大衆酒場 斎藤 十条/カメラを上に向けてはいけません

ぬか喜び組と十条で待ち合わせ。
美女がいると評判の惣菜店で買い物をしてから老舗の酒場に向かった…


十条で老舗の酒場といったら最初に思いつくのがこの店ではないだろうか…


■大衆酒場 斎藤
JR十条駅北口からすぐ。
路地を少し入ったところにある酒場。
なんと昭和3年(1928年)創業。
今年で89年、来年は90周年記念じゃないか~!



IMG_9323


斎藤酒場は昔から写真撮影にうるさい店といったイメージがあるので…
店に入る前、喜び組に。


「ここは料理の写真はOKだけど、カメラは絶対に上に向けちゃダメだぞ」
と厳重注意をしておいた。
※上に向ける=店内写真



カンパ~イ♪
美女3人(よいしょっと!)に囲まれ飲む赤星はサイコーだね。
お通しの落花生をパキッと割ってポリポリ。



taisyuusakabasaitou


キビキビ動く割烹着姿のお姉さん(オイラより遥かに年上)がやって来た。
さっそく注文しよう。


「すいません、シメサバとポテトサラダと…」


「ちょっと待って下さいね~!」


お姉さんが受け入れ体制に入る前に先走って(カウパー注文)すると一喝される。
そう、ここはオーダーを聞かれる前に注文してはいけないのだ。


◆しめさば¥320
鯖の風味と酸味が絶妙で何とも言いがたい旨さ。


◆谷中ショウガ¥280
これ、大好きなんだよねぇ♪
味噌を付けカリッと噛むと生姜の爽やかな風味が広がり至福の味わい。


◆きぬかつぎ¥280
手に取って指に力を入れるとツルンとずる剥け。
塩をチョンと付けて口の中へ放り込む…
ぬるっとした里芋、この季節ならではの旬な味わいだね。


◆山芋せん切り¥280
シャキシャキッとした歯応えがとても新鮮。


◆ポテトサラダ¥280
手作り感満載、優しく懐かしい味わいのポテサラ。


◆カレーコロッケ(2ケ)¥280
揚げたて熱々、ホクホクのジャガイモがたっぷり。
カレー味のコロッケって何だか得した感じがする。


店にいた時は気づかなかったけど…
レビュー書いて分かった事。


それは…
注文した料理6品のうち4品がイモ料理だった事!
なんと67%が芋だよ。
どこのドイツだ、芋ばかり注文したのは?



taisyuusakabasaitou2


前回来た時、いいなぁと思った若女将。
今回はさらに素晴らしい接客をしていた。


というのも…
喜び組の一人が若女将にレモンチェッロを注文したところ。
ドリンクと一緒に(レモンチェッロの)ボトルまで持って来てくれ…


「これと一緒に撮るとインスタ映えするよ」と言ってくれた。

(えぇ~っ!インスタ映え?)


まさか斎藤酒場から写真を推奨する言葉を聞くとはっ!

時代の流れかもしれないけど…
昔からブログをやっている者にとって信じられない言葉。
今日はラッキー続きだ♪


(よし、記念に喜び組と一緒に写真を撮ろう!)


早速スマホのカメラを起動。
全員が入るよう自撮り体制でアングルを決めワイワイしていたら…


「写真はやめてもらえませんか!」
割烹着姿のお姉さんが一喝!

その時のオイラの体勢は…
明らかにカメラ(スマホ)を上に向けニヤニヤしていた。


ありゃりゃ、やっちまった!
厳重注意した本人が注意さてりゃ世話ねーや(^_^;A


          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





スポンサーサイト
庚申酒場 庚申塚/食べログ vs Rettyグルメ

そぼ降る雨の中。

2軒目は「どうしても行ってみたい!」
というMyFさんのリクエストにお答えして…


板橋駅から禁断のシータク移動。
目指すは すこぶる老舗の酒場。

営業しているかどうかはお母さんの体調次第だとか…


「う~ん、雨だから微妙だなぁ…」

タクシーの中で常連のみかりんこさんが呟く…


やってなかったら、そのまま大塚方面に行って貰う予定。
店の前に到着すると…


IMG_4515


(おっ♪)

看板は点いてないけど、店内の電気は点いてるぞ。

(こりゃ~脈ありだ♡)


数年前から看板は出さなくなったので点いてないのは当たり前なんだけど、
営業しているかどうかは微妙な雰囲気。


様子を伺いに行ったみかりんこさんが戻って来てひと言。

「本当はやらない予定だったんたけど開けてくれた」

(おぉ~、それは嬉しいなぁ♪)


「おでんしか無いみたいだけど…」

(ノープロブレム!)

俺たちゃ古典酒場を巡礼できるだけで満足なのだ。
おでんがあるだけでもありがてぇ。


■庚申酒場
初めて入るMyFさんにPele(木梨憲武)のサインとダーイシ人形を説明。
長い間お客さんの肘で磨かれ艶が出ているカウンターは必見。


koushinsakaba555


さっそくホッピーセットを注文すると。
みかりんこさんが厨房に入ってセッティングしてくれました。
自ら働きさんを買って出てくれて恐縮です。


カンパ~イ♪
入る事が出来て良かった。
お母さんは以前来た時より小さくなったな…

koushinsakaba556


それでも話しは相変わらず饒舌。
吉田類が来た時の話から始まってテレビ取材の話し等々…
長い人生、引き出しはいくらでもあります。


◆おでん盛合せ
大根、じゃがいも、練物、ゴボウ巻き、ちくわぶ…etc
味が染み込んだ“ちくわぶ”がサイコーにうめぇ。
“古典酒場”という調味料で旨さ30%UP。


お母さんの話を聞いていると、ほっこりした気持ちになれるんだよね。
昔ばなしだけじゃなく、昨今の時事ネタまで何でも知っているのが凄いと思う。
さすが長いこと店を切り盛りしているだけあるねぇ。


お母さんによると…
「昔の男はちょっと成功すると、めかさん(妾)を囲ったもんだ」との事。

そういえば(小学校時代の)友達の父親を筆頭に、何人か妾を囲っていたオジサンを知っている。
妾というのは要するに2号。
2号と言ったら南極2号とあずさ2号しか知らないよ。

でもね。
お母さんから言わせたら「めかさんを囲うのはケチンボ」との事。

「妾を囲わずに遊びに行った方がよっぽどお金がかかるんだよ」

へぇ~!
金持ちってのは昔からケチンボなんだね。
そんなオイラも毛チン○だけど…


最後に
「こんな本が送られて来たんだよ」とお母さん。


koushinsakaba557


見るとRettyグルメの封筒。
中身を出してみると…

なんと!
食べログと敵対するレッティの本に載ったのか~!


いろんなグルメサイトが食べログを狙っている時代。
そういえば、「食べログは前年割れした」と先日ニュースで言ってた。
運営はもっともっとレビュアーを大切に扱った方がいいと思うな…

だって…
誰も書かなくなったら終わりの商売だから。
運営とレビュアーは持ちつ持たれつの関係なんだよ。

いづみや第二支店 大宮/こんぷりーとマニア

飲ん兵衛の聖地には必ず「ランドマーク」的な老舗の酒場があります。
東京三大聖地に目をやると…

蒲田…鳥万

立石… 宇ち多゛

赤羽…まるます家


これらを知らずに飲ん兵衛を語れません。
飲ん兵衛の皆さん、もちろん全店飲みに行った事がありますよね?

えっ、無い?(゜O゜;)!


埼玉だと大宮は立派な飲ん兵衛の聖地。
もちろんランドマークはありますよ。



IMG_3430JR


大宮駅東口にドーンと構える2軒の「いづみや」
ここが聖地大宮のランドマーク。
前回本店に入ったので、今回は支店に入ってみよう。


■いづみや 第二支店
idumiyadaini


えっ、本店の隣にあるのに第二支店?
第一支店はどこにあるの?

素朴な疑問ありがとうございます。
いづみやさんの第一支店はコチラ


そんな“いづみや”さん。
第二支店も昭和の空気が漂うノスタルジックな空間。
昔からの常連さんで賑わっています。


idumiyadaini2


ベテランのおばちゃん(失礼、お姉さん)達が慌ただしく動き回るホール。
本店同様サイコーの雰囲気ですねぇ。


壁に貼られたメニューは酒のツマミから食事系まで豊富なバリエーション。
大衆食堂と大衆酒場の両方を兼ね備えているんだけど、殆どのお客さんは酒を飲んでいます(笑)


「本店と第二支店は中で繋がっている」という噂があったので奥まで調べに行ってみたんだけど、イマイチよく分からなかった…

壁向きのカウンターに案内されホッピーセットを注文。


idumiyadaini3


◆オムレツ¥350
ふんわりしたブレーンオムレツにケチャップがかけられたシンプルなもの。
ケチャップ文字?はお姉さんからのメッセージだろうか?


◆ハムカツ¥300
久々にソース文字を書こうと思ったんだけど、まさかのウスター。
垂らし作戦で書いたけど分かりますか?


そうこうしている内に待ち合わせしたMyFさんが到着。
滞在時間は25分と短いけど…


IMG_3456


カンパ~イ♪

埼玉県のレビュアーさんなのに、今日がいづみやデビューなんですって。
聞くところによると…

埼玉県はいろいろな路線が走っていて。
自分の生活圏以外の電車は滅多に利用しないとの事。

そうかぁ。
という事は、埼玉のレビュアーさんは…大宮よりも池袋辺りの方が集まり易いのかもしれませんね。


わずか3軒だけどコンプリート達成。
これでコンプリート(全店制覇)したローカルチェーンは…

・赤札屋(6店舗)

・居酒屋 清龍系列(11店舗)

・和田屋(8店舗)

・信濃路(4店舗)

・豊田屋(3店舗)

・キッチン南海(21店舗)

・加賀屋系列(63店舗:チームでコンプリ)



実は、いづみやさんは浦和にも支店(第三支店?)があったようです。
情報源は…
いづみやで料理の写真を撮ってたら、スタッフのお姉さんから…
「みやけんさんですか?」と声をかけられた事があるほど常連のみやけんさん。

この情報なら間違いないでしょ。


毎日レビューを書いてるのに…
一度も声をかけられた事がありません(ToT)

有名人が羨ましいなぁ。


どこかのお店で…
赤の他人から「○○(ハンドルネーム)さんですか?」
と言われた事がある人いませんか?


          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





宝泉 王子/王子で王子と王女が生ホッピーを飲む会

アプちゃんプロデュース

「王子で王子と王女が生ホッピーを飲む会」という、
なんともベタなタイトルのオフ会に参加。


本来ならウキウキしながら向かうはずなのに、
この日はイマイチ気乗りがしない…

というのも、前日抜歯した奥歯の周りが見事に腫れあがってしまい、
痛くて話せないし食べられないのです。
歯医者から「アルコールは飲むな」「飲んだら痛みが増すぞ」と言われているし…


■大衆酒場 宝泉
housen


王子駅から徒歩5分ぐらい。
愛嬌ある顔の招き猫がお出迎え。
縄暖簾をくぐると…


IMG_3292


うわぁ~セピア色が似合う素晴らしい雰囲気♪
コの字型カウンターが2カ所にあって雰囲気抜群。
こりゃ~老舗大衆酒場ファンには堪らないお店だねぇ。
4人で予約をしていたので、コの字の角の部分(山梨弁でコバ)に案内されました。
宝泉さんは生ホッピーがあるそうなので、全員注文。


カンパ~イ♪
うわっ、この生ホッピーめっちゃ濃いぞ!
抜歯した部分をアルコール消毒するにはちょうどいいけど、
血流が良くなってド痛くなるんだろうなぁ…


壁一面に並ぶ短冊メニューは圧巻、どれも安いです。
女将さんオススメの料理を含め、歯に優しい柔らかそうなアテを注文してもらいました。


housen3


◆やわりめ¥390

女将さんオススメのやわりめはアタリメの柔らかバージョン。
サキイカのような歯ごたえ、味が染み込みコクがあってうまい。

「やわりめに祟り目」by men党


◆ニラ玉いため¥310
ねっとりした食感、腫れてる場所にニラが挟まってタイヘンでした…


◆シーフードグラタン¥430
女将さんオススメ。
歯茎が腫れてる人にピッタリ、柔らかく甘めのグラタンは優しいお味。


◆サンマ味噌カツ¥390
men党さんが注文。
秋刀魚のフライは初めてかも。
サクッとした秋刀魚と大葉の風味は至福のハーモニー。


◆おでん(セット)¥430
◆ちくわぶ¥90
◆玉子¥90

4人なのでセットに追加して8個にしてもらいました。
じゃんけんで勝った者が好きな種を取っていくシステム。
優しいmen党さんはオイラが大好きな“がんも”を半分譲ってくれました♪


housen4


◆肉豆腐¥310
肉も豆腐も味が染み込んでホントうまいです。


◆チーズ揚げ¥390
もちっと弾力のあるチーズ揚げ、おっぱいみたいで嬉しいね♪


しふぉんさんはホッピー飲むのは初めてだとか。
ホッピーデビューが生ホッピーとは凄いね。
ホッピーについて、いろいろ講釈たれちゃったけど興味なかったらごめんなさい。


会計は1人1500円強。
女将さんの明るく温かい接客。
ご主人の丁寧で迅速な仕事ぶり。
安くて旨くて雰囲気バツグンでサイコー、
次回の訪問が楽しみになりました。


※腫れた歯茎がズキズキ疼くので、ここで帰ろうかと思ったんだけど…
そうも行かないんだよね(^_^;A


          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





銚子屋 小岩/古典酒場ファンには堪らない老舗

晩秋の「呑まれる会」は小岩が舞台。
そぼ降る雨の中、幹事さん(アニキ)の後に続いて歩きます。


歩きます…


歩きます…


ひぇぇ~、かなり遠いね!
待ち合わせ前、小岩名物のワッフルを買うため往復で30分ぐらい歩いてきたのでヘトヘトになってきた。
こんなところに酒場なんてあるのかな?と思えるような住宅地を進むと…


「着きましたよ(うふっ♪)」


■銚子屋
choshiya



≫続きをみる...

みのかん 東神奈川/静けさ漂う昭和の空間で一杯

老舗の大衆酒場を語る上で欠かす事ができないのが、横浜市特有の「市民酒場」
戦中戦後、酒の横流しや闇売りを防ぐため酒屋や大衆酒場を整理統合して作られたんですって。
最盛期は200軒ほどあったそうですが、現在「市民酒場」の看板を掲げるお店は3軒のみ。


昨年、憧れの市民酒場 諸星さんを堪能した我々。
今年はさらに渋い昭和22年創業の市民酒場を目指しました…


■みのかん
IMG_2226



≫続きをみる...

花生食堂 船橋/歴史を感じる食堂で一杯

何年も前からBM(ブックマーク)していた魅惑の老舗食堂に、ようやく行けるチャンスが巡ってきました。

行きたい気持ちはMountainMountain(山々)なのに、距離的、時間的にとっても厳しかったんですよ。
でもね。
“もたもたしてたら閉店しちゃった”という苦い思いを何度か経験している内に決断したのです。


「行かねばならない店は気合いを入れて先に行く!」
特に老舗は早めに行っとかないと、明日閉店するかもしれません。


てなわけでやって来たのは「目利き番頭 船えもん」でお馴染みのJR船橋駅。
ワクワクしながら南口の繁華街方面へ歩いて行きます。
いゃ~船橋も飲食店が多くて魅力的な街だなぁ。
繁華街を抜け、しばらく歩くと先に見えた木造の一軒家…

「あったあった、絶対にあそこだよ!」


■花生食堂
IMG_0996



≫続きをみる...

品川亭 西新宿/花街の面影残る角筈十二社で一杯

今宵は西新宿に出没。
右手に新宿中央公園を見ながら十二社通りを北上、女性先導で向かった先は薄暗く怪しげな裏通り…

(こんなところに酒場があるのかな?遠くにラブホは見えるけど…)
二人の女性は更に奥に進み、とうてい店などありそうもない暗い坂道を登り始めました。

(大丈夫かな、二人にやられちゃったらどうしよう?)と思った瞬間、「あった~♪」と歓声が上がりました。

まさかこんな所に店があるの?
坂を登ると左側にとても赴きのある古い日本家屋があり、渋い看板が灯っています。


ここ西新宿4丁目界隈は、かつて角筈十二社(つのはずじゅうにそう)と呼ばれ花街として栄えていたそうで、
コチラの建物もかつては料亭や芸者衆の置き屋だったようです。


■品川亭@西新宿
R0019745

素晴らしく赴きのある外観、落ち着いた門構えは大人の隠れ家といった感じ、なんとも言えない風情を醸し出しています。
縄暖簾を潜り引き戸を開けると、セピア色の世界が目の前に広がりました。



≫続きをみる...

あのGakuchiさんが正月休みを利用して日本に帰って来るという連絡を受け、一夜限りの㈲ガクチ観光復活です。

しかし…
ずっと楽しみにしていたせいか、当日になって知恵熱が出て体調不良に陥ってしまいました。
この機会を逃したらGakuchiさんにお会いできるのは何年先になるのか分からない…

熱を計った直後、這ってでも行こう!と決断。
夜になり待ち合わせの立会川駅に着きました。

仕事中はぐったりしていたのに、久しぶりにGakuchiさんの笑顔を見たら元気いっぱい。
さっそく1軒目のお店に向かいましょう。
信号を渡り川沿いの道を進むと、看板が点いてない薄暗い雰囲気のお店に着きました。


(えっ、ここですか?!)

■鳥勝@立会川
R0019397

どっしぇ~、渋過ぎる外観。
中からの熱気は伝わって来ますが、常識のある人にはとても入れそうもない。そんな雰囲気を醸し出しています。
ガラガラと扉を開け中に入ると…




≫続きをみる...

庚申酒場 庚申塚/おかあさんの笑顔が素敵な古典酒場

先日、ブログ(にこけん)時代から親交深いMyRのみやけんさんから“達っての願い”が寄せられました。
 
その願いとは…
 
「どうしても庚申酒場に行きたいんです!」

(おぉ~、これまた渋い酒場を指定してきたね!さすが酒場巡りの達人です)
 
「よっしゃ~オイラに任しとけ!」 とは言ったものの、
お母さんはオイラの事など覚えてないだろうなぁ~(前回はウッチーと間違えられたし…)


やっぱりここは常連さんにお願いして、連れてって貰った方が良さそうだね。

てなわけで常連さんと共に大塚での0次会を経て、みやけんさん念願のお店にやって来ました。
 
■庚申酒場@庚申塚
koushin



≫続きをみる...

鳥政 大塚/とり皮煮込みが絶品 老舗古典酒場

日本中に酒飲みは大勢いますが、同じ酒飲みの中でも嗜好はバラバラ…

もちろん人によって好きなドリンクはそれぞれ違いますよね。
ビール、焼酎、日本酒、ワイン、ウイスキー、スピリッツ、カクテル、ホッピー…etc

また、同じ酒飲みでも飲みに行く店も人によって様々。

“アナタはどういったタイプの店で飲むのが好きですか?”と聞かれたら何と答えるでしょう?
居酒屋、カフェ、バー、小料理店、焼肉屋、寿司屋、イタリアン、フレンチ、中華、角打ち、ガールズバー…etc

飲みに行く場合、趣味嗜好が合う人と好きなタイプの店で一杯やるのが一番楽しいもんです。
今宵はまさに趣味趣向がピッタリな3名が大塚に集まり1軒目に突入です。
はたして、この3名はどういったお店が好きなのでしょうか?

■鳥政@大塚

torimasa1

うひゃ~、メッチャ渋いね♪


≫続きをみる...

いづみや 日暮里/昭和の空気が漂う老舗の大衆酒場

久しぶりの京極会(京浜東北線沿いの酒場を極める会)です。
京浜東北線の全ての駅を制覇したら「京都の京極スタンドで打ち上げをしよう!」
なんて話しがあったので、先月京極スタンドの下見に行ってきました(笑)

今回攻めるのは日暮里駅。
日暮里といったらココ!という定番のお店で待ち合わせしました。


いづみや日暮里
R0019041.jpg



≫続きをみる...

東はカネス・西は京極スタンドだぁ!

【大人の修学旅行第2弾】

京の台所「錦市場」でたくさん買い物をして大満足、続いて「新京極」に入りました。
新京極は観光客や若者で賑わうアーケード商店街。

修学旅行のシーズンになると各地方から出てきた不良学生達の火花がバチバチ飛び交います。
修学旅行で訪れたのは40年も前なので景色はすっかり変わってしまいましたが、新京極の土産物店でペナントを買ったのだけは覚えています。
昔はお土産の定番として流行りましたよね~!


えっペナントを知らない?(゜O゜;)!

そんな新京極に、今回の京都旅行で一番行きたかったお店があるのです…


■京極スタンド
A



≫続きをみる...

今世紀最大のBM店に行くため、平日休みを利用して一之江という駅に降り立ちました。
一之江かぁ、はるばる来たねぇ~!
はるばると言えば立石や蒲田、赤羽なんかも“はるばる”の内に入るのですが、この3駅は「飲ん兵衛の聖地」と言われるだけあって魅力的な酒場が数多くあり、無理してでも行く価値があるんですねぇ~♪
初めて降りた一之江駅。
0次会でテンション上がっているのでスキップしながら向かいましょう。


■大衆酒場カネス@一之江
A_3



≫続きをみる...

山城屋酒場 南砂町/吉田類さん推奨 老舗の「大衆酒場食堂」

都内のホテルで開催された吉田類さんのセミナーに参加。

生の吉田類にお会いできるので朝からウキウキ♪
セミナー直前、司会者から…

「これから吉田類さんが登場しますので通路側の人はハイタッチでお願いします」と言われテンションMAX!

ついに本物の吉田類さん登場、ハイタッチでお出迎えです。
酒や登山や俳句に纏わる話を楽しく聞いていると、スライドの最後に登場した酒場に目を奪われました…

A_2


(うぉ~、なんじゃこりゃ~!)

今までいろんな渋い酒場を見てきましたが、こんなに渋い外観は初めて!
類さんによると、明治創業の酒がメインの大衆食堂。
だから看板に「大衆酒場食堂」と書いてあるそうです。

(この目で本物を見たい!)

こうなったオイラを誰も止められません(止める人は誰もいませんが…)
住所を調べ、さっそく行ってみました。


■山城屋酒場@南砂町
R0017081



≫続きをみる...

高田馬場駅前にある「さかえ通り」は、飲ん兵衛にとって楽園のようなストリート。
今までの人生、この通りを何回往復した事だろう…

「さかえ通り」に通う度に新たな体験をし素晴らしい思い出が増えて行く、それと同時に髪の毛は減っていく…(^_^;A
そんな「さかえ通り」の中央地点に、ずっと前から気になっていた酒場。
毎回、店の前を行ったり来たりするのですが外観が渋過ぎて入る勇気が出ない…。

今回は突入する事を決意、ダサい自分の殻を破ってみせましょう。


■てっぽう@高田馬場
A_2


縄暖簾をくぐりガラッと引き戸を開けると、カウンターと小上がり3卓の小じんまりとした店内。
カウンター席に着席、早速ホッピーを注文すると…


「芋と麦どっちにしますか?」



≫続きをみる...

春の京極会は田端が舞台

京極会をご存知ない方に説明致しますと。
決して危ない会では無く「京浜東北線の大衆酒場を極める会」の略なんですよ。
京浜東北線沿いには魅力的な酒場がいっぱい。

あちこちに灯る赤提灯、この路線は夜の景色がサイコーなのです。
夕闇迫る田端の街、最初に入ろうと決めていた「初恋屋」さんは予約でいっぱい。
それではメンバーが揃うまでスタンドで待ちましょう。


■三楽スタンド@田端
A



いつ来ても渋いですねぇ、こういった雰囲気は大好きです♪
チューハイとウーロンハイを注文すると…

「ウーロンハイには炭酸入れますか?」と女将さん。

(えぇ~っ?炭酸入りのウーロンハイって聞いた事ないよ…)



≫続きをみる...

伊勢元酒場 亀戸/雰囲気最高 魅惑の下町老舗酒場

錦糸町の激安立ち飲みでワイワイやっている所に、遅れてMRKさん(ミスターKではありません)がやって来ました。
彼女は0次会で行った酒場がとっても良かったようで、興奮しながら話しています。

「そんなにいい酒場なら今から行こうよ!」という事になり、シータク2台に分かれ店に直行!


■伊勢元酒場@亀戸
A_4



≫続きをみる...

新潟屋 東十条/がたやの赤提灯が揺れる老舗酒場で一献 

とん八さんでニンニクまみれになった京極会(京浜東北線の酒場を極める会)の4名。
次に目指すは「がたや」さんですが、はたして世紀の繁盛店に入れるでしょうか?


■新潟屋@東十条
A


満席でしたが、入れ替わりで入る事ができました(超ラッキー♪)
活気に満ち溢れた店内、常連客で賑わっています。

以前来た時は年配の方が多かったけど、今回は若者が目立ちます。
ここの活気ある雰囲気が大好き、こっちも盛り上がっていきましょう。



≫続きをみる...

カミヤ新橋店/おじさんパラダイスの古典酒場 

お客さん第一主義という、居心地の良い酒場ばかりで飲んでいると、何か物足りなさを感じる時がある…

そう、それはカミヤが切れてきた証拠。
たまにはカミヤに行ってガツンと洗礼を浴びてきますか~!
てなわけで、やって来たのはサラリーマンのメッカ新橋…
いつも新橋駅で降りる度、(インタビューされたいな~)なんて思いながらSL広場に行くのですが、取材人なんて見た事ない…(・o・)


■カミヤ@新橋店
A



独特な接客、5~10本縛りのモツ焼きで人気を馳せるカミヤグループ。



≫続きをみる...

カメハメさん、また皆で集まったよ! 鳥升@道玄坂店

月日が流れるのは早いもの…
今宵はとても仲良くして頂いていたカメハメさんの一周忌、彼が行きつけだった店に有志が集まりました。


■鳥升@道玄坂店
A_3



道玄坂百軒店にある焼き鳥の名店。
カメハメさんが一番好きだったお店と伺っていますが、生前ご一緒出来なかった事が悔やまれます(ToT)


献杯!



≫続きをみる...

お皿の枚数で会計する均一酒場 若大将まつしま@池袋

忘年会の0次会。
いろんな候補店があったのですが、入ったのはコチラのお店…


■若大将まつしま@池袋
A_2



奥に長い造りのお店、カウンターには昼酒を煽る紳士がズラリと並んでいます。
若大将というより、青大将といった雰囲気のご主人がお出迎え(意味不明…)

「奥の席にいます」というメールを頂いていたので、迷わず奥へ進むと皆さん揃いぶみ。
割りと薄暗い店内、周りでは昼間っから真っ赤な顔をしたオジサン達が飲んだくれています(結構へべれけ猫灰だらけ)

さっそくウチらも(飲んだくれの)仲間に入りましょ~う!
幸せだなア、僕は昼から飲める時が一番幸せなんだ…


カンパ~イ♪
おぉ~っと、コーラで乾杯している不届き者がいると思ったら、かなりの二日酔いだとか(忘年会シーズンだから仕方ないですね)
まつしまさんはドリンクもツマミも315円均一(定食類除く)という安心価格。
さっそく注文しましょう。

B_2



◆ピザ(ハーフ)¥315
チーズがとろける熱々のピザ、ハーフだけどボリュームあります。
それにしても刺身用の皿に乗ったピザを初めて見ました(笑)

◆トンカツ¥315
まつしまさんに係ればトンカツだって刺身用のお皿(笑)

◆ジャンボつくね¥315
この皿はいろんな料理に使われる万能の皿なのですね。

◆さば塩焼き¥315
焼き魚が刺身用の皿で提供された事は何度もあります。

◆下足わさ¥315
初めて刺身用の皿が似合う料理が登場。

◆たこ焼¥315
大きなたこ焼きで柔らか~い。
不思議な事に、たこ焼きだけ違う皿で提供されました。


に貼られた計算表を見ると、全て枚数で計算するよう書かれています。
会計をお願いすると、スタッフがグラスと皿の枚数を数え「○○枚~!」と若大将に伝えていました。
これが均一料金の便利なところですね。


駅から近く315円均一のド大衆酒場、池袋の町並みに見事に溶け込んでいました。
さて、ゆうゆう散歩に出かけよう。

正直ビアホール 浅草/ステキなママさんがいる魅惑の空間 

ぴじき会の2軒目。
三岩さんでほろ酔い気分になった我々はホッピー通り(煮込み街道)からアーケードを抜け、大通りに出ました。
左に曲がってしばらく歩くと、一際怪しげな店がありました。


■正直ビアホール@浅草
A_3



看板は無く、6枚扉の内側に付けられたカーテン越しに中の明かりが確認できる程度…
えぇ~っ、これで営業中なの?!
扉を開ける常連のPじきさんの後に続き中に入ると、すぐ目の前にコの字型カウンター。
7~8人で満席という小じんまりとしたお店、割烹着姿のママさんが笑顔で迎えてくれました。


(うわ~、いい感じだなぁ♪)
そこには本物の昭和が残っていました。
レトロなカウンタードラフトタワーを器用に操り、生ビールを注ぐママさんの姿がカッコイイ!


「はいど~ぞ♪」
優しさのあるハスキーボイスで提供された生ビールは7:3の完璧なスタイル。
めっちゃ薄いタンブラーなので乾杯は慎重に…


カンパ~イ♪
B_3



ぷはぁ~、グラスの薄さを唇で感じながら飲む生ビールは格別だねぇ!
これだけ薄いタンブラーだと割れやすい!
だから酔っ払って寝ちまいそうな客にはプラカップで提供されるのですね(笑)


おつまみはバス旅行で重宝する小分けされた柿の種やピーナッツが入った徳用菓子の大袋。
これでいいんですよ~。
ここはママさんとの会話を楽しむお店、初めて入った本生さんとは地元話で盛り上がっていますよ。


ギャハハハハ~ッ!
ママさんと常連さんとの会話がめっちゃ面白い、何回吹き出してしまった事やら…


温かく優しい空気が流れる正直ビアホールさん、一回で好きになっちゃいました♪





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

見事な馬蹄形白木のカウンター 三四郎@錦糸町

両国会の2次会です。
炭火焼場カルを出た5名、シータク利用で錦糸町に行こうと思っていたのですが、
メンバーが「いや、歩く!」と言うので徒歩で錦糸町に向かいました。


(まだ着かないの~?)


思ったより距離がありますねぇ(後日地図を見てビックリしました)!
疲れ果てて錦糸町に着くと、今度は呼び込みの嵐…


「さぁ、お兄さん!キャバクラどう?!」


「社長、可愛い娘がいまっせ~(うひひ…)!」


オイラ社長じゃないっつーの!
それに女性(みかりんこさん)と一緒に歩いているんですけど~(女性に見えないのだろうか?)



■三四郎@錦糸町
A



ここ、来たかったんですよ~。
錦糸町の酒場を語る上で欠かせないお店…
酒場放浪記や、おんな酒場放浪記にも登場した名店です。
赴きのある馬蹄形の白木カウンターは見事に磨かきぬかれています。


下町特有の焼酎ハイボールを注文。

ボールdeカンパ~イ♪

B_2



さぁ、モツ焼きを頂こうと思ったらほとんど売り切れ…
シロしか残ってないというのでタレで注文。


◆シロ(タレ)1串¥150

ぐにょぐにょとした食感でサップリしたシロ。
どちらかと言えば脂っこいシロの方が好きだなぁ。タレも甘めです。


◆なまこ酢¥630

なまこ好きには堪らないんでしょうね。


◆もつ煮¥470

モツがとっても柔らかく味が染み込んでいます、さっぱりした味つけで旨いです。


◆あつ揚 煮¥450

あつ揚げは“焼”と“煮”があります。
いつも焼きばかり頼んでいるので、アツアゲニストとしては煮込んだ厚揚げも食べないとね。
うん、旨い。厚揚げの美味しさを生かして控えめな味つけ、甘めの出汁がたっぷり染み込んでいます。


いよっ、待ってました!
名物の女将さんが来ましたよ~。
テレビで何度も見た割烹着スタイル、テレビと同じ顔、同じ声です(当たり前か~!)
女将さんはめっちゃフレンドリー!
白木のカウンターは毎日磨いているとおっしゃってました。


そうそう…
「白木のカウンターに頬擦りしたい」という記事を何人もの人が書いていたので、代表して頬ずってきました(^O^)v


(うわ~スベスベして気持ちいい~♪)


カウンターほお擦りオススメです、これから行かれる方は是非やってみて下さい!

※対面の客から変態だと思われても、当局は一切関知しません(笑)





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

絶品鳥なべ&鳥刺し 鳥升@道玄坂店

カメハメさんを偲ぶ会は、カメさんが一番お気に入りだった店でやることになりました。
渋谷駅から道玄坂を登り百軒店(ひゃっけんだな)に入ります。


■鳥升@道玄坂店
Rimg5513


本店は何度か飲みに行った事がありますがコチラは初めて、本店同様歴史を感じる渋い外観だねぇ。
天国への階段を上り2階の座敷に座っていると、次々とメンバーが集まってきました。

nikemoritaさんがカメハメさんの写真を立て、全員で献杯!
カメさん、一緒に飲みましょう。


◆鳥皮キムチ

う~ん、刻んだ鳥皮とキュウリの食感がいい。
ピリ辛でビールのアテにピッタリです。

◆鳥刺し
ほんのりピンクで新鮮そのもの、旨みがギュっと詰まった鶏肉です。

◆焼き鳥(各種)
鳥升名物の焼き鳥は普通の店の1.5倍はありそうな大串。
ワサビが添えられているのも鳥升流、ワサビで食べる焼き鳥の滋味深い味わいが堪りませ~ん。

A_6


◆鳥なべ

本日のメイン料理が登場、すごいボリュームです。
テンコ盛りの野菜の上に覆いかぶさる鶏肉が圧巻。
途中で竹筒に入った鶏つくねを団子状にして投入、鍋から立ちのぼる湯気が食欲をそそります。
ぐつぐつ煮えたら生玉子に潜らせて頂きましょう♪
う~ん、出汁が効いて旨いなぁ!
〆のきしめんを食べ終えると身も心もほっかほか。


カメさん、ここの鳥なべが大好きだったんだよね。
一緒に食べたかったな…





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

鳥升鳥升(とりますとります)坂上二郎風に… 鳥升@渋谷

Rimg5475


あるミッションを達成する為、0次会で鳥升本店にやってきました。
というのも、1次会が鳥升道玄坂店だから。
この2軒に続けて行く事により「鳥升鳥升(とりますとります)」坂上二郎風
になるのです(笑)
このくだらないミッションに賛同してくれたPさんとサシ飲み。


引き戸を開けるとカウンター席はいっぱい。
天国への階段を上り、いつもの座敷に腰を下ろします。


カンパ~イ♪

ぶはぁお父さんのオアシス、サッポロ赤星が旨いなぁ。

◆ひな鳥2本¥280

◆つくね2本¥300

◆ポテトサラダ¥370

◆おしんこ¥320

焼き鳥に山葵が付くのが鳥升流、これが旨いんですよね。
さぁ、そろそろ時間だ。
もう1軒の鳥升に向かいましょう。

※今までに、鳥升のハシゴをした人がいるのだろうか?



A_5






ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

椅子にテニスボールが付いてる老舗焼き鳥 鳥金@渋谷

渋谷飲み。
すでに▲1次会を敢行しているひ゜し゛きさんからメールが届きました。


「隣で芸能人が飲んでますよ!店は富士屋本店 DINING BARの隣です」


「お~、いいね!」

ソッコー返信して、富士屋本店 DINING BARに行ってみたのですが、どこにも目当ての店がありません…
ありゃりゃおかしいな、電話で確認してもちんぷんかんぷん。
業を煮やしたPさんがダッシュで迎えに来てくれました。
後について行くと全然違った方向へ…
オイラ、間違って富士屋本店 WINE BARの周辺をさまよっていたようです(^_^;A


■鳥金@渋谷
A_4



渋谷駅は読んで字の如く“谷”にあるので、どこに行くにも坂を上らなければなりません。
コチラのお店も坂の途中にあります、赤提灯がいい感じ「やきとり」と書かれた茶色い暖簾が渋いねぇ。
引き戸をガラガラと開け中に入ると、そこはまさしく昭和の焼き鳥屋。
ノスタルジックな雰囲気に包まれた店内にはダーイシ人形が輝いています♪

いい感じに年季が入ったカウンターに座ると、横にはテレビで活躍中の歌手が飲んでいるゼェ~ット!


一番搾りdeカンパ~イ♪
コチラは宮崎地鶏がメインの焼き鳥屋さんだとか、さっそく頂きましょう。

B_4


◆地鶏もも身炭火焼¥630


◆地鶏の刺身¥630


◆地鶏串焼き とり¥315(2本)


◆地鶏串焼き ねぎま¥315(2本)


う~ん、宮崎日南の地鶏の歯ごたえは何とも言えない弾力があっていいねぇ♪
炭火焼きなので香ばしい、滋味深いコクが堪りません。


帰り際、握手を求めるとプライベートにも関わらず、快く握手をしてもらっちゃったゼェ~ット♪





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

雰囲気も値段も最上級♪ 仂く人の酒場牛太郎@武蔵小山

今回のG観光飲んだくれツアーは、全国の商店街関係者がこぞって視察にやって来る、日本屈指の商店街“武蔵小山”。
きらびやかな商店街とはウラハラ、武蔵小山駅の周辺には魅力的なお店がワンサカワンサあるんですよ♪
さぁ、ムサコ飲んだくれツアーに出発~!
Gakuchiさんを先頭に歩く事3分、着きました。


■牛太郎@武蔵小山

うお~、素晴らしい外観!
ここが噂の牛太郎かぁ(牛丼太郎ではありません)
引き戸をガラガラッと開けると、広めの店内はセピア色。

A_3


「カシラとレバー!タレで!」

「ナカ下さい~!」

「はいよ~!」

注文する声が飛び交い、これぞ大衆酒場といった雰囲気で活気がありますねぇ~♪
満席なので入口横にある長椅子でマツコとに…

「コチラが一軍ベンチ、我々は二軍ベンチなんですよ」とGakuchiさん。

店内をぐるりと囲むコの字型のカウンターには木製の長椅子(一軍ベンチ)があり、さらにその外側(壁側)には、我々が座っている待機用二軍ベンチが用意されています。


しかし、この混み方はハンパないね!
いったい何分待てば一軍に上がれるのだろう…?

5分経過(まだかな…)

15分経過(誰も立たない…)

25分経過(早く空かないかなぁ…)

35分経過(てめ~ら。くっちゃべってね~で、さっさと帰りやがれ!)

そして40分後、ようやく一軍に上がれました♪
後にも先にも、酒場でこんなに長く待ったのは初めて…


カンパ~イ♪
ぷはぁ~、こんなにホッピーが旨く感じた事はない!
40分待ちが効いてます。

◆カシラ(たれ)¥90

◆タン(たれ)¥90

◆つくね(大葉)¥150

◆ポテトサラダ¥100

ホッピーのナカを1杯お代わりした後は、牛太郎名物のスピリッツ(100円)を注文。
ウイスキー味の飲み物ですが、アルコール分が高いので3杯も飲めばグリグリになれそう。


◆とんちゃん¥110

牛太郎の名物料理、ほとんどのお客さんが注文しています。
とんちゃんは濃い味つけのモツの炒め物、添えられたネギ味噌が美味しい♪

◆煮込み¥110

◆おしんこ¥80

◆スパゲティーサラダ¥100

◆レバー(若焼き)

◆つくね(大辛)¥150

◆煮込み豆腐¥280
凄いボリューム、こちらで一番高いメニューかも。

C


会計は4人で1990円!
えっ本当?1人ワンコイン(500円)ですよ。
いや~待ったかいがあったね~!

牛太郎さんサイコーです♪

B_2





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

丸三横丁の老舗 三喜@有楽町

京極会(有楽町編)の〆は郷愁漂うガード下にやって来ました。
以前、有楽町の加賀屋さんを訪れた際に見つけた魅惑のスポット「丸三横丁」
全長20メートルぐらいかな?
短く暗い路地には昭和の雰囲気の漂う飲み屋が軒を連ねています。
いや~、こういった場所に来るとワクワクするねぇ♪
さ~て、どこに入ろうか?

考えてみたら今日はモツ焼き屋に入ってなかったので、暖簾がメニューになっている店に入りました。


■三喜@有楽町
A_10



ガラガラと引き戸を開けて中に入ると、ギョロッとした目で我々を見たご主人が開口一番…


「あと1時間だよ!」


「ハイハ~イ!」


久々に味わうどちらが客か分からない立場、めったに経験できないので堪りません(こういったのを楽しまないとね。これも昭和の遺産です)

壁に書かれたモツ焼きメニューから、カシラとタンを頼もうと思ったら…
「今日は盛り合わせしかない!」との事(いいぞ いいぞ~♪)

チューハイdeカンパ~イ♪

B_8


◆もつ焼1皿4本¥360

1本90円と良心的、焦げ具合もなかなかGood。
一味を振りかけサクっと串を抜くと、やな事忘れるね。

◆煮込み¥400
じっくり煮込まれたモツはトロトロです。

◆ハムカツ¥400
厚切りのハムカツです、久しぶりにソースで文字を書こうと思ったのですが、ウスターソースだったので諦めました。

◆自家製おしんこ¥300


ドリンクの追加を頼んだら、どことなくマイルドになったご主人ですが、そろそろ約束の1時間…
ご主人に追ん出される前に退散しましょう。

「ごちそうさま~!」

ん…、待てよ!
今日飲みに行った3軒は…
原橋地下街の小料理 原→洋食 原→丸横丁の

考えてみたら三軒全てが「三」絡みでした~(こんな事もあるんだね~)





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

豊田屋コンプリート達成! 豊田屋1号店@池袋

池袋西口のネオン街に点在する3軒の豊田屋さん。
池袋を飲み歩く飲兵衛で、この店を知らない人はいませんよね~。
最初に入ったのが3号店、続いて2号店と逆スライド方式で攻めていき、最後に残った1号店。
一番ディープという噂ですが、はたして真相はいかに…?


■豊田屋1号店@池袋
A_7



2号店や3号店と比べるとこじんまりとしてますね、中の様子を伺っていると…
いきなり「いらっしゃいませ~!」という声がスピーカーから響きました!

(これが豊田屋名物のマイクパフォーマンスかぁ!)

そう。ご主人は店内から外の様子を見ているようで、迷っていそうな客がいるとマイクで呼び込むのです。
引き戸をガラガラッと開け店内へ…
L字型のカウンター、昭和時代にタイムスリップしたような、なんとも懐かしい丸椅子が並んでいます。
客はゼロだったので、右から2番目の丸椅子に座りました。
マイクの活気とはウラハラ、寡黙な雰囲気のご主人にホッピーを注文。
メニューを拝見すると高いんだか安いんだか分からない不思議な値段設定、明らかに2号店や3号店とは違います。


串は2本縛りのようなのでカシラとタンをタレで注文。
お通しは無し、この時点で箸は手元にもカウンターにもありません。


B_6


◆タン(タレ)1本¥130

◆カシラ(タレ)1本¥130

おぉ~、串が長くてボリューミーなもつ焼きですねぇ!
歯ごたえもプリプリで美味しいヤキトン、これなら130円でも十分です。

続いてアジフライとナカ(¥270)を注文。
どう考えてもソト(¥150)よりナカの方が高いのは不思議です。
ナカはウーロンハイ(¥250)よりも高いのね(笑)

◆あじフライ¥200
小鯵のフライが割り箸と共に提供されました。
箸が必要なツマミを頼んだ人に割り箸が届くシステムのようです。


途中、女将さんが二階から降りてきて厨房へ…
ご主人より朗らかそうだったので豊田屋さんの事をリサーチ!
こちらの1号店は60年の歴史があるようです。
一番大きな2号店は兄貴のお店、3号店は嫁の弟がやっているとの情報を得ました。


「ごちそうさま~♪」


会計して丸椅子から立ち上がると同時に、ご主人がマイクを持ち…

「ありがとうございました~!またどうぞ~!」

まだ店内にいるのだから直接言えばいいのにな…
ひょっとしてご主人、恥ずかしがり屋?





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

さようなら三原橋地下街 季節料理 三原@東銀座

極寒の2月。
京極会のメンバーが集まったのは、高級店が立ち並ぶきらびやかな街、銀座…


日本一地価の高い場所として有名な銀座(ザギン)ですが、そんな銀座の真ん中に知る人ぞ知る(知らない人は知らない)三原橋地下街という、なんともレトロな地下道があるんですよ。
メインとなるのは銀座シネパトスという映画館…
地下道に映画館(しかも3劇場)って、信じられないと思いますが、知ってる人には当たり前の光景なのです(知らない人は知らない)

A


シネパトスは昔から成人向け映画が放映されているとの事…
当時、田中真理や愛染恭子にお世話になった人も多いのでは?
( ̄ー ̄)ニヤリ
※現在は壇蜜出演中(見てぇ~♪)

しか~し!
残念な事に、今年の3月いっぱいで銀座シネパトスは閉館になってしまうんですよ…
しかも映画館の回りにある、これまたレトロな飲食店まで立ち退きを余儀なくされているみたい。
そうと聞いては、その姿をこの目に焼き付けておかなくてはなりません!
てなわけでやって来たのがコチラのお店…


■季節料理 三原@銀座
B



銀座シネパトスの目の前にあります。
地下道の雰囲気、店の外観とも昭和ファンには満点♪


引き戸をガラガラと開け中に入ると、先輩方がカウンターを占領中。
女将さんに小上がりの席をセッティングして頂きました。
店内を見渡すと、竹久夢二の絵、マリリン・モンローや10代の頃のキョンキョンの写真…etc
またもや昭和ファンには堪らない雰囲気。

カンパ~イ♪
プハァ~、こういったお店で飲めるのって幸せだなぁ。

C

◆真あじさしみ¥600

◆牛肉豆腐¥750

◆寒さば〆さば¥500

◆おでん¥600

おでんと来たら飲みたくなるのが熱燗。
ちびりちびりと燗酒をあおりながら昭和の空気を思いっきり吸い込みます。


浅草の地下道や新橋駅前ビルの地下と似てディープさ満載の三原橋地下街…
階段を上がり一歩外に出ると、そこには高級店が立ち並ぶきらびやかな銀座の姿が!
いや~、ギャップにビックリしますね。





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

地元の常連で賑わう魅惑の酒場 斉藤酒場@十条

東京の大衆酒場を語る上で欠かせない店にやってきました。


■斎藤酒場@十条
B_2



創業昭和3年と書かれた渋い暖簾、今年で85年になるんですねぇ!
その歴史を物語るように佇む風情のある建物。
いや~、サイコーだなぁ♪


引き戸を開け中に入ると…
おぉ~!活気に満ち溢れた店内、天井が高くて開放感が心地いい。
なんとも複雑な形をしたテーブルに案内されましたよ~。
一枚板の大きなテーブル、ところどころ開いている節穴(オイラの目と一緒)を野菜の模型で塞いでいます。

そして超相席
老若男女が肩を寄せ合い飲んでいます、こういった雰囲気大好き、テンションあがるなぁ♪
そうそう、斎藤酒場といったらblogや食べログが流行り始めた頃は「写真の撮れない店」というレッテルを貼られていましたが、カメラを上に向けなければ(撮るのは料理だけ)なら大丈夫という事が分かりました。
メニューを見て安さにビックリすると共に、大きな勘違いに気がつきました。それは…

モツ焼きが無い事!
ずっとモツ焼きの名店だと思っていたのです(知ったか発言をする前に気づいて良かった!)


熱燗で乾杯。
日本酒はなんと170円、痺れる安さです♪

C_2


◆煮こごり

プルンとした食感、しっかり染み込んだ上品な味がクセになる~。


◆まぐろ刺身¥250

値段を考えたらCPいいですね。


◆しめさば¥300

しっかり〆ったタイプ、通好みの味わい。


◆コハダ



最後に名物料理を頼みましょう。
アニキが「セットと言えば大丈夫」と言うので、近くにいたお姉さんに「セットひとつお願いします」と言ったら一発で通じました(これで常連の仲間入り?)


◆セット¥220

カレーコロッケと串カツのセットです。
ホクホクのコロッケとサクサクの串カツ、どっちも旨んめぇぇ!


途中、若女将と話す機会に恵まれました。
腰が低くとっても感じのいい方…


「お客様のおかげでここまで来る事ができました」
という言葉が印象的、
大満足で斎藤酒場を後にしました。





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

昭和過ぎる駅前立ち飲み 丸小@東中野

1人で訪問した時の雰囲気がサイコーだったので、“立ち飲みの達人”と“古典酒場の達人”に無理言って、再び丸小さんのドアを叩きました(あっすいません、ドアなんてありません…)


もつやき丸小@東中野
A_7

相変わらず外まで人が溢れる大繁盛店!
今回初めて分かったのですが、表に止めてある自転車の荷台をテーブル代わりにして飲んでいる人までいました(できたら荷台で飲みたかった…)


とは言え、3人並んで立つ事が出来たのはヤキマエ(焼き台の前)という好立地♪

B_7


Gakuchiさんが話し好きな常連さんにつかまっている間に、ご主人に撮影の許可を得て“昭和の立ち飲み”を撮りまくり。
歴史に刻まれた店は、どこを撮っても絵になりますねぇ♪

目の前に並ぶモツ焼きから旨そうな煙が噴き出しています。
ご主人が手際よく串をひっくり返す様子は、酒のいいアテになります。

C_2


◆おしんこ¥100

しょっぱさ加減が労働者の味覚にちょおどA♪


◆カシラ(たれ)¥70
実際はカシラアブラです、ひと口噛むとジュワッと脂のコクが広がりとろける旨さ。


◆レバー(たれ)¥70
レバー好きには堪らない。


◆カシラ(しお)¥70
カシラとアブラが交互に刺さり、豚のサーロインステーキの出来上がり。

D


いや~、丸小さんのモツ焼きはホントに旨いなぁ♪
70円じゃ申し訳ない感じです。





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

東中野にある老舗立ち飲み やきとん丸小@東中野

モクモクと吹き出す煙、満立ちの店内。
東中野駅のすぐ近くにある立ち飲み屋さんにやって来ました。


■やきとん丸小@東中野
A_8



大繁盛のやきとん屋。
開店時間が19:30と遅いため東中野では知る人ぞ知る立ち飲み。
実は何十年も前から行きたかったのですが、いつも満立ち&常連率が高そうで躊躇していました。
そして今日、満を持して入店。
外まで客が溢れていましたが、指を1本立てると、女将さんから奥に行くよう促されました。
L字型のカウンター、奥から2番目の立ち位置が確保できました。
メニューを見るとドリンクはビールの大瓶と小瓶、日本酒のみ。
つまみは70~80円の激安ヤキトンとお新香だけと、めっちゃシンプル

とりあえずビールとヤキトン各種、おしんこを注文してヒューマンウォッチング。
やさぐれたオッサンが多いと思いきや、サラリーマンを中心に若いカップルやオバチャンまで飲んでます。
この時期は熱燗を頼む客が多いねぇ、女将さんはポットから溢れんばかりにコップに注ぎます。
入口にある焼き台の前では、大きな声のご主人が手際よく焼いている姿が見えます。

B_8


◆おしんこ¥100

ほとんどのお客さんが注文してます、キャベツの浅漬けに七味唐辛子をかけて爪楊枝で食べましょう。

◆かしら(タレ)¥70
うんめぇぇ~♪
カシラとアブラが刺さっているのでメッチャ柔らかジューシー、これは素晴らしい逸品です。

◆なんこつ(タレ)¥70
コリッとした食感が堪らな~い。

◆タン(タレ)¥80
弾力のあるタン、これも80円とは思えないCPです。


「ごちそうさま~♪」


会計は880円。
いや~、いい店でした。ここは誰かと一緒に来たいなぁ♪



楽しい♪古典酒場めぐり ふくべ@東京

京極会(京浜東北線を極める会)の忘年会スペシャル。
本日メインのお店にやって来ました。


ふくべ@八重洲
A_2



常連で賑わう人気店、1軒目で行った三州屋さんのすぐ近くにあります。
老舗の風格を感じるノスタルジックな店内、いたるところに“ふくべ(瓢箪)”が飾られています。
東京駅の周りにこんな渋い古典酒場があったとはっ!
いつもながら、みやけんさんのリサーチは素晴らしいですねぇ♪


一番奥のテーブル席に案内されると、女将さんが「取扱い銘酒一覧表」を持ってきてくれました。
そう、こちらは日本酒がメインのお店…


「ウチは41種類の日本酒が500~600円、久保田もありますよ」と女将さん。さっそく1人1本お銚子を頼みましょう。


カンパ~イ♪
Rimg0078



オイラは静岡県人なので開運(静岡)を注文。
郷土愛が強い京極会のメンバー、きっと皆さんも出身地のお酒を頼むのかと思いきや…
大阪出身のGakuchiさんは土佐鶴(高知)、東京出身のみやけんさんとウッチッチーさんは、それぞれ男山(北海道)と窓の梅(佐賀)…

(なんじゃそりゃ!)

それじゃぁと、2本目に選んだのは千福(広島)って、どういう事?



◆刺身3点盛¥950


◆生揚げ¥500


◆くさや¥600


◆ぬた¥550



唯一「刺身3点盛」だけが赤い文字で書かれていました、オススメ品なのかな?
実は、店にとって稼ぎ頭のメニューだったりして(笑)

Aa_2


どのツマミも日本酒の肴(アテ)にピッタリ♪
旨い肴に旨い酒、ましてや古典酒場と来たら言うことありません。


京極会、最後の締めくくりも素晴らしいお店でした。
また来年もよろしくお願いします。





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

名物とり豆腐で身も心もポッカポカ 三州屋@八重洲店

京極会の忘年会、今回は日本一高い駅「東京」にやって来ました。
なぜ日本一高い駅かは皆さんご存知ですよね^ ^


この日、ちょっとした用事があり1時間遅れで駅に着きました。
めったに降りない東京駅、駅の周りには結構酒場はあるんですね~。
あちこちに灯る赤提灯がいい感じ、寄り道はしないでダッシュで向かったのは…


三州屋@八重洲店
A


活気のある店内は雰囲気抜群、ネクタイ率98%(絞めてないのはオイラと友達2人だけ)です。
メニューを見ると魚介系中心で値段もそこそこ、さすが一流企業のエリートが集まる酒場って感じですねぇ。

京極会メンバーの皆さんの顔色&雰囲気を見ると明らかにホロ酔い…
こりゃ~サクサク飲んで追いつかないと、話しについていけないよ。
さっそく赤星を注文します。


カンパ~イ♪

ぷはぁ~、いくら寒くてもビールは旨いねぇ!
ツマミはほとんど残ってないので、三州屋さんの名物料理を頼みましょう。

B


◆とり豆腐¥440

醤油仕立てのスープの味つけは控え目、素材の美味しさを生かしています。
鶏肉はとっても柔らかく滋味深い味わい、味が染み込んだ豆腐はめちゃくちゃ旨い♪
冷え切った身体をホッと和ませてくれる逸品です。


三州屋さんの名物といえば…

①とり豆腐

②白木のテーブル

③オッカナイお姉さん


相変わらずヴアツくて綺麗に磨かれたテーブルは健在でしたが、お姉さんは全然怖くなかったです。
moguaaさんが考案した「オッカナイ度」で言うと…


八重洲店…オッカナイ度0
でした、はい。





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

行列激狭もつやき 米山@赤羽

兼ねてから念願だった店に、ようやく行けるチャンスが巡って来ました。


米山@赤羽
A



「難しいルールがあるので素人には厳しい」と聞いていたので、連れてってくれる人(プロ)を長いこと探していたんですよ。
そんなある日、酒場巡りの達人TAPAS桜台の店長(元坊さん)が連れてってくれる事になり、便乗した数名と共にワクワクしながら当日を迎えました。
しか~し、待ち合わせ時間になっても元坊さんが来ない!
と思ったら、急な仕事が入ったので来れないとの事…


ひぇ~(゜O゜;)マジスカ!
元坊さんからのお助けメールによると『米山にはルールがあります。生→焼き→惣菜と言う順番に出てきます。注文は紙に書くスタイルです』との事(う~ん、よく分からない…)


えぇ~い、こうなったら野となれ山となでしこだぁ!
てなわけで30分並んで入店、奥から順番に席に着きます。


「席狭っ!」
肩が触れ合うギューギュー詰めのカウンター、角にあった椅子に座ったオイラ。
使えるのは菱形のスペースしかありません…(どんな状況か分かりますか?)
後ろも狭いので、ややダーク。椅子に座ってダークになったのは初めてです(笑)
全員が席に着いた所で、ご主人は端の人から順番にドリンクを聞いていきます。
カウンターにホッピータンブラーを並べ、変わった容器に入れられたシャリキンを入れていきます(これが堪らない量だ!)
シャリキンなのでホッピー1本入ってしまう贅沢な飲み方。


カンパ~イ♪
プハ~ッ、やっぱりシャリキンは旨いねぇ!

続いてツマミの注文、紙とペンが渡されました。
壁に貼られたメニューを見ながら食べ物の注文を書いてカウンターに置きます。
ご主人は集めたメモ用紙を確認し、焼き場担当のお母さんに各部位の本数と焼き方を伝えます。

さぁ~、いよいよ料理が届きますよぉ~。
豚のホルモンは刺し、半焼き、焼きの順番に提供され、最後に惣菜といったコース料理。


◆レバ刺し
うほ~、見るからに新鮮。そしてデカい、これはレバー好きには堪らないなぁ!


◆タン刺し

豚の姉ちゃんとディープキスしている気分(うふっ♪)


◆半焼きカシラ

レアのカシラは初めて、これも旨いぜ!

C


◆半焼きタン

レアなタンに薬味の生姜をのっけてポン酢で食べる。これサイコー♪


◆半焼きハラミ

めっちゃ柔らか、これで110円というんだから良心的ですね~。


◆ねぎロース

プリッとした食感の後、たっぷりの肉汁が広がります。


◆ナンコツ

炙った香ばしさと食感が堪らない、酒の肴には最適な逸品。


◆ツクネ

スパイシーで肉の甘さが引き立ちます。
コリコリした軟骨の食感もいいアクセント、これを食べとかないと人生損するね。


◆アブラ

ジューシーさが極まりない逸品。


◆水ギョーザ

ふうぅ~っ。これもたまんないね。


◆マカロニサラダ

胡椒が効いて旨い、ホッピーがススム君です!


並びの女性が頼んだ梅サワーがあまりにも旨そうだったので注文、紫蘇が効いた梅干し入り。
シャリキンと合わさると、とっても綺麗です。


実はこの日、ちょっとしたアクシデントがあったのですが、そんな事をモノともしない米山さん。


約2時間で全てのコースが終了、表に出ると次に入る人達の長い列が…
流る理由が分かります。

D





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

奥様公認の店 萬両@沼袋

今日は最終兵器さんに、西武新宿線 沼袋駅界隈にある飲み屋を案内してもらえる日…
奇しくも前日の「孤独のグルメseason2」は沼袋が舞台だったので、テンション上がりまくりで沼袋に着きました。

一軒目に予定していたホルモンさんは長期休暇中の為、あえなく撃沈。
それならと言うワケで、孤独のグルメで「奥様公認の店」という看板が映った酒場に行く事になりました。
魅力的な沼袋の路地を進むと、赤提灯がいい感じに灯っています。


奥様公認の店 萬両@沼袋
A
 



ここ、ずっと前から気になっていたのですが、常連さんばかりで入りにくい雰囲気だったんですよね~(入れてラッキー♪)
店内はL字型のカウンターのみ、こじんまりとした昭和のお店です。
入ってビックリ、最終兵器さんはご主人と仲良しでした(さすがです)。

明るいご主人、常連さんと孤独のグルメの話も出来て少しずつ馴染んできました。

B


いきなりホッピーを注文してカンパ~イ♪
プハァ~、中の量が多くて嬉しいね。
カウンター上の短冊メニューは300円を中心とした昭和価格、刺身系が強そうです。


◆あじ刺¥300
キラキラ光って新鮮な鯵です、ワサビで食べるのも旨いね~。


◆マグロぶつ切¥400
うわ~綺麗な色、これで400円は嬉しい限りです。


◆いかたらこ和え¥300
酔いっちさんお気に入りの逸品、ぷりぷりの身と深い甘みは想像以上。


昭和35年創業、御歳70才のマラソンランナーのご主人。ステキです。
店名は萬両だけど、実際の支払いは千円。
なんとも良心的なお店じゃないか。



さて、カウンターで飲んでいた常連さん達…
きっと奥様から「萬両なら行っていいわよん♪」な~んて言われて来ているのでしょうね。
( ̄ー ̄)ニヤリ

C 





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

角野卓造じゃねぇよ! 幸楽@北千住

魅惑の北千住Night、西口の飲み屋横丁は心くすぐられる店のオンパレードですねぇ。
隣り合う立ち呑み天七、千住の永見が飲ん兵衛たちをお出迎え。
その目の前にもステキな大衆酒場がありました。


大衆居酒屋 幸楽@北千住
A_2




短冊メニューがびっしり並ぶ店内はまさに大衆酒場、落ち着いた雰囲気でとても心地良く感じられます。

幸楽ボールdeカンパ~イ♪
うん、スッキリとした味わいで旨いボール(焼酎ハイボール)だね。
さぁ、ツマミをどんどん頼みましょう。


◆〆さば¥450
白っぽく割りと深い〆具合、こういったシメサバもいいですねぇ。


◆厚焼玉子焼¥380
それほど厚焼きではありません。


◆まぐろ納豆¥450
まぐろが大好きな人が注文しました~。


◆ハムカツ
サクっと揚がった厚切りのハム。
薄いハムカツも厚いハムカツも好きですが、加工肉のうま味を堪能するなら厚切りに限りますね~。


◆厚揚げ
どこに行っても厚揚げはマストです。


◆どじょう丸煮¥650
グツグツ鍋にドジョウが何匹も入っているじょ~。
生まれて初めてドジョウを食べたけど旨かったじょ~。

B_3



P.S.店を出る時に厨房を確認しましたが、角野卓造らしき人はいませんでした(当たり前だ!)





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

老舗酒場でボールと千寿揚げ 千住の永見@北千住

千住宿は、江戸から日光へ向かう道中の最初の宿場間町として繁栄してきました。
その名残は現在も受け継がれていて、夜の北千住はきらびやかなネオンが加賀屋いています。
新旧の飲み屋が混在した飲み屋横丁、やはり老舗に目がいっちゃいます。
串かつ立ち呑みの天七、大衆酒場 幸楽もいい感じですが、今回訪れたのは…

千住の永見@北千住
A_2


北千住駅からすぐ、「千住の永見」と書かれた大きな看板が印象的です。
ずっと氷見(ひみ)だと思っていたのですが、永見(ながみ)さんだったのですね~。

広い店内にズラリと並ぶ短冊メニューは圧巻です。
一人なのでカウンターに座り、ボール(焼酎ハイボール)¥350を注文。
氷は入っていますがエキスの味は旨いです、天羽かなぁ。

◆手作りカレーコロッケ¥420
おにぎりのような形をしています、サックリ揚がって中はホクホクのカレー味。
なかなかボリューミーですが1個210円かと思うとビミョーだなぁ。


B_2 


◆千寿あげ(にんにく入り)¥520

千住をもじった名物料理。
普通の千寿あげ(¥470)もありましたが、これから人と会うのでニンニク入りを注文(笑)
旨みがギュッと詰まって風味がいい!
所謂さつま揚げですが、弾力があって玉ネギの甘さが際立ちます、熱々でボールがススム君です。
名物料理が食べられて良かった♪


厨房には年期の入った板さんが数名、熟練の味を楽しみにやってくる常連客で賑わう人気店でした。





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

お母さんは今日も元気でした 庚申酒場@庚申塚

駒込で“のみちけ”を堪能した3名のイベント大好きオヤヂ達…
縦一列になり、行進しながら庚申酒場に向かいます。

「イッチニ!イッチニ!全体~止まれ!イッチニ!」


庚申酒場@庚申塚
A_4
 




あらかじめ電話しておいたので3名分は確保してくれていたのですが、ファンが呼べ呼べとうるさいので急きょアニキをお呼び立て…
常連さんに詰めて頂き4名で飲む事になりました。

いや~久しぶりだなぁ♪
久しぶりなのに何故か久しぶりという感じがする空気の漂う店内。
お母さんもお元気でなによりです。
きたなトランのダーイシ人形とペレのサインが増えていました。


カンパ~イ♪
ぷはぁ~本日初のホッピーです。
ホッピーのタンブラーで飲むと旨さが3割増しになりますねぇ。

B_4


◆ヤキトン
ヤキトンはどこで食べても旨いけど、お母さんが焼くと旨さが3割増しになります♪
このカシラ、柔らかくて旨いなぁ…


残念ながら今回もカレーはなかったけど、カレーは次回のお楽しみ♪
お母さん、また来ま~す。





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

超ディープ!大阪西成のホルモン焼き 大万@西成

「ここから先は絶対に写真を撮らないで下さい!」


大阪のブロガーさんから「西成の歩き方」を伝授されました。
そうか!ここは日本一危険な地域か…


(ワクワク、ドキドキ…)


大衆酒場を追求すればするほど、その魅力にとりつかれ、
よりディープな店に行きたくなってきます。
その極めつけが“あいりん地区”こと釜ヶ崎エリア



A_6


新世界で串カツを堪能した一行、ジャンジャン横丁を抜け飛田新地方面に向かいます。
怪しげなガードを潜り、西成区へ続く大通りを渡った所…
看板のない怪しげな店がありました。


「俺達は別の店に行ってるから」

(えっ、一緒に行ってくれないの?)


大万@西成区
B_5
 


大阪のブロガーさんすら入らない超ディープな店?!
歩道と店の境は暖簾のみというオープンエアーな店、もちろんエアコンなどありません。
2枚?の暖簾を潜ると、やさぐれ感漂う客が二人で飲んでます(大丈夫かな…)
カウンター席に座ると目の前にはにこやかなお婆ちゃん。

その手前のバットに並ぶ怪しげな色合いの串焼きの横には「牛ホルモン焼40円」と書かれています。



えぇ~っ(゜O゜;)!
よ…ヨンジュウエン~?!
恐るべし西成価格!
いい感じの昭和なメニューから、ビールを注文。
さぁ、いよいよ西成飲みの始まりです。


カンパ~イ♪
この先、どんな展開になるのやら(なるたけ大阪湾には沈みたくないなぁ…)


◆牛ホルモン焼き¥40
使い込まれた大きな竹串に申し訳け程度にホルモンが刺さっています。
なぜ大阪のブロガーさんが参加しなかったのか、この時なんとなく分かりました…

いただきま~す♪
ホルモンは一抜きで口の中へ、柔らかく甘めのタレです。
下のキャベツは串でいただきましょう。

C_5


怖い店かと思いきや、お婆ちゃんはとっても朗らかで優しく話してくれるので、店内の雰囲気はとても穏やかです。
大万さんは昭和20年12月にオープン、そしてお婆ちゃんは昭和4年生まれという事が分かりました。


「ごちそうさま~!」

会計は550円。
そう、これは3人の価格なので一人183円、だいまんぞくで表へ…


またもや暖簾を2枚潜ったと思ったら…
1枚は油の着いた指を拭く為のタオルでした(笑)





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

ここのニラ玉は珍しい!魚三酒場@門前仲町

Rimg0174

門仲飲んだくれツアーの最終章は魚三酒場に滑り込みました。
1階も2階も大盛況ですが、3階の座敷は空きがありました。


「閉店まで30分ですが…」

大丈夫です、30分1本勝負は慣れっこですから!
さっそく二階堂900mlのボトルを入れ、ウーロン割りで…


カンパ~イ♪

Rimg0145

さぁ~、もたもたしていられない、どんどん注文しましょう。


◆あら煮¥50
これが50円て信じられません!時間があったら全員分頼みたいね。

◆ぶりつゆ¥100
これが100円て信じられません!時間があったら全員分頼みたいね。

◆きも焼き

◆まぐろ刺し
ヴアツい切り身です

◆ひらめあら煮150

◆にら玉¥200
綺麗なニラ玉だけど、CPを考えると…

◆〆さば¥380

◆あじ酢¥280
アジスアベバはどこの首都でしたっけ~?
なんて話をしていたら、素朴な疑問が…


海鮮酒場のメニューで「〆サバ」と「アジ酢」はよく見かけますが、「〆アジ」とか「サバ酢」を見た事がないのは何故?

B_2





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

本物の昭和ここにあり 喜楽@堀切

小島屋さんの元祖ハイボールでご満悦の3名、店の外観写真を撮っていたら森のたぬきさんが登場。
人数も4人に増え、堀切飲んだくれツアーも盛り上がりを増してきました。
旗を持ったぴじきさんの後にぞろぞろ続き、次の店を目指します…
堀切菖蒲園駅から道路を渡たり路地を進むと、見るからに昭和な佇まいの酒場がありました。

「こちらです…」


喜楽@堀切
A_5


強炭酸で有名な野中食品のケースが積み重なり暖簾にはキンミヤの文字、これは期待が高まりますねぇ♪
広めの店内はカウンターとテーブル席、さらに小上がりまであって魅力的。


テーブル席に着き、まずはドリンクオーダーから…
「堀切でボールを頼まないと逮捕される」と誰かに聞いた事があるので(うそ)、さっそくボール(焼酎ハイボール¥270)を注文します。




ご主人が両手を使って炭酸をドバドバ注ぎます、続いて一升瓶に入ったハイボールの素(アルコール入り)を優しく注ぎ足して出来上がり。




ボールを提供しているお店は何軒も行きましたが、店によって作り方が違うので見ていて楽しいです。

黄色みがかったボールで…


B_5




カンパ~イ♪
一瞬にして口の中が弾けます。
強炭酸なので喉越し爽やか、氷が入ってないのでゴクゴク飲めちゃいます。

壁に貼られた短冊メニューから本日のアテを物色、種類も豊富で迷うほど。


◆かつを刺¥400
生姜で頂きます、肉厚で弾力があり噛むほどに甘みが広がります。


◆まぐろ刺身¥500
ヴアツく豪快な切り身!
ちょいとスージークワトロですが気になりません。


◆なまあげ焼¥300
なまはげじゃないよ(-_-#)
表面がカリっとしてマジ旨~い♪


◆チーズ¥350
チーズを注文したら、ナビスコのクラッカーが付いてきました。
使い込まれた昭和のテーブルにカマンベールチーズとクラッカーが似合います(笑)



C_3




ボールをお代わりして会計は一人1000円。
外に出ると夜風が気持ちいいね~♪





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

夏場は酢納豆&元祖ハイボール 小島屋@堀切

古典酒場の巨匠及び堀切の主でもあるぴじきさんに案内して頂く「堀切飲んだくれツアー」の2軒目は、元祖ハイボール(下町の味)のお店に連れてきてもらいました。



小島屋@堀切
A_3


広い厨房をぐるりと囲むカウンター。
直線ではなく、ところどころ凸凹があっていい雰囲気ですね~♪
やっぱりココに来たらボール(元祖ハイボール)はマストです。



カンパ~イ♪
プッハァ~、パワフルな泡が心地好い。
夏場は特に強炭酸が旨く感じます、ここも天羽のハイボールAが入っているのかな?

C


◆牛もつ煮込み¥350
うん、旨~い♪
コクのある味付けで好みの味。モツは柔らかく煮込まれていて、歯応えもしっかりあります。


◆しめさば¥300
ギラギラ光る〆鯖は脂がのってド旨いです♪
この色からして、〆具合は5段階でいくつぐらいなんでしょうかねぇ?


◆無農薬の新じゃが塩ゆで¥250
カウンターのど真ん中に置いてありメッチャ旨そうだったので注文、ホクホクの新じゃがは甘くて旨いね。


◆するめいか刺身¥300
旬のスルメイカは弾力があって新鮮そのもの、コリコリした食感もいいね。


◆酢納豆¥250
彩り鮮やかですね~。小島屋さんの名物料理、混ぜ混ぜしていただきましょう。
おっ、これは旨いぞ!
いや~、酢と納豆ってバッチリ合うんですね♪
冷し中華みたいなサッパリ風味、オススメです。



B_3



ハキハキとしたお姉さん(娘さんですかね)の接客も気持ちいい、ボールの喉越しも気持ちいい。
ザ・下町の大衆酒場といった雰囲気でサイコー。
いや~、この店はいいわぁ♪





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

サインは部位 岸田屋@月島

「東京三大煮込み」というのをご存知でしょうか?

・山利喜@森下

・岸田屋@月島

・大はし@北千住


言わずと知れた煮込みの名店…
以前、にこけん(日本煮込み研究会)の活動を精力的にしていた頃、この3軒に行けてない自分が情けなくなり…

1人で一気に3軒ハシゴしちゃいました~(笑)
詳しくは、その日のブログをご覧下さい↓


その後…

・宇ち多”@立石

・大坂屋@門前仲町


こちらの2軒に行き、晴れて「東京五大煮込み」と言われている煮込みを制覇しました。
とは言いつつも…


実はモツ系が苦手なんですよね~(^_^;A(なんじゃそりゃ!)
そんな岸田屋さんに月島角打ちツアーの0次会で再訪。

A


混み合う店内、客を見つめる「岸田屋」という木製の看板、天井の魚拓の煤け具合が堪りません。
最高の雰囲気に自分の身を置ける幸せ、ワクワクします♪
さっそく美人のお姉さんが注文を取りに来てくれましたよ…


B_2


カンパ~イ♪
くぅぅぅ~、よく冷えたキリンビールは沁みるねぇ!

◆牛にこみ¥480
おぉ~、これが「美味しんぼ」に登場した煮込みですよ~。
サインは部位!
トロットロに煮込まれた牛モツ(シロ、ナンコツ、フワetc…)いろんな部位が入っています。口直しに刻みネギを付けてもらいました。

C_2

◆〆サバ¥600
切り身の中心が赤い浅〆の〆サバは鮮度抜群、脂がのってメチャ旨です♪


◆肉どうふ¥650

ボリュームたっぷり、すき焼き風の甘辛いタレが牛肉と豆腐に染み込んでいます。
特筆すべきは練りカラシ、強烈な辛さでツーン!


あ~、どの料理も美味しかった♪
さすがの名店、いつまでも行列が絶えません。
ごちそうさま。





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

平凡なオイラは明星派 明星(あけぼし)@板橋

「板橋飲んだくれツアー」の3軒目、アニキの先導が続きます。
板橋駅から怪しげな細い路地を抜け踏切を渡ると…

おぉ~絵に描いたように素晴らしい外観、これは期待できますよ♪


明星@板橋
A


「大衆〇〇酒場」
↑こういった暖簾(〇に店名が入る)が一番好きです。


店内は昭和の時代から何も変わってないような素晴らしい空間、タイムスリップという言葉がピッタリなカウンターに座ると、3本のハエ取り紙が天井からぶら下がっているのが見えます。


ホッピーを注文して昭和にどっぷりと浸かります。

カンパ~イ♪
Rimg0127


写真を快く許諾してくれた女将さんは、かなりぶっちゃけた人柄で楽しさ満載♪
酒場放浪記の話で盛り上がっていると、明星さんは「おんな酒場放浪記」からも依頼が来ているそうで…


「テレビ局の人からから箸をもらったから、どうぞ」という流れになり…


なんと!
酒場放浪記のオリジナル箸を戴いちゃいました~ヽ(^O^)ノ

C


やった~、家宝にしよう♪

◆にら玉¥300

◆きりぼし(ぴじき入り)¥300


料理はお袋の味、優しい味つけにお父さんはイチコロです。
女将さんを通じて仲良くなった常連さんとも和気あいあい、とってもアットホームでいいお店です。

B


だいぶ盛り上がり、宴もタケノコになった頃…
アニキがウーロンハイを注文すると、ウーロン茶が品切れだった事に気がつく女将さん。
その後、どうなったと思いますか?


A.ウーロン茶は品切れと言われた

B.常連さんにウーロン茶を買いに走らせた





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

シェーッ!煮込みが旨いダス♪ 赤津加@秋葉原

魅力的な酒場が点在する京浜東北線沿線…
そんな京浜東北線の大衆酒場を追求しょうと2年前に発足したこの会。


今まで行った駅は…
南から大森、大井町、新橋、有楽町、神田、御徒町、上野、鶯谷、日暮里、西日暮里、田端、王子、東十条、赤羽…

参加できなかった駅もあるけど、結構渋いトコ攻めてるでしょ?^^

主力メンバーは3名と小規模なのですが、実は少人数の方が酒場巡りには都合いいんですよね。

今回訪れたのはAKB48でお馴染みの秋葉原…
メイド姿の姉ちゃんの誘惑を次々とすり抜け、ビル街を進むと…


赤津加@秋葉原
A_5
 



シェー!
突如現れた赴きのある建物、黒塀に囲まれた純和風な佇まいのお店ダス。
こちらは昭和29(1954)年創業、店内も老舗の風格が漂っていますねぇ。
渋いテーブルは一枚板を使用、客層は白髪率65%と歴史のある方がほとんどダス。

キリン一番搾りでカンパ~イ♪

B_5


◆鶏もつ煮込み¥800
グツグツ土鍋で登場したのは赤津加さんの看板メニュー!
鶏皮、豆腐、こんにゃく、鶏もつが入った煮込みは繊細でコクのある白味噌仕立て。
スープをひと口啜るだけで丁寧に作ってる感じが伝わってきます。

こちらのメインの日本酒は菊正宗、本醸造の大徳利をぬる燗で注文…
雨がシトシト降っていたので丁度いい加減です。

C_3


◆天ぷら盛合せ¥1100

熱々な天汁に大根おろしを投入、揚げたての海老天を頂きます。
うめぇぇ~♪
サクサクの衣にプリプリの海老ちゃん、すごく美味しいです。


◆焼き鳥(塩)¥520
滋味溢れる鶏肉はサッパリとした塩味が一番ですね。
プリッとして弾力のある鶏肉は、もれなくジューシー♪


さすがアキバの老舗…
雰囲気、料理内容ともに素晴らしいお店でした。





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

池袋のローカルチェーン酒場 豊田屋2号店

三兵酒店のナカの量に溺れかけた所で次の店へ…


豊田屋2号店

池袋に3店舗を展開する老舗の大衆酒場。
池袋には日産屋や本田屋、松田屋が無いので豊田屋の独占地帯です(スナック昴はありそうですが…)

A 

B

ホッピーdeカンパ~イ♪


さっきホッピーで溺れそうになったのに、またもやホッピーを飲んでますよ(懲りないね~!)
豊田屋さんはホッピーのジョッキを使っているので好印象♪
たいがいの店はビールメーカーからタダでもらったジョッキを使っていますもんね…


◆さば串焼き(2本)¥315
前回、豊田屋3号店で食べた鯖串の味が忘れられなくて、また頼んじゃいました。
魚の串焼きって珍しいですよね、このサバ脂がのってかなり旨いです♪


◆ハムカツ¥388

さぁ~て揚げ物が届いたからには、忘れる前に何を頼んだのか書いておかないとね~。
ちょうど4枚なので1枚1文字書けますよ…


「ハ」「ム」「カ」「ツ」


やった~、書けた~ヽ(^O^)ノ

C


って…
50過ぎてんのに何を考えているのやら?



ビールケースにお父さんの友「サッポロ赤星大瓶」を発見!
これは頼むっきゃないでしょ~♪

ビールのすくい上げ写真を撮りながら、ふと846さんを見ると…

(-.-)zzzzzZZ…


見事に撃沈してます(笑)



そもそも、今日の目的は次の店…
こんなところで撃沈されていたら堪りません。


「846さ~ん!次に行きますよ~!」





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

谷根千の路地にある名店 車屋@根津

根津のすみれさんを出た二人、情緒たっぷりな下町の路地を進みます。
いやぁ、谷根千の路地裏っていい感じですねぇ♪
日本酒を飲んでほてった頬に夜風が気持ちいい…


車屋@根津
A_14


アド街や酒場放浪記に登場した根津の名店です。
老舗の風格漂う広い店内、奥にあるテーブル席に案内されました。


カンパ~イ♪

B_15


酎ハイが喉を通過すると二人ともエンジン全開!

◆車屋名物大玉子焼¥650
うお~、巨大な出汁巻き玉子ですよ~!
いったい玉子を何個使っているのでしょう?
ふんわりとした口当たり、出汁がじゅる~っと優しい味わいです。

これは旨いや♪

◆栃尾焼¥550
かつおぶしが凄いね!
ボリュームがたっぶり、さすが栃尾焼きって感じです。
ん?栃尾焼きって、栃尾揚げを焼いたやつかな?
厚揚げのつもりで食べていましたよ(笑)

C_5


酎ハイをお代わりして、いろんな話しに花が咲いたところでお会計。

店内には地元の常連さんと思われるお客さんばかり…
さすが根津、地域に根付いた商売をされていますねぇ。





ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .