つい先日、食べログを巡回していたら…
素晴らしいビジュアルのカレーを発見。


(こりゃ~行くっきゃないでしょ!)
てなわけでソッコー幡ヶ谷にGO!


幡ヶ谷駅から西原商店街に入りずんずん進むと
「カレーandサラダ」と書かれた看板が…


■カレーの店 スパイス
ガラス張りでカフェのような佇まい。
世にも恐ろしいドカ盛りカレーを提供するお店には到底見えません。

spicehata


店内は明るい食堂といった感じ…
これから10分後に起こる恐怖との戦いを知らずに席に着きます。


メニューを拝見すると…

・ポークカレー(甘口)¥600
・ビーフカレー(中辛)¥600
・チキンカレー(辛口)¥600
・ミックスカレー(2種類)¥680


spicehata2


注文はもちろんビジュアルに感動した例のヤツ!

「ビーフ&チキンカレーの大盛りをお願いします」


あれれ、おかしいな?


(この店に行った)先輩方々のレビューによると…
大盛りを頼むと「大丈夫ですか?」的な事を聞かれるみたいだけど。
すんなり注文が通ったぞ。

ひょっとしたらご主人は…
長年の経験から顔や体型を見ただけで、食べきれるかどうか判断がつくのかも。


よっしゃ~!
オイラは選ばれし勇者だ。
ご主人、しかと見届けてくれたまえ。


◆ビーフ&チキンカレー(大盛り)¥830
IMG_2653


ドッヒャー、実物は凄いね!
写真で見るよりはるかに量が多いよ(奥の食卓塩と比較してみて下さい)
中央にそびえ立つチョモランマ…
右が中国で左がネパールだろうか?

(半端ない量だけどこれならイケるぜ!)と、最初は思った。


「いただきま~す♪」

まずは色の濃いビーフの方から…
おっ、これはコクがあってうまいぞ。
ルーはピリ辛で家庭的な味わい。
ゴロゴロ入ったビーフはほぐれる柔らかさ。
チョモランマを崩しながら食べると至極の味わいだぁ。

続いて黄色いチキンカレー。
一口食べてビックリ、めちゃくちゃスパイシー!
食べ進むうちに頭皮から噴き出す汗。
さえぎる森林が無いので洪水となって顔面に襲いかかります。
ヒーヒー言いながら水をお代りすると…


「水を飲むと辛さが広がり よけいに辛くなりますよ」とご主人。

そう言われたら今後 水のお代りが出来ないじゃん!
限られた水資源を大切にスプーンでルーを飲んでもチョモランマが減らない!


spicehata4


食べても食べても…


食べても食べても…


一向に終わりが見えないチョモランマ。

噴き出す汗が目に入ってしみる!
流れ落ちる涙と鼻水をティッシュで必死に止めながら、惰性でスプーンを動かす。


(ひょっとしたら食べきれないかもしれない…)

そう思った時点で負けだね。
満腹中枢から指令を受け 止まるスプーン。
ぼーっと見つめるチョモランマ…


はぁ~、かなり苦しい。
こんなに苦しい思いをしたのは人生で2回目だよ。
※1回目はこれで地獄を体験


ふと厨房を見ると。
柱のかげから悲しそうな目でコチラを見つめるご主人。

そうだ!
考えてみたらオイラはご主人に選ばれし勇者だった。

ご主人見ててくれ!
必ずチョモランマを倒すぞ。


再び勇者の剣(スプーン)を手に取りラストスパート。
限られた水資源を大切に利用しながら、次の満腹中枢が襲う前に一気に完食!


ブヒブヒ~喰ったくった!

(やりましたよご主人!)



ぽぱい「ご馳走さま、美味しかったです」

支払いをしながら「このカレー何キロぐらいあるのですか?」と聞くと…


「さあ?計った事がないので分かりません」とご主人。


ベールに包まれたチョモランマカレー、いったいどれくらいの重量があるのだろうか?


最後に水を勧められたけど笑顔で断る勇者。


ご主人。
もうオイラのお腹には、水が入るスパイスも無いよ…


          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





スポンサーサイト
日本橋兜町 もつ千/歌舞伎町VS兜町

東京証券取引所がある兜町(かぶとちょう)
ここはエリート証券マンやキャリアウーマンが集う街。
飲んだくれのエロ親父やヤサグレ系女子が集う歌舞伎町と、名前の響きは似てるけど正反対の街。


歌舞伎町と兜町…
あなたはどっちの街が好きですか?

ニューカヤバでほろ酔いになった所で次なる店を目指します。


■日本橋兜町 もつ千
東京証券取引所のすぐ近くにあるもつ焼店。
モツ好きには堪らない店名、入る前からワクワクするねぇ。

motsusenkabuto


清潔感のある広い店内。
4人掛けの席に2人でゆったり座りメニューを拝見…


最近流行りの魅力的なフードが199~499円とお手頃価格でラインナップ。
カラー写真で分かりやすいね。
ドリンクは中ジョッキの他に大ジョッキも用意されているので、ガッツリ飲みたい人にオススメです。

ガッツリ飲みたい我々はホッピーの大ジョッキを注文して…


motsusenkabuto2


カンパ~イ♪

プハァ~、やっぱりホッピーは旨いねぇ。
大ジョッキなので飲み応えもバッチリ。
お店のイチ押しメニューを中心に頂きましょう。


◆塩だれキャベツ¥280(お通し)
シャクシャクした心地よい歯ごたえ。
お代り自由なのが嬉しい。


◆もつ煮込み(辛)¥399
たち昇る湯気と共に熱々で提供。
一年間で一番気温の低いこの季節、温かい煮込みがありがてぇ。
身も心もあったまるね♪


◆カシラ(タレ)¥150
弾力のある肉は大振りでジューシー。
噛む度に豚の旨みが広がる、ここのタレは甘くなくてちょうどいい。


◆タン(塩)¥150
シャキッとした歯応え、新鮮さが伝わってきます。


◆ネギマ¥150
1串150円と高めの設定なれど、肉は大きくしっかりしたポーション。


◆やわらかローストビーフ¥399
赤く肉々しいビーフは柔らかくタレが絡んでうまい。
山葵を乗っけて食べると旨さが一段と際立ちます。


◆里芋の唐揚げ¥399
長年生きているけど揚げた里芋は初めて。
サクッと香ばしい素揚げ、軽い塩味でほっこりした里芋の味が映えます。


motsusenkabuto3


◆半熟にら玉¥399
ニラ玉研究家なので必ず注文。
コチラはオムレツタイプで食べるラー油がトッピング。
半熟なのでとろとろ柔らか。


◆ソース焼きそば¥499
食べ物の中でベスト3に入るぐらい好きな焼きそば。
目玉焼きがトッピングされてビジュアルもいいですね。


◆パクチーチャーハン¥499
届いた瞬間パクチーの香りがプンプン。
普通のチャーハンかと思ったら、ナンプラーを使ったエスニックチャーハンでした。
タイ料理が好きな人にはピッタリなチャーハンです。


motsusenkabuto5


気づくと広めの店内はお客さんでいっぱい。
みんな証券マンなのだろうか?
スタッフの心地良い接客もコチラのお店の人気の一つなのでしょうね 。


ブヒ~飲んだ喰った!
ホッピーを大ジョッキでガブガブ飲んだので かなり酔っ払っちゃったなぁ。


それにしてもローストビーフ(399円)の味と量にはビックリ。
原価率は相当高いだろうね、儲けはあるのだろうか?
やるなあ もつ千、庶民の味方だよ♪


さてと…
酔った勢いで歌舞伎町の○っパブでも行こうかな?


          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





日向邸 水道橋駅前店/日向地鶏が旨いぞ!駅前個室酒場

久しぶりにブログ仲間から連絡があり5人で会うことに…
10年前はしょっちゅう会っていたんだけど、最近は年に1~2回…
5年ぶりに会うメンバーもいるのでワクワクするねぇ。


中野駅から総武線に揺られること20分、水道橋駅に着きました。
西口改札を出てビックリ!
指定された店が入るビルは目の前に。
ここなら自動改札を「ピッ」と抜けてダッシュで3秒、かなりのエキチカです。


■日向邸 水道橋店
hyuugateisui


落ち着いた照明が灯る和モダンでスタイリッシュな店内。
完全個室なので、周りを気にする事なくいろんな話ができます。
色んな話しが出来ると言ってもねぇ…
我々ブログ仲間は政治経済や国際情勢の話しかしないので、参加しても面白くないですよ。
全員が揃ったところで…


カンパ~イ♪
プハァ~、仕事上がりの生ビールは旨いねぇ。
特にキリッと冷えたエクストラコールドはサイコーだよ。

料理は幹事さんにお任せ。
店のおすすめ料理を中心に注文しましょう。


hyuugateisui2


◆お通し¥400
冷製茶碗蒸し


◆鶏ささみのウニ和え¥690
コチラは新メニューなんですって。
いち早く食べることが出来てラッキー。
しっとりとしたササミにウニのコクが合わさる絶妙なコラボ。
日本酒の肴には最適な逸品ですねぇ。


◆蒸し鶏とごまと豆腐のヘルシーサラダ¥890
こんもり盛られた野菜の下は豆腐がドーン。
さっぱりとした蒸し鶏と豆腐を特製ゴマだれでいただくヘルシーなサラダ。
しっかり野菜も摂りましょう。


◆本日の鮮魚 盛り合わせ
IMG_2693

うお~、ゴージャスな刺盛りですねぇ。
鮮やかな色から新鮮さが伝わってきます。
本日の魚は中トロ・平目・いさき・赤貝・ニシンのリンゴ酢〆・タラの昆布〆…etc
どの刺身もヴアツい切り身。
弾力に富んだ平目の上品な甘さが実に旨かった~♪


◆鶏ムネとモモのタタキ¥790
さっと炙った絶妙な火加減は職人技。
舌触りも滑らかで膨らみのある味わい。


◆熟成鶏の炭火焼(大) ¥1190
(せせり・鶏モモ ・ぼんじり)
炭火で炙った香ばしさとブランド地鶏のコクが絶妙に絡み合う逸品。
特にモモ肉の弾力とジューシーなボンジリの味が秀逸。


◆淡路島産 揚げ玉ねぎの出汁かけ¥790
初めて口にした味わい。
玉ねぎの自然な甘さが口いっぱいに広がります。


◆日向鶏と旬野菜の水炊き鍋¥990円×3人前
(鶏ムネ・モモ・手羽・ささみ…etc)
ブツ切りにした地鶏が入った鍋。
立ち昇る湯気から出汁の深い香りが漂います。
ひと口ほお張ると日向鶏のほど良い弾力、コクと甘みが染み渡る。


hyuugateisui3


ゆったりとした個室は落ち着くねぇ。
最初は近況を伝えあったりしていたんだけど…
酔いが回るにつれ、話しは次第に過激な方向に。

あんな話やこんな話。
うぶな女性が聞いたら「やめてー!」と、耳を塞ぎたくなるような内容(笑)

いろんな話に花が咲き、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。


あ~面白かった♪
気の合う仲間と過ごす時間はいいですね~。
おかげで飲み過ぎてしまい途中からの記憶がありません…

楽しく過ごせた一因は担当の男性スタッフ。
さりげない気遣いが感じられ、とても気持ちよく過ごす事が出来ました。


次回は違う季節に同じメンバーでお邪魔して、旬の料理を食べたいです。


          



ブログランキングに参加しております。
クスッっと笑えた人は、どれか1つをクリックして頂けるとありがたいです♪

        食べログ グルメブログランキング





Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .