャンボ焼ランチを食べよう。


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

今宵は南長崎にて6人の飲み会。
指定時間に落合南長崎駅に行けば、幹事さんが店まで案内してくれる事になっていた。

店はどこにあるのかな?
ふと気になったので食べログってみたら…
なんと!
BMしている店のすぐ近くという事が分かった。
こりゃ前乗りしてBM店で0次会やっちゃおう♪
すぐさま幹事さんにLINE。
お店に直接行く旨を伝えた。

で、当日の夜。
バスを降りトキワ荘通りを進む。

ちなみにトキワ荘とは…
かつて手塚治虫、藤子不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫…etc
著名な漫画家が居住していたアパート。
「漫画の聖地」と言われているそうだ。
途中、トキワ荘の跡地を横目に見ながら進むと目的の店があった…

■軽食 なかや
nakaya (9)

老舗大衆食堂ファンには堪らない外観。
昭和の雰囲気満載だ。
店内は懐かしく居心地の良い空気。
お年を召した女将が1人で切り盛りしている。

nakaya (12)

ビールを飲みながらメニューを拝見。
カツ丼、チャーハン、カツカレー、生姜焼肉…etc

nakaya (11)とても魅力的なラインナップ。
カツカレーも興味津々だけど…
食べようと思ったらどこでも食べられる。
注文する料理は最初から決めていたのだ。

◆焼きそばライス¥500
焼きそばとライスだけかと思いきや…
みそ汁、サラダ、お新香まで付いた素晴らしき内容。

nakaya (1)

これは幻の「焼きそば定食」ってヤツだ。
これで500円とはコスパいいねぇ♪
それにしても焼きそばとライスの組み合わせは初めて見たよ。
関西にはお好み焼き定食ってのがあるらしいけど…
わが家にはさらに上を行った炒飯定食がある。
まさに炭水化物祭り、こんな祭りは大好きだ。

nakaya (2)

紅生姜と青海苔がトッピングされた焼きそばはビジュアル満点。
麺リフトしたら全部くっついて持ち上がったのはご愛嬌。
具材は豚肉とキャベツだけとシンプル、素朴な味わいだ。

nakaya (3)

サラダはキャベツとロースハム、ゆで玉子まで入ったゴージャスなもの。
マヨネーズをかけて頂いた。
(この味噌汁、コクがあって旨いな)と思ったら豚肉が入っていた。
これは豚汁だったのか~!

nakaya (7)

ライスもボリュームたっぷり。
全て平らげたら満腹になってしまった。

nakaya (4)

ラーメン1杯700円の時代…
焼きそばにライス、サラダに豚汁、お新香まで付いて500円はコスパ良すぎでしょ!

再訪確実、次回はカツカレーを食べたいな。
女将さんにおかれましては。
いつまでもお元気で、末永く料理を作って頂きたい。
そう思いながら店を後にした…


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
鳥やす支店 高田馬場/焼鳥60円~コスパ抜群の老舗

世界一のアジフライを堪能した一行。
高田馬場駅に向かう道すがら良さげな店で飲み直し(所謂2次会)

■鳥やす支店
toriyasushiten (2)

早稲田通り沿いにある焼き鳥の老舗。
さかえ通りにある本店同様「コスパの高い酒場」として常に混み合う人気店。

活気に満ち溢れた店内は、これぞ大衆酒場といった雰囲気。
あちこちから聞こえる笑い声が素晴らしいBGMとなっている(てゆーかうるさい!)

各自好きなドリンクを注文して…
カンパ~イ♪

toriyasushiten (13)

さっそくメニューを拝見。
ここの売りは圧倒的なコスパを誇る焼き鳥だ。
価格はなんと60円~90円!
ザーっと書いてみると…
60円→レバー・砂肝
70円→正肉・はつ・ぼんちり・
80円→はさみ・かわ・つくね・軟骨
90円→手羽先・ささみ・ほうでん

さっそく頼もうじゃないか。
お通しの“小おろし¥60”は鳥やす名物。
大根おろし&うずらの卵でビジュアルも可愛い。
焼鳥で油っぽくなった口の中がサッパリするのだ。

◆焼鳥各種(¥60~70)
ね~安いでしょ。
写真を見て貰えば分かるけど、ポーションもしっかりしてウマイんだな。

toriyasushiten (17)

◆バリバリ生野菜 (キャベツ) ¥200
マヨネーズと辛味噌添え。
しっかり野菜も摂りましょう。

toriyasushiten (14)

◆アスパラ肉巻き¥140
◆チーズ入りピーマン肉巻き¥150
流行りの野菜肉巻き。
他にピーマン・しめじ・えのき・しそ・にんにくもあるけど…
大事な何かを忘れてる。
ここは巻き方も丁寧で焼き加減も職人技。
生姜の肉巻きがあったら絶対に注文殺到すると思うんだけどなぁ。

toriyasushiten (20)

◆手羽先と根野菜の煮込み¥300
鳥やすといえば焼鳥以外にこの煮込みが名物。
根菜類と一緒にじっくり煮込まれた手羽先がメッチャ柔らか。
コクがあって滋味深い味わい、身体も温まるよ~。

toriyasushiten (16)

◆利休和え¥320
こちらも鳥やす名物。
茹でた鶏肉とウニの和え物なんだけど…
何でこの料理を利休と言うのか由来を知りたい。
千利休が好きだったのかな?

toriyasushiten (15)

老舗ならでは、黄昏系の味わいにグッとくる。
いつも混んでいるけどコスパの良さが流行っている理由だね。

高田馬場で焼鳥が食べたくなったら鳥やすにGO!

toriyasushiten (3)


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
長野屋食堂 新宿/創業100年以上の民生食堂

今宵は新宿で食堂飲み。
食堂飲み、県名シリーズ、デート。
3つの楽しみが詰まった飲み会に心ウキウキ。
スキップしながら店に向かった。

■長野屋食堂
naganoya (1)

素晴らしき外観♪
未来型に変貌を遂げる新宿駅。
その目の前に佇むノスタルジックな食堂…
「食堂 長野屋」と書かれた赤いテントが堪らない。

naganoya (13)

創業は1915年の民生食堂なんだって。
ひゃ~100年以上前だよ、かなりの老舗だね。
食品サンプルを横目に見ながら店にイン。
店内もノスタルジック感満載。
ザ・大衆食堂といった感じ。
どこか懐かしい居心地の良い空気が流れている。
食事と飲みの客が混在する雰囲気は大好物だ。
お、若い姉ちゃんも1人で飲んでるぞ。
おっさん系のギャルも大好物だ。

ビールdeカンパ~イ♪
naganoya (3)

プハァ~、やっぱりビールは旨いやねぇ。
ツマミはメニューとショーケース内にある惣菜類からチョイス。

◆筋子¥420
イクラは何度か食べた事があるけど筋子は初めて。
こりゃ膜の中に入ったイクラだね。

naganoya (6)

◆イカ煮¥320
程よい弾力。
イカの芳醇な香りと旨みが口の中に広がる。

naganoya (11)

◆なすみそ¥320
しんなり柔らかな茄子は甘めの味つけだ。
煉蔵さんの大好物だと教えておいた。

naganoya (10)

◆ハムエッグ¥320
食堂飲みの定番ハムエッグ。
これを頼まないと逮捕される店もある(嘘)
特徴的なハムの配置は健在だった。

naganoya (8)

◆ポテトサラダ¥270
ゴロっと野菜が入ったポテサラ。
じゃがいもの甘さをマヨネーズの酸味が優しく包んだ素朴な味わい。

naganoya (5)

ビールを何本飲んだのだろう?
いろんな話をしている内に四文屋の話になった。

えっ、四文屋に行った事が無いの?
だったら今から行こう!
どすこいで四文屋デビューさせちゃうよ。

naganoya (12)


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

品川区役所でカレーライスを食べてすぐ。
大井町から京浜東北線に乗って蒲田に移動…

目的は黒湯温泉でのんびりする事。
黒い温泉は見たことが無いので興味津々。
と、その前に…
せっかく蒲田まで来たのだから蒲田名物 林SPFを食べようじゃないか。
JR蒲田駅東口から徒歩2分、目的の店に着いた。

■まるやま食堂
maruyama (2)

ひゃ~行列してる。
時計を見ると12時15分、1番混んでいる時間帯だ…
しばらく並んでいるとお姉さんが外まで注文を聞きに来た。

maruyama (3)

(どうしようかな~?)
トンカツを食べるのは決まっているけど、とんかつカレーも捨てがたい…
う~ん、迷うところだ。

「次のお兄さんは?」

自分の番になった瞬間、口から出た言葉は…

「とんかつカレーをお願いします」

やっぱりトンカツもカレーも食べたいや(欲張りさんなので)

「カツカレーね」とお姉さん。

えっ、メニューには“とんかつカレー”って書かれているのに…
お店の人はカツカレーって言うんだ。

10分ほど並んでようやく店内へ…
コの字型カウンターはサラリーマンでいっぱいだ。
テーブル席もあるけど荷物置き場になっている。
壁に貼られたメニューを見ると…
食堂なのでハンバーグや鮪の刺身、焼き魚に生姜焼き

あぁそれなのに…
殆んどのお客さんが“まるとくロースカツ定食”を注文している。
暫くしたら両隣にまるとくが届いた。
うお~、メッチャ厚くて旨そう♪
これで1000円ってコスパ良過ぎでしょ。
カウンターにはソースの他にヒマラヤ岩塩 黒塩、イタリア シチリア塩、岩塩 ピンクソルトが置かれていて、みなさん色々な味を試している。

(良質のトンカツを岩塩で食べたら旨いだろうなぁ♪)
なんて思っている内に声がかかった。

「お兄さんのカツカレーもうすぐだからね」

ここのおばちゃん逹のかけ声と気配りに癒される。

「はい~おまちどうさま カツカレーね!」
メニュー名は“とんかつカレー”だけどね…

◆とんかつカレー(みそ汁付)¥1200
maruyama (5)

ボリュームたっぷりなカツカレー。
お~嬉しい!
ヴアツいトンカツにカレーがかけられて無いよ。
これなら岩塩やソースで普通のトンカツとしても楽しめる。
さっそく3種類の岩塩で食べ比べしてみよう(パクリ…)

maruyama (11)

う…うんめぇぇ~♪
サクッと揚げたての衣に包まれたは林SPF豚は極めてジューシー 。
とろける噛み応え、脂の甘みと肉の旨みが広がる。

maruyama (8)

続いてスプーンでルーを掬ってペロリ。
おっ、カレーもうまいぞ♪
とろっとして程よくスパイシー。
深みのある味わいでカツとの相性もいいねぇ。

maruyama (9)

その後、とんかつを醤油やソースでパクパク。
最後はカレーライスをかっ込んでフィニッシュ。

ブヒ~喰ったくった♪
味とボリュームに舌と胃腸が満たされ…
接客とコスパに心と財布が満たされる。

蒲田に来た際には必ず寄りたい!
まるやま食堂はそんな店だ。

maruyama (6)


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
酒蔵 北の誉 椎名町/居心地サイコー♪

フォロワーさんから椎名町飲みのお誘い。
彼女からの誘いを断る理由は何もない、喜んで参加表明。
指定されたお店は椎名町で40年以上続く老舗の酒場。
過去に一度だけ行った事があるけど10年以上前なので記憶も記録もない。
老舗の酒場は大好物なので願ってもない事♪
ワクワクしながらその日を待った。

で当日、西武池袋線に揺られ椎名町駅へ…
店まで向かう道すがら、良さげな店がうじゃうじゃ目に入る。
おっと~!
練馬や桜台に気を取られていたけど。
(今後は椎名町も攻略しなくちゃいけないな)
などと考えながら歩いていたら店に着いた…

酒蔵 北の誉
kitanohomare (38)

左側に厨房とカウンター席。
フロアにはテーブル席が8卓ほど…
年季の入った昭和な店内は温かな空気が流れている。
酒場放浪記やおんな酒場放浪記にも登場した名店だ。

kitanohomare (15)

カンパ~イ♪
生ビールをグビグビ飲んだ後は焼酎のボトルを入れちゃおう。

kitanohomare (1)


◆地鶏のたたき¥700
朝挽きした黒鶏はほんのりピンクで色っぽい。
ゆずポン酢で頬張ると…
適度な身の弾力、地鶏の上品な甘みが感じられる。

kitahoma (14)

◆里芋揚げ¥400
これ好き♪
サックリ揚がって軽めの塩味。
里芋のホクホクでネットリした食感が堪らない~。

kitanohomare (18)

◆イカワタのルイベ¥300

kitahoma (12)

◆新筍バター醤油焼¥600
お口の中が春らんまん。
コリッとした食感は新筍ならでは。
えっ、新筍?
どこで採れたんだろう…

kitanohomare (17)

◆小松菜とツナの煮浸し
こまツナとツナの煮浸し。

◆ピンピン焼き¥680
こちらの名物料理。
海老とタコが入った山芋の鉄板焼き。
よくかき混ぜ中の玉子と絡ませてパクリ…
ふんわり香ばしい山芋。
上品ながら奥深い味わいが堪能できる。
山芋で精力絶倫、ピンピンになれるかも。

kitanohomare (47)

◆白はまぐりの酒蒸し¥650
大きな蛤から抽出された出汁、コクがあってすこぶる旨い。

kitanohomare (37)

◆長なすとベーコンチーズ焼¥550
老舗でこういった料理が食べられるのは嬉しい。
どんどん新しい料理を創作してもらいたいね。

kitanohomare (30)

◆地鶏の焼き鳥 盛り合わせ¥590
見るからに旨そうな焼き鳥。
どの串も身が締まりプリッとした食感。
たっぷりの肉汁が口の中に広がる。

kitahoma (8)

◆具だくさんすいとん小鍋¥600
今日みたいに寒い夜は鍋に限るね。
冬場の鍋は人の心を豊かにしてくれる。
滋味豊かな出汁の味わいをしみじみと味わおう。

kitanohomare (28)

◆田舎むすび(鮭&タラコ)¥450
爆弾だ~、気をつけろ!

kitanohomare (33)

kitanohomare (35)

いや~素晴らしい店だった♪
店は大盛況なのに注文した品が出されるタイミングが絶妙 。
丁寧に作られた料理はどれも秀逸。
老舗でありながら若者にウケそうなメニューが嬉しい。
良心的な価格。
何よりマニュアルっぽくない自然な接客が良かった。

明日から頑張ろう!
ここは元気をもらえる酒場だ。


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
つきのや 南阿佐ヶ谷/ヨイショっと!

阿佐ヶ谷飲んだくれツアー。
ぼてふりの四文屋→わいたこ とハシゴ酒。
さて次はどーする?

「ちょっと遠いけど魚介系でオススメの店があるんだけど(うふっ♪)」

「よし、そこに行こう!」

南阿佐ケ谷駅に通じるアーケード商店街を進む2人。
途中、角打ちのできる酒屋を横目に見ながら路地に入ると…
ひと際賑わう酒場があった。

■つきのや
tukinoya (11)

住宅街にありながら大繁盛。
活気に満ち溢れた店内はこれぞ大衆酒場といった雰囲気。
不思議なほどアットホームな空気が漂っている。
こういったお店は大好物、入った瞬間からテンション上がる自分がいる。
壁に貼られた短冊メニューを見ると…
刺身に焼き物、揚げ物、煮物、炭水化物…etc
わ~ぉ!
魅力的な料理がずらり、更にテンション上がる~♪

tukinoya (2)

カンパ~イ♪
ホッピーがあるのは嬉しいね。

◆春菊のナムル¥380
なるほど、こう来たか。
春菊のナムルは初めてだけど爽やかなホウレン草って感じだね。

tukinoya (4)

◆ゆで落花生¥380
静岡県人(東部だけかな?)のソウルフード。
沼津市民は喜びにつけ悲しみにつけ、行事があると必ず食べる茹でラッカ。
殻ごと茹でられた生の落花生は柔らかで風味も抜群。
静岡ではコンビニやスーパーでも常時販売しているのだ。
枝豆よりうみゃーよ♪

tukinoya (5)

◆自家製チャーシュー¥450
ヴアツくて見るからに旨そう♪
旨みがギュッと詰まった柔らかチャーシュー。
口に入れた瞬間、コクと脂がじゅわっと広がる。
こんなにうまいチャーシューを食べたのは3度目だ。

tukinoya (9)

◆ニラ玉¥400
タレがかかったオムレツタイプのニラ玉。
優しい味わい、ほっとする旨さがある。

tukinoya (10)

どの料理も素材の味を生かした上品な仕上がり、人気の理由が分かるよ。
ホッピーの次は日本酒にしようかな。
ここは日本酒のラインナップも見事だ♪

◆廣戸川純米(福島県)
トクトクと注いでくれる女性スタッフ。
スッキリとして独特な風味のある日本酒だ。
日本酒好きな相方は酔鯨(高知県)と西條鶴(広島県)も飲んでいた。

tukinoya (1)

滞在中、何度となく“くさや”の匂いが漂ってくる。
ここはくさやも名物のようで2種類用意されていた。
鯵の干物は大好物なんだけど、くさやは匂いが苦手なんだよねぇ…
食べたらウマいのかな?

あ~楽しかった。
3軒も付き合ってくれたミキティありがとう。
お礼を忘れていたけどウサギのパンも美味しかったよ♪

tukinoya (19)

メニュー豊富で安くてうまい。
スタッフの接客が素晴らしく居心地が良い酒場。
この店は再訪確実だ。

南阿佐ヶ谷で万全なる地位を築き上げた“つきのや”さん。
そろそろ“たちばなや”を襲名してもいいのではないだろうか?

ヨイショっと!


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
酒肴亭玉河 立川/立川に玉河グループあり!

奥多摩にある小澤酒造(澤乃井)の酒蔵見学ツアーも無事終了。
JR青梅線沢井駅から立川まで戻って来た。
立川というと、いつもなら西の果てというイメージがあるけど…
奥多摩から帰って来た我々にはメッチャ身近に感じる。

「それじゃあ立川で飲んで〆よう」という事になり向かったのが…

■酒肴亭玉河
tamagawatati (1)

立川に3軒あるローカル居酒屋チェーン。
広めの店内はこれぞ大衆酒場といった感じ。
昭和の雰囲気満載で気取らずに飲食できる。
若者から年配の方まで幅広い世代から支持されているようだ。
とりあえず生ビールセット¥1080を注文して…

カンパ~イ♪
tamagawatati (7)

奥多摩でさんざ飲んで来たのでドリンクは進まないけど…
朝からツマミ程度しか食べてないので全員腹ペコ。
さっそくメニューを拝見すると種類の多さにビックリ。
和洋中なんでも揃っているのが嬉しいね。
さぁ~打ち上げなのでバンバン頼もう!

tamagawatati (5)

◆ごちゃまぜサラダ¥600

◆皮付きポテトフライ¥400

◆カキフライ¥480

tamagawata


◆塩茹で落花生¥400

◆きのこのグラタン¥650

◆キーマカレーピザ¥680

tamagawata1


◆じゃがバター¥400

◆梅タタキきゅうり¥400

◆ソース焼きそば¥520

tamagawata2


◆いか丸焼き¥520

◆厚焼き玉子¥470

◆ミックスピザ¥620

tamagawata3


◆焼き厚揚げ¥440

◆海鮮あんかけかたそば¥600

◆鮭とシソのやきめし¥520

tamagawata5

しかし…
かなり頼んだね~!
料理は15品かと思いきや…
最初に頼んだ生ビールセットはおつまみ3品付きなので合計18品だ。
しかも炭水化物ばかり、みんな相当お腹が減っていたんだねw

どの料理も老舗なりの安定した味つけ。
お一人様からグループまで気軽に足を運べる居酒屋。

立川に玉河グループあり!
という事を改めて感じさせられた夜だった。
ごちそうさま。


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
ヤシロ食堂 高円寺店/!ヤシロ食堂コンプリート

あけましておめでとうございます
皆様すこやかに新春をお迎えのことと存じます
昨年は何かとお世話になりまして大変ありがとうございました
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

大好きな“食堂飲み”
美味しいおかずをアテに飲むのは最高だ。

ときわ食堂、三ちゃん、丸大ホール、天将、七面鳥、水口食堂、三忠食堂…etc
今まで数々の「飲める食堂」に行ってきた。

そんな食堂野郎が最も素晴らしいと思ったのが…
方南町飲みの時に連れてって貰ったヤシロ食堂!
料理、値段、雰囲気。
どれを取っても最上級だった♪

るぅさんの情報によると…

「現存しているヤシロ食堂は3軒だけ」

30年ぐらい前は中野、高円寺、落合…etc
たくさんあったのに次々と閉店…
(こりゃ早めに行っといた方がいいな…)

と思い 1人で荻窪店に行って来た。
残る高円寺店に行けば全店制覇。
行けるチャンスを虎視眈々と狙っていると…
つい先日 高円寺の飲み会に誘われた。
これは千載一遇のチャーンス!
当日、仕事を早めに切り上げ中央線に乗った…

■ヤシロ食堂 高円寺店
yashirokouenji (2)

老舗大衆食堂ファンには堪らない外観。
カウンター席が奥にまっすぐ伸びテーブル席もある。
昭和の落ち着いた空気が心地良い。
こういった雰囲気は大好物なんだよねぇ♪
カウンター上に大皿料理が並んでいるのもいいじゃないか。
食堂なんだけど食事が目的の人は少数派。

yashirokouenji (4)

壁に掲げられた短冊メニューを見ると…
ひゃ~、メッチャ安い。

・野菜炒め
・肉じゃが煮
・厚揚げ煮
・スパゲッティサラダ
・えのき醤油煮…etc

yashirokouenji (10)

殆どのツマミが150円だよ~♪
食堂でありながら0次会やちょい飲みにはバッチリな店だ。
ビールを飲みながらニュースを見ていると…
次々と0次会メンバーが入って来た。

yashirokouenji (11)

カンパ~イ♪
道を間違え遅れて入ったじゅん子は滞在時間12分だw

◆冷ヤッコ¥150

◆厚揚げ煮¥150

◆なす味噌炒め¥180

◆スパゲッティサラダ¥150

yashirokouenji (6)

yashirokouenji (14)

冷たい料理はそのまま。
温かい料理はレンチンして提供される。
優しい昭和の味わいにほっこりする。
どの料理もツマミにはピッタリな量&値段。
一人で入っても色々つまめるのが嬉しいね。

yashirokouenji (15)

かつて中野や杉並で1つの時代を築き上げたヤシロ食堂。
『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』に登場して知名度がぐぐっと上がった。

心が和む古き良き大衆食堂。
時代の流れというのは知らない内に姿を変えていく。
昭和の食堂がいつまでも続いて貰えるよう願うばかりだ。
ヤシロ食堂よ永遠に…


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
キッチン南海 高円寺店/ルーのプールで泳ぎたい

平日の14時過ぎ。
高円寺で仕事を終え、後はお楽しみランチタイム。
どこで食べるかあれこれ考えるより、一番手っ取り早いのが…

「食べログったらいいじゃん!」

さっそく食べログアプリを起動。
高円寺でBMしている店が数軒表示された。
その中に今の気分にピッタリな店があった…

■キッチン南海 高円寺店
nankaikouenji (2)

あづま通り商店街からJRの高架下に移転。
新しくなった店舗に初めての訪問。
南海の高円寺店と言えば「お好み盛り合わせ」が名物。
好きな料理を2~3種類頼み、自分好みの盛り合わせが出来るというもの。
新しい店舗のメニューにも組み合わせは健在だ。

nankaikouenji (5)

駄菓子菓子!
今日の気分は盛り合わせとちゃうでぇ。

nankaikouenji (16)

「熱いので気をつけてください」
目の前に届いた料理を見てビックリ!

◆カツカレー大盛り¥920
nankaikouenji (11)

楕円形深めの大皿にドンと盛られたライス。
キャベ千に横たわるトンカツ。
そしてプールの如く流し込まれた黄色いルー。
圧倒的なボリュームに目が点になった(こりゃ相当凄い量だよ!)

nankaikouenji (12)

高円寺店のカツカレーは何度か食べているけど、昔はステンレスの皿だった。
さっそくスプーンでルーを掬ってペロリ…

nankaikouenji (9)

ぎゃー、メッチャ熱い!
届いたルーは灼熱のマグマのよう。
猫唇(ねこびる)には厳しい熱さだ…
フーフーしながら食べると、口当たりは優しい事が分かった。
後から来るスパイスの複雑な味わいは紛れもなく南海のそれだ。

nankaikouenji (6)

うんめぇぇ~♪
食べれば食べるほど旨みが広がる奥深い味わい。
カツは厚過ぎず薄過ぎず、カツカレーに最も適した厚さ。
サクッと揚げたての衣に包まれたロースはコクがあってルーとの相性バツグン♪
この味に惚れ込んで南海全店コンプリートした事を誇りに思うよ。

それにしても…
食べても食べてもルーが減らない感じ…
ガッツリ系の人には嬉しい量だけど…
還暦を過ぎた胃腸には厳しいものがあった。
値段は高めに思うかもしれないけど、味と量を考慮したらコスパはすこぶる良いカツカレー。

食事中、絶妙のタイミングで水を注いでくれるサービスが素晴らしい。
「また来たい!」 という気持ちにさせてくれる店だ。

nankaikouenji (1)

年内最後のレビューは大好きなカツカレー(大盛り)に決めていた。
今年もいろいろあったけど一番大きな出来事は還暦になった事かな。

充実した一年だったかどうかは微妙だけど…
皆さんの支えがあって続けて来る事が出来ました。

来年もよろしくお願い致します。
良いお年を(^_^)


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
やきとり 戎 西荻南口店/西荻といったら戎街道!

呑まれる会(西荻編)
1軒目が魚介系の店だったので2軒目は焼きとんにしよう。
西荻で昼飲み出来る焼きとん屋と言ったら?


■やきとり 戎 西荻南口店
ebisunishiopgi (7)

西荻窪南口から吉祥寺に向かう路地…
飲食店がひしめき合う柳小路は「戎」の看板だらけだ。
人気があるので閉店した店が次々と「戎」になっていく…
以前よりさらに店舗数が増えたみたいだ。
まさに西萩のランドマーク的存在だ。

ebisunishi

10年前。
この通りを“戎街道”と名付けたけど定着しなかった…
アピールが足りなかったのかな?
当時、ブログに何度も書けば定着していたかもしれない。

悔しいから何度も書いてみよう。

西荻窪 戎街道
西荻窪 戎街道
西荻窪 戎街道
西荻窪 戎街道
西荻窪 戎街道

よしっ!
これで10年後、柳小路は「戎街道」と呼ばれてるかもしれない。

その辺にいたスタッフに声をかけたら右側奥の店(部屋?)を指定された。
各自好きなドリンクを注文して…

ebisunishiopgi (12)

カンパ~イ♪
サッポロ赤星で喉を潤し戦闘態勢に入った。
ツマミはどれも安いね、それが人気の要因。

◆焼きとん・焼きとり(各種)¥ 95
どの串も95円とは思えない味わい&ポーション。
大好きなカシラとタンを頬張りながら昼間っからビールをグビグビ…
これぞ至福の時♪

ebisunishiopgi (14)

◆ポテトサラダ¥250
ベリーデリシャス♪
ジャガイモの持つ旨さがよく生きているポテサラだ。

◆ニラ玉子炒め¥250
ニラと卵だけの至ってシンプルな炒め物。
ふんわりとしていて旨いね、ニラ玉は外せない。

ebisunishiopgi (32)

◆たまふくら¥250
北海道の枝豆“たまふくら”…
誰だ?
「たまふくろ」って言ったヤツは?
普通の枝豆と比べでおいしいね。
ありがとう北海道♪

ebisunishiopgi (27)

ebisunishiopgi (6)

中野→四文屋
高円寺→大将
荻窪→鳥もと
西荻窪→戎
吉祥寺→いせや
立川→玉河

中央線って駅ごとに代表的な店があるから追求しがいがあって楽しいな♪


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
玉屋 十条/老舗の中華で昼飲み天国

年に数日だけ、平日に昼飲みが出来る日がある。
後ろめたい気持ちなど皆無。
逆にリッチな気分で晴々しい♪
仕事中のサラリーマンを横目で見ながら飲む酒は格別なのだ~♪

今年は十条にやって来た。
付き合ってくれるのは3名。
以前から行きたかった店に集合だ。

店の場所を確認したら環七からすぐ。
しかもバスの停留所から近いと来てる。
野方から赤羽までバスが走っているのを知っていたので、初めてバスで行ってみた。
澄みわたる青空。
平日の昼にホロ酔い気分で乗るバスの爽やかな事♪
実際、電車よりバスの方が好きなんだよねぇ。
車窓から眺める景色もキラキラ光って見えるよ。
バスに揺られる事30分、十条に着いた。

■玉屋
tamayajujo (2)

昭和32年創業の中華料理店。
色あせた暖簾が老舗の風情を高めている。
ガラガラと引き戸を開け店に入ると…
そこにはノスタルジック感満載な昭和の食堂。
どこか懐かしい居心地の良い空気が流れている。

「ニャー!」

tamayajujo (11)

席に着くとニャンコが近寄って来た、可愛らしい黒猫だ。
かなり慣れてる様子、おねだりしてるのかな?
まだ何も頼んでないけどw

全員揃った所で…
カンパ~イ♪
さっそくメニューを拝見すると…
えっ、ツマミが無い?

餃子はあるけど、後は普通の中華料理しか無いようだ。
仕方がないので4品頼んでシェアしよう。

◆餃子¥470
皮はしっとり焼き面はサクッとしている。
中の具材は野菜の甘みと肉の旨みのバランスが秀逸。
ニンジンが入っていたのでビックリした。

tamayajujo (12)


◆ラーメン¥550
これぞ東京ラーメンといった素晴らしいビジュアル。
トッピングが綺麗だね。
チャーシュー、ナルト、メンマ、ほうれん草、ゆで玉子…etc
まずはレンゲでスープをずずっ。
メッチャ旨いぞ。
透き通ったスープは郷愁漂うあっさり醤油。
魚介系のコクが旨さを引き立てている。
ストレートの中細麺との相性もバツグンだ。

tamayajujo (16)


◆チャーハン¥780
炒飯って、こんもり丸く盛られた方が好き。
そっちの方が旨そうに見える。
中に入っている黒くて細かなヤツは何かな?
椎茸だぁ!

tamayajujo (14)


◆カレーライス¥780
これぞ昭和のカレーといった黄色みがかったルー。
甘いのかと思いきや、意外にもスパイシーで美味しく頂けた。

tamayajujo (17)

昼飲みが嬉しくて何本もビールを頼んでしまった。

tamayajujo (6)


最後にトイレに行くと…
そこには昭和時代の扉があった。
分かる人は分かると思うけど、木のツマミをスライドさせるとカギが掛かるタイプだ。
ひょっとしたらブラックホール型の和式かも?
ビクビクしながらドアを開けると…
最新式の洋式トイレがそこにあった。
そのギャップにビックリ。
良い体験したところで次の店に向かった。

今日はまだ始まったばかりだ♪


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
ゑびす屋食堂 立石/立石ハシゴツアー

今年の夏休みは9月後半に取った。
約1週間あるんだけど全く予定を入れない日を1日設けた。
どこで何をしようが自由DAY。
家族はパートやバイト、学校に出掛けたので家にいるのは1人きり。
さ~て、朝っぱらからホッピー飲んで本日の予定を考えるか…

(ワクワク…)

せっかくの平日休みなので普段できない事をしよう。

・立石昼飲みハシゴ
・大田区温泉ツアー
・公共施設カレー調査隊
・銚子電鉄一人旅…etc

そんな時、ふと思いついたのが築地市場の豊洲移転。
ソッコー行って最後の築地場内を目に焼きつけて来た。

さてこれから何処に行こう?
昼を過ぎてしまったので銚子は無理だし、腹一杯で公共カレーは入らない…

(よし、立石に決まりだ!)
久しぶりに宇ち多゛のもつ焼きを食べたいな。
1人飲みは淋しいので“立石先生”に連絡したらOKとの事。
14時に宇ち多゛の前で待ち合わせ。
40分ほど前に立石に着くので、先生が指定した店で時間調整…

■ゑびすや食堂
ebisuya (7)

静かに佇む老舗の食堂。
昭和の情緒で溢れている。
“飲”と“食”の客が混在する大衆食堂酒場。
中に入ると“飲”の客が圧倒的に多い事が分かった。

ebisuya

L字型カウンターの短い方に座りホッピーを注文。
すると見事な3冷ホッピーが提供された。
大衆食堂で3冷ホッピーは珍しい。
ご主人なかなかやるなぁ。

ebisuya (12)

さっそくメニューを拝見すると。
うな丼・とんかつ定食・豚肉生姜焼定食・新さんま塩焼き等の食事メニューの他に…

ウインナー炒め¥270
めざし¥170
ほうれん草おひたし¥160
川エビからあげ¥290
肉どうふ¥310
どじょうやな川¥430
スペアリブ¥420
くじらさしみ¥420
もろきゅう¥250…etc

ツマミ類がズラリと書かれている、しかも安い。

◆ニラ玉¥220
ふわふわ柔らかな玉子
ニラは少量だけどシャキッとした食感がいいね。
全体的に優しい味に仕上がっている。

ebisuya (14)

◆生あげ煮¥250
三角形の大きな厚揚げが3つ。
つゆをたっぷり吸っているので持ち上げるとズッシリ来る。
ふーふーして頬張るとツユが染み込んですこぶる旨い。
2品しか食べてないけど料理の腕は素晴らしい事が分かる。

ebisuya (17)

次々と常連さんが入って来てカウンターが埋っていく…
そして飲み始める。
今日は水曜日、時間は13時半。
普段なら汗かいて仕事をしている時間。
なんとも羨ましい限りだ。

ホッピーの次は常連客がみんな飲んでる焼酎ハイボール(ボール)を注文。

◆焼酎ハイボール¥320
えっ、マジ?
なんとウィルキンソンの炭酸が提供されたよ。

ebisuya (19)

ウィルキンソンソーダはガス圧が1番高いとされ、銀座や六本木のBARで使っている。
グラスにたっぷり入った焼酎を半分入れて炭酸をドバッ。
約2杯飲めるので安くすむ。
う~ん、ここのボールはすっきりして旨い。
まさか下町の食堂でウィルキンソンが飲めるとはね。
炭酸にまでこだわるご主人、ただ者ではないな?

洋食屋の白衣(コックコート)を纏うご主人。
ハンバーグ、まぐろほほ肉ステーキ、鱧フライ、海老フライ…etc
洋食メニューも揃っている事から推測すると。
ご主人は銀座辺りの洋食店で修行して、その店はウィルキンソンの炭酸を使っていたとプロファイリングしよう。


         





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング
中華シブヤ 八丁堀/閉店直前!緊急レビュー

(いつでも行ける・・・)

そう思っていた。
つい昨日までは・・・

駄菓子菓子!
気になる事があったので調べてみると…
な、なんと9月28日で閉店する事が分かった。

ギャー!
こうしちゃいられない。
ニラ玉研究家として絶対に行っておくべき店。
その日、全ての用事をキャンセルして向かったのは…

■中華シブヤ
IMG_8618

赤い看板が印象的。
ニラ玉の聖地と言われている店だ。
なぜかと言うと客の8割がニラ玉を頼むから…

当日。
閉店前の駆け込みの客が大勢押しかける事を見越して早めに行った。

10:18 店に着くと先客1名
10:20 4人
10:30 10人
10:35 15人
10:40 25人
10:50 35人

時間を追うごとに行列が伸びていく…
あまりの行列に5分早めて開店。

「1名様コチラ、2名様はアチラの席…」
女将さんが仕切ると、19席があっという間に埋まった。

「みなさん今日はありがとうございます」という挨拶の後…

「はい、ニラ玉の人~?」

殆どの人が手を上げる。

「イチ・ニー・サン・シー…」数える女将。

「はい、ニラ玉18個~!」

「ハイよ~!」

厨房から元気の良い声が響く。

「ライスの人は~?」

10人ぐらいが手を上げた。

「チャーハンの人~?」

「ラーメンの人~?」

次々と定番メニューを連呼して数を確認、厨房に伝える。
それにしても19人中18人が頼むって…
ニラ玉率95%じゃないか!
長年ニラ玉を研究しているけど、ここまで人気のニラ玉は初めてだ。

IMG_8623

◆ニラ玉+ライス(スープ付き)¥800
提供早っ!
女将が数え終わった瞬間届いたよ。
それにしても美しい、美しいニラ玉じゃないか♪
ここのニラ玉は肉ニラ炒めの上にプレーンオムレツを乗せたもの。

IMG_8621

ペロンと玉子をめくると…
ニラがギッシリ!
2束使っているというから驚きだ。

IMG_8622


IMG_8624

玉子と一緒にニラをパクリ…
ニラのシャキッとした食感、独特の風味が口に広がる。
ニラ炒めは濃いめの味つけ。
味つけしてない玉子焼きと一緒に食べると丁度A味わいになる。
肉が適度に入っているのが嬉しい。
ライスも進むってもんだ。
あっさりしたスープもコクのある味わいでうまいぞ。

IMG_8625

ひっきりなしにフライパンとゴトクがぶつかる音が響く…
隣の席に提供されたチャーハンやラーメンもレベルが高そうだ。

店を出ると、未だに20人以上の行列。
こんなに人気があるのに閉店って勿体無いなぁ。

IMG_8627

IMG_8617

中華シブヤは孤独のグルメ(Season7 最終話)に登場した事でも有名。
誰かのレビューに「ここのニラ玉は一般的なニラ玉と違う」と書かれていたけど…

一般的なニラ玉って何なのか?
“ニラ玉”と一口で言っても提供されるスタイルは店によって千差万別…

・ニラ玉炒め
・ニラ卵とじ
・オムレツタイプ
・玉子焼きタイプ
・出汁巻きタイプ
・黄身乗せタイプ…etc

ニラ玉を侮るなかれ。
もの凄い種類のニラ玉が存在するのだ。

詳しくは“ニラ玉のmatome”で。


         


ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング


キッチン南海 上井草店/急ぐべき!

キッチン南海といえば都内を中心に点在する老舗の洋食屋。
亜流店(南海出身で南海を名乗らない店)を含めると20店舗強ある。

そんなキッチン南海で一番人気のメニューがカツカレー。
たまに無性に食べたくなるんだよねぇ…
店によって色や味わいが違うのが暖簾分けの楽しいところ。

久しぶりにキッチン南海 井荻店で食べようと思って行ってみたら…

(ガビーン!)
な、なんと閉店していた~!
メッチャ残念、赤出汁のみそ汁が特徴的だったのになぁ。
ネットで調べたら昨年の8月18日で閉店されたようだ…

腹は減っているけど頭の中は南海のカツカレーでいっぱい。
仕方がない、隣駅まで足を伸ばすか…

■キッチン南海 上井草店
IMG_5381

ここはカツにカレーをかける時の「ジュッ!」というリアルな音が聞ける南海。
臨場感たっぷりで美味しさが伝わってくるのだ。

IMG_5376

メニューを見るまでもなく目当ての料理を注文…

◆カツカレー(大盛り)¥700
IMG_5378

カツは小さめだけどノープロブレム。
大盛りのカツカレーが700円で食べられるだけで感謝しなくちゃ。
今回は「ジュッ!」という音が小さかったけど、相変わらず南海のカレーは旨いね♪
ここのルーに色はキッチン南海系列としては中間ぐらい…
1.5シゲールぐらいの黒さだ。

IMG_5377

それにしても井荻店の閉店は残念だなぁ…
高齢化が進むキッチン南海。
(行きたい)と思っている店舗には早めに行かれる事をおすすめします。

※特に下北沢店・沼袋店は早々に行かれた方がいいですよ。


         


ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





キッチン南海といえば都内を中心に点在する老舗の洋食屋。
亜流店(南海出身で南海を名乗らない店)を含めると20店舗強ある。

そんなキッチン南海で一番人気のメニューがカツカレー。
たまに無性に食べたくなるんだよねぇ…
店によって色や味わいが違うのが暖簾分けの楽しいところ。

この日はちょっとした用事があって祖師ヶ谷大蔵にやって来た。
祖師ヶ谷といったらこの店でしょ…

■カレーの南海
IMG_5505

ウルトラマン商店街を北に進んだ所にあるカレー専門店。
ちなみに商店街を南に進むとキッチン南海の亜流店「キッチングリーン」がある。
小田Q線の祖師ヶ谷大蔵駅は南海ファンにとって堪らない街なのだ!

IMG_5496

北側の商店街はウルトラセブンの街頭が並んでる。
しばらく進むと南海グリーンの看板が日差しを浴びて気持ち良さそう。
POP体のロゴが可愛いね~♪

IMG_5497

こじんまりとした店内。
南海特有のカレーの匂いが漂っている。
小型の券売機で目当てのボタンをポチッ。

◆カツカレー¥850
IMG_5498

ライスの上に大きめのカツ。
カツを覆い隠すように黒いルー(4シゲール)がかけられている。
ブラックカレーは神保町の流れを汲む南海の代名詞。
福神漬けを乗っけて頂きま~す。

IMG_5501

おっ、ここのカレーはかなり旨いぞ♪
2回目だけど相当レベルが高い味わいだ。
キッチン南海特有の濃厚でコク深い味わい。
スパイシーで独特な風味にハマル人が続出。

最後の晩餐はカツカレーに決めている。
しかし、どこのカツカレーかはまだ決まっていない。
おそらくキッチン南海のカツカレーになると思うけど…
ここのカツカレーは今のところ№1候補。

でもね。
死ぬ直前に祖師谷大蔵まで来れるかどうかが問題だ。


         


ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





大衆酒蔵 丸忠 武蔵関/安くてうまい昭和の酒場

SSさん&ななぞぅ。
不思議なメンバーで構成された武蔵関飲んだくれツアー。
次の店は老舗の酒場のようだ。
路地に入り角を曲がると…


■大衆酒蔵 丸忠
IMG_5160

IMG_5159

おぉ~、隣のパラダイスより気になる外観。
こりゃ相当年季が入っているな。

ガラガラと扉を開け中に入ると…
昭和の雰囲気が漂うレトロな店内。
昔ながらの常連客で賑わっている。

IMG_5161

ジョッキを持つビキニのポスターが懐かしいなぁ。
ズラリと貼られた魅惑の短冊メニューを見ると。
焼き鳥に始まり焼魚、厚揚げ、ニラ玉、山芋の千切り等の一般的なアテの他に…
オムレツやチャーハン、チキンライスまで揃っている。
値段を見てビックリ!
チャーハンもチキンライスも350円だよ。
いいねぇ、こういった店は大好物だ!

IMG_5163

カンパ~イ♪
短冊メニューから気になる料理を頼んでみた…


◆にんにくにら玉子焼¥350
IMG_5167

ニンニク入りのニラ玉は初めて。
名前からして旨いに決まってる。
満月のような玉子焼きに細かく刻まれたニラがたっぷり。
ぷ~んと漂うニンニクの香りが食欲をそそる。
焼いた玉子のまろやかさにニラとニンニクのパンチが効いて旨いのなんの。


◆なすチーズ焼き¥350
IMG_5165

ナスの上にとろけるチーズがトッピング。
ナスのミートソースグラタンのような味わいで旨い。


◆お〇んこ¥150
IMG_5164

SSさんの真似してみたw
綺麗に整列されたお〇んこが見事。
ご主人はきっとA型だな。

この後、下ネタ満載のゲスな会話で大盛り上がり。
かなり酔っ払っちゃった…

昭和の雰囲気満載。
メッチャ安くて気取らずに飲める丸忠さん。
一軒目でガッツリ飲みたかったな…
頼む予定だったチャーハンやチキンライスは次回に持ち越しだぁ。


         


ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .